2016年4月






秋篠宮さま 日本植物園協会の総裁に就任
毎日新聞2016年4月1日 05時00分(最終更新 4月1日 05時00分)
秋篠宮さまが1日付で公益社団法人「日本植物園協会」の初代総裁に就任された。
宮内庁によると、定例総会の出席などを予定している。
同協会は全国の植物園などでつくる団体で、植物の調査や研究、保全活動をしている。
http:// mainichi.jp/articles/20160401/k00/00m/040/124000c


皇太子ご一家がダビンチ展に
皇太子ご一家は5日夜、東京都江戸東京博物館(墨田区)で、
日本とイタリアの国交樹立150周年を記念した特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」を見学された。
ご一家はダビンチの直筆ノート「鳥の飛翔(ひしょう)に関する手稿」や、
現存する数少ない絵画の一つ「糸巻きの聖母」などを鑑賞。
左利きのダビンチが左右を反転させた鏡文字で書いた手稿を見た際は「器用ね」「面白いね」と感想を話し合っていた。
(2016/04/05-19:52)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016040500826&g=soc


皇太子ご一家、昭和天皇記念館に
皇太子ご夫妻は7日午後、長女愛子さま(14)を伴い、東京都立川市の国営昭和記念公園内にある昭和天皇記念館を訪れ、
開館10周年の特別展示「思い出の昭和天皇」を見て回られた。
同館でご一家は、写真や遺品など昭和天皇ゆかりの資料をゆっくりと見学。
昭和天皇が使った御料車を見た皇太子さまは「大きいですよね」と感想を話していた。
これに先立ち、同公園内に咲き誇るサクラや菜の花畑を観賞。
1999年4月の第10回全国「みどりの愛護」のつどいの際、
ご夫妻が植えたサトザクラの木を見た雅子さまは「非常に懐かしいですね」と話したという。
(2016/04/07-20:31)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016040700844&g=soc


天皇陛下が稲の種もみまき 皇居内の苗代に
毎日新聞2016年4月8日 19時33分(最終更新 4月8日 19時33分)
天皇陛下は8日、皇居内の苗代に稲の種もみをまかれた。
シャツにカーキ色のジャンパーを羽織った陛下は、種もみの入ったかごを受け取ると腰を落とし、1区画ずつ土の上にまいていた。
種もみは、うるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチの2種類。育った苗は皇居内の水田に植える。
こうした米作りは、農家の苦労を知るために昭和天皇が始めた。【山田奈緒】
http:// mainichi.jp/articles/20160409/k00/00m/040/045000c


両陛下、武蔵野陵を参拝
天皇、皇后両陛下は12日、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇の武蔵野陵と香淳皇后の武蔵野東陵を参拝された。
両陛下は毎年3月の彼岸の時期や、外国訪問の際に武蔵陵墓地を訪れている。
今年は1月のフィリピン訪問前の参拝が雪で取りやめになり、
その後も天皇陛下がインフルエンザにかかるなどしたため、この時期の訪問となった。
(2016/04/12-16:35)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016041200610&g=soc


両陛下が静岡訪問取りやめ
宮内庁は15日、熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震を受けて、天皇、皇后両陛下が同日予定していた静岡県訪問を取りやめられたと発表した。
余震が続いていることや、現場の状況が不明確なことから、少なくとも同日中は御所で状況を見守ることが必要と判断したという。
また、両陛下は河相周夫侍従長を通じて、熊本県の蒲島郁夫知事に、お見舞いと災害対策に従事している関係者に対するねぎらいの気持ちを伝えた。
同庁によると、両陛下は多数の死傷者や避難者が発生していることに心を痛め、被災者をはじめ人々の健康を祈っているという。
(2016/04/15-10:53)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016041500339&g=soc


2016.4.15 21:50更新
両陛下 犠牲者への哀悼と見舞い 蒲島知事にお伝え
天皇、皇后両陛下は15日、熊本地震の犠牲者への哀悼と被害者への見舞い、
警察、消防、自衛隊など災害対策に従事している全ての関係者へのねぎらいのお気持ちを、河相周夫侍従長を通じて熊本県の蒲島郁夫知事に伝えられた。
宮内庁によると、両陛下は発生直後からニュースなどを見て被害状況を心配されている。
多数の死傷者、避難者が出るなど県民生活に大きな被害が生じていることに心を痛め、
朝晩には冷え込む時期であることから被災者らの健康を祈られているという。
また、両陛下は15日に日帰りで予定していた静岡県訪問を取りやめ、
同県の川勝平太知事に、出迎えの準備などを進めてきた関係者らに対する「誠に心苦しい」とのお気持ちを伝えられたという。
この日は静岡市の静岡浅間神社で日本とスペインの交流イベントが開かれ、
両陛下は記念の写真展やフラメンコの特別公演を鑑賞される予定だった。
川勝知事宛てのお気持ちの中では、熊本県で余震が続き、いまだに被害状況が明確でないことから、
「少なくとも今日一杯は御所で状況を見守ることが必要」との考えを示された。
http:// www.sankei.com/life/news/160415/lif1604150019-n1.html


皇太子ご夫妻、愛子さまのご出演の演奏会鑑賞お取りやめ 
2016.4.17 12:11更新
皇太子ご夫妻は17日、長女の敬宮(としのみや)愛子さまがチェロ奏者として出演する「オール学習院の集い」の大合同演奏会を
東京都豊島区の学習院目白キャンパスで鑑賞予定だったが、地震の被害に鑑みて取りやめられた。
皇太子さまは自らも一部に出演することになっていたが、これも見送られた。
学習院女子中等科3年の愛子さまは、卒業生として初等科管弦楽部に加わり、
ブラームスのハンガリー舞曲第5番などを演奏。春休み中に磨いた腕前を披露された。
http:// www.sankei.com/affairs/news/160417/afr1604170026-n1.html


両陛下、演奏会鑑賞取りやめ
天皇、皇后両陛下は17日、熊本地震の被害を考慮し、
東京・赤坂のサントリーホールで仙台フィルハーモニー管弦楽団の東京特別演奏会を鑑賞する予定を取りやめられた。
東日本大震災の支援に感謝する趣旨で催され、両陛下が仙台フィルの演奏を鑑賞するのは初めてだった。
宮内庁によると、両陛下は演奏会に出席しないことを心苦しく思いつつ、
今しばらく地震災害の推移を見守るため、17日は終日皇居・御所にとどまるという。
(2016/04/17-10:55)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016041700050&g=soc


2016.4.19 09:11
秋篠宮さまご夫妻と歓談の輪 リサイクルに高いご関心
18日に開かれた第25回「地球環境大賞」の授賞式では、明治記念館の中庭に受賞者が集まり、
自社の環境技術について秋篠宮さまご夫妻と歓談の輪が広がった。
受賞企業のうち、東京急行電鉄は平成4年にグループのとうきゅう環境財団が、
秋篠宮さまが総裁を務める山階鳥類研究所に助成を行った。東急電鉄の野本弘文社長は記念撮影の際、
秋篠宮さまに当時の話をし、「よく覚えていらっしゃった」という。また、YKKAPの吉田忠裕会長は、
富山県の自社工場に秋篠宮さまをお迎えした際、案内を行ったという。
環境技術に関しては、秋篠宮さまご夫妻の関心も高く、各社とも自社技術をアピールした。
凸版印刷と共同で、リサイクルできるアルミレス紙パック飲料容器の開発で受賞した伊藤園の江島祥仁副会長は、
秋篠宮さまが「リサイクルへのご関心が高い」と打ち明ける。
また凸版印刷の降矢祥博副社長も苦労した部分を説明した際、かなり専門的な質問を受けたという。
このほか、化学農薬の使用回数を削減できる農業資材の開発で受賞したアサヒグループホールディングスの
小路明善社長は「安心安全な農業にもつながる。一刻もはやく市場投入したい」と述べ、早期実用化に意欲を示した。
http:// www.sankei.com/life/news/160419/lif1604190005-n1.html


2016.4.19 09:19
【第25回地球環境大賞】
秋篠宮さま お言葉(全文)
去る4月16日熊本県において、マグニチュード7・3の地震が発生いたしました。
また、それに先立つ前震、そして余震によって、熊本県をはじめ九州各地で大きな被害が生じております。
この震災によって亡くなった方々をお悼みいたします。そして、被災し、避難されている多くの方々に対し、心からお見舞いを申し上げます。
本日、第25回「地球環境大賞」の授賞式にあたり、皆様とともに出席できましたことを、
大変うれしく思います。また、このたび各賞を受賞される方々に心からお祝いを申し上げます。
平成4年、地球環境と共存する産業の発展、持続可能な循環型社会の実現に寄与する製品づくりと、
そのための技術の開発、地球環境に対する社会の意識向上、
そして、自然環境の保全を通じた社会への貢献を図ることを目的として創設された本賞は、
産業界にはじまり、自治体、学校、そして市民活動へと表彰対象を広げ、今年で25回を数えるに至りました。
この間、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など、環境諸問題に対する人々の関心や意識は
ますます高まりを見せるようになってまいりました。また、特に近年は、気候変動とも関係するとおぼしき
さまざまな自然災害が数多く発生し、人々の生活に大きな影響を及ぼしてもおります。
このようななか、昨年末には国連の「気候変動枠組み条約第21回締約国会議」において、
温暖化防止のための新たな法的枠組みである「パリ協定」が採択されたことも記憶に新しいところであります。
現在、気候変動をはじめ、地球環境に関わる事柄は数多く存在いたします。それらを考えるとき、
環境の保全とともに、自然災害についての意識を一層高めつつ、人類が自然と共存していく必要性を強く感じます。
緑豊かな水の惑星といわれるこの地球に、多くの貴重な生命を末永く育んでいくことができるよう、
環境を取り巻く諸問題に積極的に取り組んでいくことが大切といえましょう。そのことを実行していくため、
今後とも、日本の優れた技術や知識が地球環境の保全に貢献し、世界の発展に寄与していくことは、誠に大切なことと考えます。
終わりに、受賞者をはじめとする皆様が、今後とも、地球環境の保全に積極的に取り組んでいかれることを
期待するとともに、その活動がより一層広がりを見せることを祈念し、私の挨拶といたします。
http:// www.sankei.com/life/news/160419/lif1604190006-n1.html


天皇陛下、パナマ大統領の哀悼の意に謝意
2016年04月19日
天皇、皇后両陛下は19日、お住まいの皇居・御所で、中米パナマのバレラ大統領夫妻と会見された。
宮内庁によると、大統領から熊本地震の犠牲者への哀悼の意が伝えられたのに対し、天皇陛下は謝意を示したうえで、
「今回の地震は長く続いているので、被災者は大変な思いをしていると思います」と述べられたという。
陛下がバレラ大統領と会われるのは初めて。
http:// www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20160419-OYT1T50098.html


2016.4.21 01:19
両陛下、国際賞授賞式ご臨席
天皇、皇后両陛下は20日、東京都千代田区の東京国際フォーラムを訪れ、
科学技術を通じて社会に貢献した世界的科学者に贈られる第32回日本国際賞の授賞式に臨席された。
スマートフォンの画面に使われる透明な半導体などの新素材を開発した東京工業大の細野秀雄教授(62)ら2人に賞状が渡され、
両陛下は壇上で拍手を送られた。
http:// www.sankei.com/life/news/160421/lif1604210001-n1.html


秋篠宮妃紀子さま、熊本地震被災者へお見舞いの言葉述べられる
04/21 13:42
秋篠宮妃紀子さまは、熊本を中心とした地震の被害者へ、お見舞いの言葉を述べられた。
紀子さまは、20日午前、東京・港区にある明治記念館で開かれた、母子愛育会主催の愛育班員全国大会に出席された。
大会の冒頭では、熊本を中心とした地震による、犠牲者への黙とうがささげられた。
また、紀子さまは、あいさつの中で、地震で亡くなった方を悼むとともに、被災地で余震や避難生活など、困難な状況が続いていることに、
「皆さんの健康を案じております」とお見舞いの言葉を述べられた。
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00322517.html


エリザベス女王誕生日、寛仁親王妃信子さまが祝賀をされる
04/22 14:30
イギリス・エリザベス女王の90歳の誕生日の21日、寛仁親王妃信子さまが、祝賀をされた。
信子さまが訪問されたのは、東京・港区にあるイギリス大使館。
東京のイギリス大使館で、エリザベス女王の誕生祝賀の晩さん会が行われるのは、20年ぶりということで、
信子さまのほか、森元首相やアメリカのケネディ駐日大使など、およそ60人が出席した。
冒頭、イギリスのヒッチンズ駐日大使が、熊本を中心とする地震の被災者へのお見舞いと、
エリザベス女王の誕生日をお祝いするあいさつをし、信子さまが乾杯のあいさつをされ、エリザベス女王の誕生日を祝った。
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00322627.html


2016.4.24 07:06
高麗郡建都1300年記念碑、建立式典 久子さま、除幕式ご出席 埼玉
朝鮮半島からの渡来人らによって高麗郡が現在の日高市を中心に設置されてから今年で1300年を迎えるのを記念し、
高麗神社(同市新堀)で23日、高円宮妃久子さまをお迎えし、境内に新たに建立された石碑の除幕式が行われた。
石碑は縦約1メートル40センチ、横約2メートルで、表面には平安時代初期に編纂(へんさん)された
「続日本紀」から引用された高麗郡建都の由来が刻まれ、裏面には石碑の建立に協力した関係者約200人の名前が刻まれている。
久子さまは主催団体からの石碑についての説明に熱心に耳を傾けられていた。
市内では今後も高麗郡建都1300年を記念し、韓国の伝統芸能が披露される「高麗日韓友好祭」や、
日韓選手による高句麗時代の武芸を基に馬上から矢を的に射る「馬射戯(マサヒ)」の競技大会など、さまざまなイベントが開催される。
http:// www.sankei.com/region/news/160424/rgn1604240008-n1.html


秋篠宮ご夫妻が幼稚園訪問=「こどもの日」にちなみ
秋篠宮ご夫妻は25日午前、「こどもの日」にちなんだ施設訪問として、
東京都墨田区の区立立花幼稚園(田代恵美子園長、園児数53人)を視察された。
天皇、皇后両陛下から昨年、「敬老の日」にちなんだ施設訪問と併せ、皇太子ご夫妻と共に引き継いだ。
昨年と反対に、今年は「こどもの日」が秋篠宮ご夫妻、「敬老の日」は皇太子ご夫妻が担当する。
秋篠宮ご夫妻は「これは何?」などと尋ねながら、園児たちが室内の遊具などで体を動かして遊ぶ様子を見た後、
幼稚園歌を手話を交えて歌う場面を見学。紀子さまも一緒に手話をし、歌が終わるとご夫妻は笑顔で拍手を送った。
(2016/04/25-11:27)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016042500246&g=soc


2016.4.26 21:08
信子さま、黄金のアフガン展をご鑑賞
寛仁親王妃信子さまは26日、東京都台東区の東京国立博物館・表慶館を訪れ、
「文明の十字路」として栄えたアフガニスタンの名宝246件を展示した特別展
「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」(産経新聞社など主催)を鑑賞された。
信子さまは、遊牧民の王族の遺跡「ティリヤ・テペ」(前1世紀~1世紀)から見つかった黄金の首飾りなどを熱心に見て回り、
同行したファテミ駐日大使に「あなた方の国に戻ることを願っています」と英語で声をかけられた。
特別展では、旧ソ連の軍事介入や内戦による略奪、破壊から、国立博物館員が文化財を死守した歴史も紹介されている。
各国の支援で再建された同博物館に掲げられた「自らの文化が生き続ける限り、その国は生きながらえる」とのメッセージが流され、
信子さまが涙ぐまれる場面もあった。
特別展は6月19日まで。
http:// www.sankei.com/life/news/160426/lif1604260021-n1.html


梶田さんら招き春の園遊会=雅子さま、昨秋に続き出席
天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が27日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。
ノーベル物理学賞を受賞した東京大宇宙線研究所長の梶田隆章さん、タレントの黒柳徹子さん、
宇宙飛行士の油井亀美也さん、元サッカー女子日本代表の澤穂希さんら各界から約1900人が出席し、両陛下や皇族方が声を掛けて回られた。
梶田さんは、海外の研究チームが初観測に成功した「重力波」の研究に取り組んでいると報告。
天皇陛下は「ああやって次々と理論が実際に検証されるということは、本当に素晴らしいことですね」と応じた。
黒柳さんは「昭和天皇がすごくお笑いくださって」と1982年に出席した園遊会の思い出を披露し、
陛下は「どうぞお元気で」と伝えた。油井さんは昨年、国際宇宙ステーションに142日間滞在。
皇后さまから「長うございましたね」とねぎらわれ、「日本を代表して仕事ができて本当に光栄でした」と感激した様子だった。
熊本地震で被災した熊本県八代市の永原辰秋副市長や、福島県の内堀雅雄知事も招かれ、
両陛下は永原副市長に「大変ですね」「体に気を付けて頑張ってください」と言葉を掛けた。
療養中の皇太子妃雅子さまは、12年ぶりとなった昨年秋の園遊会に続き出席。
白のスーツ姿で招待客と交流した後、両陛下にあいさつし、皇族方の列を離れ退出した。
(2016/04/27-19:16)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2016042700700&g=soc

160427.jpg


2016年 04月 27日 18:33 JST
両陛下主催の春の園遊会
天皇、皇后両陛下が主催した春の園遊会が27日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。
相次ぐ地震で被害を受けた熊本県からも、八代市の副市長が招かれており、両陛下が言葉を交わされた。
この日は、俳優の黒柳徹子さんや宇宙飛行士の油井亀美也さん、
ノーベル物理学賞を受賞した東大宇宙線研究所長の梶田隆章さんら各界の功労者が顔をそろえ、
両陛下のほか、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族も声を掛けて回られた。
長期療養中の皇太子妃雅子さまは、12年ぶりだった昨年の秋の園遊会に続いて参加。
負担を考慮して途中退出となったが、皇太子さまの後ろに付いて歩き、一部の招待者と言葉を交わした。
【共同通信】
http:// jp.reuters.com/article/idJP2016042701001455


両陛下 被災者支援のコンサートを鑑賞
2016年4月28日 01:48
天皇皇后両陛下は27日夜、東日本大震災の被災者支援のためのチャリティーコンサートを鑑賞された。
天皇皇后両陛下は27日夜、都内でNGO団体「難民を助ける会」が開催した
東日本大震災の被災者のためのチャリティーコンサートを鑑賞された。
この団体は、1979年にインドシナ難民支援のために発足したNGOで、
近年は災害時の緊急支援や障害者支援などを行い、両陛下もたびたびチャリティー演奏会に足を運ばれている。
会場では、東日本大震災とあわせて、熊本の被災者のための募金も行われ、
世界的に活躍するギタリストの村治佳織さんらによる演奏に、両陛下は熱心に拍手を送られていた。
http:// www.news24.jp/articles/2016/04/28/07328831.html


高円宮妃久子さま、スウェーデンに出発
2016年04月28日
高円宮妃久子さまは28日、スウェーデンのカール16世グスタフ国王の誕生日祝賀行事に出席のため、東京・羽田発の民間機で出発された。
首都ストックホルムで30日、70歳を迎える国王主催の晩さん会、舞踏会に出席するなどし、5月2日に帰国される。
http:// www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20160428-OYT1T50208.html

  • 最終更新:2017-05-21 12:56:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード