2018年3月

2018.3.1 05:00
高円宮妃久子さま、「日本心臓財団」名誉総裁にご就任
宮内庁は高円宮妃久子さまが3月1日付で公益財団法人「日本心臓財団」の名誉総裁に就任されたと発表した。
同財団は循環器病の研究助成や心停止での突然死を防ぐ自動体外式除細動器(AED)の普及などに取り組んでいる。
AEDの普及は、高円宮さまが平成14年に心室細動で薨去(こうきょ)したことが契機となった。
久子さまは昨年4月1日付で一般財団法人「日本AED財団」の名誉総裁にも就任されている。
http:// www.sankei.com/life/news/180301/lif1803010002-n1.html

2018.3.6 19:21
久子さまがインフルエンザ
宮内庁は6日、高円宮妃久子さまが5日から発熱のご症状があり、6日にインフルエンザA型と診断されたと発表した。
宮邸で療養し、9~11日に予定されている公務はお取りやめも含めて検討するという。
http:// www.sankei.com/life/news/180306/lif1803060042-n1.html

皇太子さま、真言密教の特別展をご鑑賞
皇太子さまは、都内で開催中の真言密教の寺院の菩薩像などを集めた特別展を鑑賞されました。
皇太子さまは8日夕方、東京国立博物館・平成館を訪れ、「仁和寺と御室派のみほとけ」という
真言密教の寺の本尊や秘仏などを集めた特別展を鑑賞されました。
特別展には、70体の仏像のほか、京都市の仁和寺が所蔵する天皇の書や弘法大師・空海の書なども展示されています。
皇太子さまは、現存する最古の千手観音菩薩坐像について、千手観音の後ろにある小さな手が1001本という説明を受け、
「1001本とはおもしろいですね」などと感想を述べながら熱心に鑑賞されました。
http:// news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3311191.html

第89回宮様スキー大会国際競技会の開会式を行いました
(平成30年3月8日木曜日)
寬仁親王妃信子殿下、彬子女王殿下の御来臨を賜わり、第89回宮様スキー大会国際競技会開会式を行いました。
宮様スキー大会は、日本のウインタースポーツの礎を築いた伝統ある大会で、
これまでも世界で活躍する選手を数多く輩出するとともに、スキーの素晴らしさやスポーツの感動を多くの人々に伝えてきました。
参加される選手の皆さまが実力を存分に発揮し、世界の舞台での御活躍につながることを心より期待しております。
また、スポーツは多くの人々に夢や希望を与えるとともに、
地域や文化、障がいの有無を超えた共生社会の実現の一翼を担うものと考えます。
札幌の街で再びオリンピック・パラリンピックの聖火を灯せるよう、引き続き、招致に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。
(札幌市長 秋元 克広)
https:// www.city.sapporo.jp/city/mayor/motion/2018/0308_03.html

2018.3.9 13:13
昭和天皇が採集した深海生物が新種と判明 ヒトデの仲間、東大などが分析 国内での新種発見は106年ぶり
昭和天皇が採集した深海にすむ生物が新種だったことが、東京大と国立科学博物館の共同研究で分かった。
テヅルモヅル類というヒトデの仲間で、新種の発見は44年ぶり。専門誌に9日、論文が掲載された。
新種と分かったのは、昭和天皇が昭和5~10年と25~33年に相模湾で採集した7個体を含む国内の11個体。
同博物館に保管されていた標本を分析した結果、いずれも体表に微小なトゲを持つなどの特徴から同一の新種と判明した。
テヅルモヅル類は腕が分岐しており、腕を広げると網を海中に投げているように見えるのが特徴という。
国内での新種発見は106年ぶりで「トゲツルボソテヅルモヅル」と命名された。
昭和天皇は深海などに生息するヒドロ虫類というクラゲの仲間の研究が専門で、調査船などで生物を採集していたという。
チームの岡西政典・東大特任助教は「多くの研究者は目的のものだけ取ってほかは捨ててしまうが、
昭和天皇は非常に多くの生き物を採集し、ご自身で選別して保存されていた。研究に対する情熱がうかがえる」と話している。
http:// www.sankei.com/life/news/180309/lif1803090036-n1.html

東京大空襲73年法要、秋篠宮ご夫妻が参列
2018年03月10日
約10万人が命を落としたとされる東京大空襲から73年となった10日、犠牲者を悼む法要が東京都慰霊堂(墨田区)で営まれた。
秋篠宮ご夫妻が参列され、遺族ら約600人が冥福を祈った。
両親と姉を空襲で亡くしたという墨田区の91歳女性は
「毎年3月10日になると、焼夷しょうい弾の真っ赤な炎を思い出して怖くなる。安らかに眠ってほしい」と
手を合わせていた。一緒に訪れた孫の34歳女性は、「私は戦争を知らないけれど、祖母から当時の話を聞き、語り継いでいきたい」と話していた。
http:// www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20180310-OYT1T50084.html

東京大空襲73年 秋篠宮ご夫妻が法要にご出席
03/10 18:39
東京大空襲から73年を迎えた10日、
秋篠宮ご夫妻が、大空襲で亡くなった人たちなどを慰霊する法要に出席された。
東京大空襲では、一晩でおよそ10万人が犠牲になったとされ、法要では、秋篠宮ご夫妻が位牌(いはい)の前に進んで焼香し、紀子さまも続いて焼香された。
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00386875.html

両陛下、東日本大震災の復興支援コンサート鑑賞
2018年03月10日 20時05分
天皇、皇后両陛下は10日、東京都新宿区の東京オペラシティで、東日本大震災の復興支援チャリティーコンサートを鑑賞された。
コンサートでは声楽家の独唱のほか、福島県立磐城高の生徒らが復興支援ソング「花は咲く」を合唱。
最後に出演者全員が唱歌「故郷ふるさと」を合唱すると、両陛下も客席で一緒に歌われていた。
終了後、両陛下は磐城高の生徒らと懇談し、「おうちは大丈夫でしたか」「復興はどうですか」と声をかけられたという。
http:// www.yomiuri.co.jp/national/20180310-OYT1T50083.html


2018.3.11 15:47
【東日本大震災7年】政府主催追悼式、秋篠宮さまお言葉全文
2011年3月11日、東北地方を中心に東日本を襲った未曽有(みぞう)の地震とそれに伴う津波により、
2万人を超える死者及び行方不明者が生じました。
震災発生後、刻々と伝えられる現地の状況と押し寄せてくる津波の映像は、7年を経た今でも決して脳裏から離れるものではありません。
ここに一同と共に、震災によって亡くなった人々とその遺族に対し、深く哀悼の意を表します。
大震災からの7年間、被災地において、人々は幾多の困難を乗り越え、手を携えて、
復興に向けての努力を弛(たゆ)みなく続けてきました。こうした努力を支援するため、国や全国の自治体、
そして国内外の多くの人々が、様々な形で力を尽くしてきました。
その結果、住宅の再建や高台移転、産業の回復、生活環境の整備、防災施設の整備など多くの進展が見られました。
また、原発事故により避難を余儀なくされた地域においても、帰還して生活を再開できる地域が少しずつ広がってきております。
多くの悲しみや困難の中にあった子どもたちも、未来に向けてたくましく成長しています。
しかし、その一方では、今なお多くの被災者が、被災地で、また、避難先で、依然として不自由な生活を続けている厳しい現実があります。
とりわけ、帰宅可能な地域が広がる中、いまだに自らの家に帰還する見通しが立っていない人々も多いこと、
基準に照らして放射線量の問題がない場合であっても、農林水産業などに影響が残っていることを思うと、
心が痛みます。さらに、避難生活が長期化する中で、高齢者を始めとする被災者の心身の健康のことは、深く心に掛かります。
困難な状況にいる人々、一人ひとりが取り残されることなく、健やかで平穏な生活を送ることができるよう、
また復興の歩みが着実に進展していくよう、これからも国民が心を一つにして被災した地域や人々に末永く寄り添っていくことが大切でありましょう。
東日本大震災の大きな犠牲の下で、私どもは日頃の防災訓練や防災教育、そして過去の災害の記録と記憶の継承がいかに大切であるかを学びました。
この教訓を決して忘れることなく、私たち皆が防災、減災の心を培うとともに、それを次の世代に引き継ぎ、
災害の危険から多くの人々が守られることを心より願っております。
今なお困難を背負いながらも、復興に向けて日々努力を続けている人々に思いを寄せ、
一日も早く安らかな日々が戻ることを皆で祈念し、御霊(みたま)への追悼の言葉といたします。
http:// www.sankei.com/life/news/180311/lif1803110038-n1.html

政府主催の式、遺族らが追悼の言葉 東日本大震災7年
緒方雄大
2018年3月11日17時03分
東日本大震災の発生から11日で7年を迎えた。死者は1万5895人、行方不明者は2539人、
震災関連死は3647人にのぼる。今も約7万3千人が全国で避難生活を続けている。
大きな揺れを記録した午後2時46分、各地で犠牲者に祈りが捧げられた。
政府主催の「東日本大震災7周年追悼式」は11日午後、東京都千代田区の国立劇場で行われた。
秋篠宮ご夫妻や安倍晋三首相、遺族ら約870人が参列した。
安倍首相は式辞で、原発事故の被災地で避難指示が順次解除されている点などに触れつつ、
教訓を胸に、「災害に強い、強靱(きょうじん)な国づくりを進めていく」と話した。
秋篠宮さまは「避難生活が長期化する中で、高齢者を始めとする被災者の心身の健康のことは、深く心に掛かります」と述べた。
遺族からは岩手県代表の磯崎一元(かずもと)さん(73)、宮城県代表の小野寺秀俊(ひでとし)さん(69)、
福島県代表の五十嵐ひで子さん(70)がそれぞれ追悼の言葉を述べた。
5周年までは天皇、皇后両陛下が式典に出席し、天皇陛下がおことばを述べてきた。
5年の節目を過ぎ、昨年から秋篠宮ご夫妻が出席している。
両陛下はこの日、皇居内で発生時刻にあわせて黙禱(もくとう)した。(緒方雄大)
https:// www.asahi.com/articles/ASL393G3DL39UTIL00T.html

両陛下が黙とう=発生時刻、皇太子ご一家も-東日本大震災7年
宮内庁は11日、天皇、皇后両陛下が東日本大震災の発生時刻に合わせ、
皇居内の宮内庁病院で黙とうされたと発表した。天皇陛下はこの日、同病院で定例検査を受診。
1月の定例検査の際、積み残しになっていた検査を受けた。
皇太子ご夫妻も追悼式に合わせ、長女愛子さまと共に東宮御所で黙とうした。
両陛下は震災発生から5年を迎えた2016年まで追悼式に毎年出席。17年から秋篠宮ご夫妻が引き継いだ。
(2018/03/11-16:34)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018031100349&g=ryl

両陛下 発生時刻に黙とう、政府主催の追悼式には秋篠宮ご夫妻
東日本大震災発生から7年
天皇、皇后両陛下は、陛下の定例健康診断のためにそろって訪れていた宮内庁病院で、発生時刻に合わせて黙とうされた。
宮内庁侍従職が明らかにした。
両陛下は発生5年の節目だった2016年まで、政府主催の追悼式に毎年出席していたが、
昨年からは、秋篠宮ご夫妻が足を運び「お言葉」を述べている。
発生10年の節目となる21年には、新天皇、皇后となっている皇太子ご夫妻の出席が検討されることになるという。
[ 2018年3月12日 05:30 ]
http:// www.sponichi.co.jp/society/news/2018/03/12/kiji/20180311s00042000429000c.html

御料牧場で職員が馬に蹴られ重体
03月14日 19時21分
14日朝、高根沢町にある宮内庁の御料牧場で男性の職員が暴れた馬に頭を蹴られ、意識不明の重体となっています。
14日午前7時40分ごろ、高根沢町上高根沢にある宮内庁の御料牧場で、23歳の男性職員が馬に頭を蹴られました。
職員は病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。
警察によりますと、この職員がほかの職員と一緒に、放牧されていた3頭の馬の手綱を引いて馬小屋へ連れ戻っていたところ、
このうち1頭が急に暴れ出し、職員の頭を蹴ったということです。
警察は一緒にいた職員から話を聞くなどして詳しい状況を調べています。
http:// www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20180314/1090001370.html


両陛下、橿原神宮に銅鏡贈る
宮内庁は19日、天皇、皇后両陛下が橿原神宮(奈良県橿原市)に銅鏡を贈られたと発表した。
両陛下は2016年4月、神武天皇の2600年式年祭に当たり、橿原神宮を参拝。
その際、銅鏡を贈る意向を示したという。
同庁によると、京都市の製作者らが銅鏡と付属品のひもや箱を新たに製作。
お手元金の内廷費から支出し、同庁で19日、河相周夫侍従長から橿原神宮宮司に渡された。
銅鏡「橿原の杜(もり)」は青銅製の円形で直径約24センチ。
ひもは皇后さまが皇居内の養蚕所で育てた純国産種の蚕「小石丸」の繭糸を使った。
橿原神宮へは明治天皇が太刀を、皇后の昭憲皇太后が鏡を寄贈しているが、
大正時代以降は今回まで例がないという。(2018/03/19-17:00)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018031900884&g=soc

皇后さま、音大卒業生演奏会に
皇后さまは20日午後、皇居・桃華楽堂で、音楽大学の卒業生による演奏会を鑑賞された。
皇太子妃雅子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も同席した。
東京芸術大など五つの大学の卒業生らが邦楽やクラシックなど六つの演目を約1時間披露。
皇后さまと雅子さまは開演前や曲の合間に談笑し、演奏が終わるたびに拍手を送った。(2018/03/20-17:51)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018032000940&g=ryl

皇后さま、宮中祭祀の出席取りやめへ 足に時折強い痛み
島康彦2018年3月20日21時24分
宮内庁は20日、皇后さまが皇居で21日に行われる宮中祭祀(さいし)
「春季皇霊祭・春季神殿祭の儀」への出席を取りやめると発表した。1月ごろから足に時折強い痛みがあり、
持病の頸椎(けいつい)症性神経根症の痛みもあることから、侍医が取りやめをすすめたという。
今秋の皇霊祭・神殿祭も欠席する。
宮内庁によると、皇后さまは加齢などで宮中祭祀への出席がだんだんと難しくなるなか、
春季と秋季の皇霊祭・神殿祭などは出席を希望してきたという。(島康彦)
https:// www.asahi.com/articles/ASL3N6V3BL3NUTIL05V.html

公表事項
皇后陛下のご体調とご日程について
皇后さまには今年1月頃から,時におみ脚に強い痛みがあり,日常生活への大きな支障はないものの,お痛みは断続的に続いておられます。
頸椎症性神経根症のお痛みなどもあり,宮中祭祀へのお出ましは段々と難しくなってきておられ,
最近はせめて春季,秋季の皇霊祭・神殿祭と昭和天皇祭,香淳皇后例祭の時だけはと続けてこられましたが,
二殿をお参りになる春季,秋季の皇霊祭・神殿祭はすでにご無理と思われ,
明日のお参りも侍医の判断からお取りやめ願うことでご了承いただきました。
今後はご様子を見つつ,6月の香淳皇后例祭へのご出席を決めることになりますが,
この秋の皇霊祭・神殿祭のお参りはご欠席となります。
平成30年3月20日:侍従職
http:// www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/kohyo-h30-0320.html

陛下の詠歌 碑に刻む
2018年03月22日
昨年5月に天皇、皇后両陛下をお迎えした第68回全国植樹祭の式典会場だった魚津桃山運動公園(魚津市)で21日、
天皇陛下が詠まれた歌を刻んだ記念碑の除幕式が行われた。
両陛下は植樹祭で、花粉が飛ばないように改良されたタテヤマスギなどをお手植えされた。
この時の思いを天皇陛下が詠まれた「無花粉のたてやますぎを植ゑにけり患ふ人のなきを願ひて」の文字を、
石井知事が記念碑のために揮毫きごうした。
記念碑は常願寺川で採取した安山岩で、幅約2メートル30、高さ約1メートル30。
近くには、両陛下がお手植えされたタテヤマスギやコシノフユザクラなど6本が移植された。
式典には関係者約140人が出席。石井知事は「陛下のお気持ちに触れていただくとともに、
お手植えされた木の成長を末永く見守ってほしい」とあいさつした。
http:// www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20180322-OYTNT50158.html

天皇陛下執筆の魚類図鑑刊行
宮内庁は22日、天皇陛下が他の魚類学者と分担して執筆された図鑑
「日本魚類館」(小学館刊)が刊行されたと発表した。
陛下は自身が和名を付けたハゼ科のシマハゼ類2種類と、
種類を分類したチチブ類3種類について計4ページを担当。
2016年夏に依頼があり、公務の間に執筆したという。
陛下は皇太子時代からハゼの分類の研究を続けている。
同庁によると、これまで新種として8種類を論文に発表。65種類に和名を付けた。
価格は税抜きで6900円。(2018/03/22-19:09)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018032201183&g=soc

皇太子ご一家、長野で静養
皇太子ご一家は26日、静養のため新幹線で長野県入りされた。県北部に数日間滞在する予定。
出迎えた市民から「お母さまより背が高くなられましたか」と声を掛けられた長女愛子さま(16)は、
「まだまだです」とはにかんだ様子で答えていた。
ご一家は午後0時半すぎ、JR長野駅前に姿を見せた。約380人が集まり、
ご一家は何度も手を振って応えた。5分ほど市民と言葉を交わした後、迎えの車に乗り込んだ。
(2018/03/26-14:24)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018032600575&g=soc

雅子さま、昨春出迎え女性に「今年も」 ご一家、長野に
中田絢子 2018年3月26日16時19分
皇太子ご夫妻と長女愛子さまは26日、静養のため新幹線で長野県入りした。毎年恒例で、
県北部に数日間滞在する。
ご一家はJR長野駅前で出迎えた約380人の方へ歩み寄り、10分間ほど言葉を交わした。
雅子さまは昨春に引き続き、電動車いすに乗って迎えた長野市の井上郁美さん(40代)を
見つけると腰をかがめ、「今年もお話しできてうれしいです。冬はとても寒かったですが
お体大丈夫でしたか」と声をかけた。愛子さまは、女性らから
「雅子さまより大きくなられたかしら」と尋ねられると「まだまだです」と笑顔で答えた。(中田絢子)
https:// www.asahi.com/articles/ASL3V4GDBL3VUTIL012.html


  • 最終更新:2018-11-13 20:34:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード