2014年3月

皇太子さまインフルエンザに 公務は8日までお休み
(03/04 11:55)
皇太子さまがインフルエンザにかかり、8日まで公務が取りやめとなりました。
宮内庁によりますと、皇太子さまは3日、医師の診断を受けたところ、
インフルエンザA型の陽性反応が出たということです。5日に研究のため京都を訪問する予定でしたが、
大事を取って8日まで公務を取りやめられます。皇太子さまは3日夕方から38度台まで熱が上がり、
だるさを感じられたということです。
http:// news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000022529.html

紀子さま・佳子さま、中国の切り紙細工を鑑賞
2014年03月07日
秋篠宮妃紀子さまと次女で学習院大1年の佳子さまは7日、
東京都世田谷区の生活工房ギャラリーで開催中の展覧会「窓花―中国の切り紙」を鑑賞された。
窓花は中国・陝西省に伝わる正月飾りの切り紙細工で、お二人は動物や人間をかたどった作品を見て回られ、
佳子さまが中国のふいごのハンドルを回す場面もあった。
最後にお二人はチョウチョやニワトリの切り紙作りに挑戦された。
http:// www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20140307-OYT1T00520.html

東京大空襲69年で法要 遺族ら参列、東京都慰霊堂
2014.3.10 11:01
約10万人が死亡したとされる太平洋戦争末期の東京大空襲から69年を迎えた10日、
犠牲者らの遺骨が安置されている東京都慰霊堂(墨田区)で秋篠宮ご夫妻ご臨席のもと、
舛添要一知事、遺族らが参列し、慰霊の法要が営まれた。
東京大空襲は昭和20年3月10日未明にあった。
300機を超える米爆撃機B29が大量の焼夷弾を無差別に投下し、下町を中心に大きな被害が出た。
都によると、昨年1年間で新たに209人の犠牲者の氏名が判明。
都が作成し、慰霊堂近くの祈念碑の内部に保管している犠牲者名簿の人数は計8万150人になった。
慰霊堂には関東大震災の犠牲者の遺骨も納められており、毎年3月10日と9月1日に慰霊の法要が営まれている。
http:// sankei.jp.msn.com/affairs/news/140310/dst14031011070008-n1.htm

天皇陛下お言葉「国民皆が心を一つに」
2014.3.11 20:44 [両陛下ご動静]
本日、東日本大震災から三周年を迎え、ここに一同と共に、震災によって失われた人々とその遺族に対し、
改めて深く哀悼の意を表します。
三年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は、二万人を超す死者、行方不明者を生じました。
今なお多くの被災者が、被災地で、また、避難先で、困難な暮らしを続けています。さらにこの震災により、
原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立入りが制限されているため、
多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。
いまだに自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。
この三年間、被災地においては、人々が厳しい状況の中、お互いの絆(きずな)を大切にしつつ、
幾多の困難を乗り越え、復興に向けて懸命に努力を続けてきました。
また、国内外の人々がこうした努力を支援するため、引き続き様々な形で尽力していることを心強く思っています。
被災した人々の上には、今も様々な苦労があることと察しています。この人々の健康が守られ、
どうか希望を失うことなくこれからを過ごしていかれるよう、
長きにわたって国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。
そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心掛けを育み、
安全な国土を築くことを目指して進んでいくことを期待しています。
被災地に一日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い、御(み)霊(たま)への追悼の言葉といたします。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/140311/imp14031120460000-n1.htm

天皇、皇后両陛下、被災地へのお気持ち常に
2014.3.11 21:13
東日本大震災の発生後、天皇、皇后両陛下は被災地(岩手、宮城、福島、茨城、千葉各県)を
計9回にわたって訪問、被災者への気遣いを示されてきた。
未曽有の困難に直面した国民に寄り添うお気持ちは、3年という時間が経過しても、全くお変わりがない。
「国民とともに」。両陛下のお姿に、長年にわたって築かれてきた皇室のありようが改めて浮かび上がる。
「ご家族は無事でしたか」「大変でしたね」。両陛下は昨年7月、岩手県陸前高田市の仮設住宅を訪問した際、
雨にぬれるのも気にせず、被災者一人一人に丁寧に言葉をかけられた。
両陛下は、折に触れて「被災地を訪ねたいという思いを述べられることがたびたびある」(側近)という。
そうしたお気持ちが強く表れていたのが、昨年7月の福島県ご訪問だった。
名産の桃を観賞される「私的ご旅行」という位置づけだったが、復興状況の視察や、
東京電力福島第1原発事故の風評被害に悩まされた桃農家に心を砕かれるなど、実質的には被災地訪問といえるものだった。
震災直後、首都圏を中心に実施された計画停電では、お住まいの皇居・御所は対象外だったのに、
照明や暖房などの電力を自主的に止める節電を47日間続けられた。
国民の苦難をご自身も引き受けようという強いご決意がうかがえる。
陛下は新年に当たってのご感想や、お誕生日に当たっての記者会見で、必ず震災について言及される。
側近は「両陛下は、震災を現在進行形のものと常に考えられている」と話す。
11日の政府主催追悼式で、陛下は国民が心を一つにして被災者に寄り添うことの大切さを述べられた。
常に被災者の様子を気にかけられている両陛下。今後も被災者を見舞われる機会が検討されるとみられる。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/140311/imp14031121140001-n1.htm

東日本大震災3年:皇太子ご夫妻も東宮御所で黙とう
毎日新聞 2014年03月11日 18時38分(最終更新 03月11日 18時57分)
◇愛子さまも学習院初等科6年生全員で
宮内庁は11日、皇太子ご夫妻がお住まいの東宮御所(東京都港区)で、
東日本大震災が起きた午後2時46分に黙とうしたと発表した。
長女の愛子さまも同時刻に学習院初等科の6年生全員で黙とうしたという。【真鍋光之】
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20140312k0000m040032000c.html

雅子さま 約1か月半ぶりに公務で外出
< 2014年3月12日 19:37 >
皇太子さまと雅子さまは12日午前、皇居で天皇・皇后両陛下が駐ベトナム大使から説明を受けられるに際し、同席した。
これは、ベトナムの国家主席が16日から国賓として来日することに関連し、
情勢などについて聞かれるためで、雅子さまのご公務での外出は1月25日以来となる。
http:// www.news24.jp/articles/2014/03/12/07247355.html

秋篠宮さま、震災遺児施設視察=眞子さま伴い-仙台
秋篠宮さまと長女眞子さまは13日、仙台市を訪れ、東日本大震災で親を失った遺児らのケア施設「仙台レインボーハウス」を視察された。
眞子さまが公務で被災地を訪問するのは初めて。
遺児らが自由に遊ぶことができる施設で、眞子さまは積み木で遊ぶ子どもに「すごい、見てもいいですか」と話し掛けた。
秋篠宮さまは、子どもが隠れることのできる遊具をのぞき込み、「何人いるか数えさせてください」と話した。
施設のスタッフによると、高校に合格した男子生徒には「おめでとう」と声を掛けたという。
秋篠宮さまと眞子さまはその後、米バッサー大学合唱部やウガンダの子ども、被災地の子どもらによる音楽公演「世界がわが家」を鑑賞した。
(2014/03/13-19:49)
http:// www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014031300894&g=soc

秋篠宮さま、遺児と交流
仙台レインボーハウスを訪問子どもたちと触れ合う(左奥から)秋篠宮さまと眞子さま
秋篠宮さまと長女眞子さまが13日、仙台市を訪れ、東日本大震災で親を失った子どもたちを支援する
あしなが育英会(東京)のケア施設「仙台レインボーハウス」(青葉区)を視察された。
ハウスには岩手、宮城、福島3県の遺児と保護者約50人が集まった。
お二人は屋内運動場で遊ぶ子どもたちを見守り、「どこから来たの」と尋ねた。
職員から施設の説明を受け、保護者にも声を掛けて回った。
秋篠宮さまと眞子さまは同日、青葉区の東北大川内萩ホールで、
あしなが育英会と米バッサー大が共催した音楽会「世界がわが家」も鑑賞した。
2014年03月14日金曜日
http:// www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140314_13009.html

秋篠宮妃紀子さま 出雲大社ご視察 「結核予防全国大会」臨席 島根
2014.3.14 02:25
松江市で開かれる「第65回結核予防全国大会」に臨席のため、秋篠宮妃紀子さまが13日、
島根県を訪問された。この日は出雲大社(島根県出雲市)や、同大会のシンポジウムなどを視察された。
大会は結核の課題などを討議し、14日まで開かれる。
紀子さまは、結核予防会総裁を務められている。
紀子さまは13日午前、出雲空港に到着後、出雲大社をご覧になった。
雨が強く降る天気となったが、沿道の観光客や市民の声に笑顔で応えられた。
午後は松江市で同大会のシンポジウムにご出席。
高齢者の結核の増加傾向などについての発表があり、熱心に耳を傾けられていた。
14日は松江市で大会式典に出席、松江歴史館を視察して帰京される。
紀子さまのご来県は平成19年以来7年ぶりで、5回目。
http:// sankei.jp.msn.com/region/news/140314/smn14031402250001-n1.htm

紀子さま、結核予防式典ご出席 歴史館で和菓子作りも 松江
2014.3.15 02:24
島根県を訪問中の秋篠宮妃紀子さまは14日、松江市の島根県民会館で開かれた
「第65回結核予防全国大会」式典に出席された。松江歴史館の視察では、和菓子作りを体験された。
式典では、結核予防会総裁の紀子さまが「結核の正しい知識の普及と予防活動を積極的に推進し、
人々の健康の支えになるよう希望します」と言葉を述べられた。
続いて結核予防に貢献した1団体と11人に「秩父宮妃記念結核予防功労賞」の賞状を授与された。
松江歴史館では、江戸時代の松江の城下町を再現したジオラマなどをご覧になった。
和菓子作りの視察では、紀子さまがウグイスの形をした和菓子「初音」を作られた。
職人の伊丹二夫さん(78)は「紀子さまと並んで和菓子を作ることができ、感激しました」と話した。
紀子さまは同日夕、2日間の日程を終え、帰京された。
http:// sankei.jp.msn.com/region/news/140315/smn14031502240000-n1.htm

ベトナム主席夫妻招き晩さん会
2014年3月17日
国賓として来日しているベトナムのチュオン・タン・サン国家主席夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が
17日夜、皇居・宮殿の豊明殿で開かれた。
天皇陛下は歓迎のあいさつで、サン主席が2011年6月、
千葉県旭市の仮設住宅で東日本大震災の被災者をお見舞いしたことに感謝し
「(両国の)友好協力関係が発展していることを誠に心強く思います」と述べられた。
主席も「日本は一流のパートナーであり、信頼し共に歩む友人です」と応じ、乾杯した。
皇太子さまや秋篠宮ご夫妻、眞子さまら皇族のほか、安倍晋三首相夫妻や閣僚ら約140人が出席した。
http:// www.daily.co.jp/society/national/2014/03/17/0006786752.shtml

両陛下、ベトナム主席迎え宮中晩餐会
2014.3.17 20:35
皇居・宮殿「豊明殿」で17日夜、国賓として来日したベトナムのチュオン・タン・サン国家主席夫妻を迎え、
天皇、皇后両陛下ご主催の宮中晩餐(ばんさん)会が開かれた。陛下は出席者約140人を前に、
サン国家主席が東日本大震災の3カ月後に千葉県旭市の被災地を見舞ったことに触れ、
「お気持に対して、ここに、改めて深く感謝の意を表します」と述べられた。
皇太子さまをはじめ皇族方も出席されたが、皇太子妃雅子さまはお出ましにならなかった。
これに先立ち、皇居・宮殿東庭で行われた歓迎行事では、両国国歌が演奏されたのち、
主席が陸上自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼を受けた。
続いて、両陛下が宮殿「竹の間」で主席夫妻と会見された。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/140317/imp14031720350001-n1.htm

眞子さま「アナと雪の女王」鑑賞 紀子さまと日本橋で
2014年3月20日00時07分
秋篠宮妃紀子さまと長女眞子さまは19日、東京・日本橋で20日に本格オープンする
「COREDO(コレド)室町2」内のTOHOシネマズ日本橋を訪れ、
東日本大震災で保護者を亡くした学生を支援するためのチャリティー上映会に出席した。
米の第86回アカデミー賞長編アニメ賞を受賞した「アナと雪の女王」が上映され、
招待客約200人が鑑賞した。アンデルセンの童話「雪の女王」を原案に、
万物を凍らせる魔力ゆえに王国を冬に変えてしまった女王と、
そんな姉の閉ざされた心を開かせようとする妹姫の冒険を描いたファンタジー。
紀子さまと眞子さまは鑑賞後、日本語吹き替え版の主題歌を歌った女性歌手
May J.(メイ・ジェイ)さんと言葉を交わしていた。
http:// www.asahi.com/articles/ASG3M4DZ0G3MUTIL014.html

皇后さまや皇太子ご夫妻ら、音大卒業生の演奏会を鑑賞
2014年3月20日19時37分
皇居内の音楽ホール、桃華楽堂(とうかがくどう)で20日、
東京芸大や武蔵野音大など音楽大5校の卒業生による演奏会があり、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方が鑑賞した。
演奏会は毎年恒例で、今回は卒業生11人が参加。
八橋検校作曲の「みだれ」やブラームス作曲の「クラリネット・ソナタ 第2番」などが約1時間にわたって演奏された。
この演奏会は1967(昭和42)年、音楽を奨励したいという香淳皇后の意向で始まり、毎年3月下旬から4月上旬に開かれている。
雅子さまは昨年、10年ぶりに出席。今回は、直前に出席が決まった。
http:// www.asahi.com/articles/ASG3N4H8BG3NUTIL01Q.html

「21世紀は水問題解決の世紀に」 皇太子さま式典でごあいさつ
2014.3.21 17:26
皇太子さまは21日、東京都渋谷区の国連大学で開かれた2014年世界水の日記念式典に出席し、
「水に関する多面的な議論が深まり、21世紀が水問題解決の世紀となることを願ってやみません」とあいさつされた。
国連は3月22日を「世界水の日」と定め、水不足や洪水対策などの課題を話し合う会議を各国で開催している。
今回のテーマは「水とエネルギーのつながり」。
皇太子さまはあいさつの後、持続可能な開発などについての各国代表や国際機関の議論に耳を傾けられた。
皇太子さまは国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁を務め、
昨年3月にはニューヨークの国連本部で水と災害について講演された。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/140321/imp14032117310001-n1.htm




常陸宮ご夫妻が「学生児童発明くふう展」に
< 2014年3月27日 20:21 >
常陸宮ご夫妻が27日午前、「全日本学生児童発明くふう展」をご覧になった。
この展覧会は小学生から高校生までの児童・生徒による独創的で実用的な発明を集めたもので、
常陸宮ご夫妻は子どもたちから説明を受け熱心に耳を傾けられた。
今年は、LED懐中電灯とレンズを使って細かいものを顕微鏡で見るようにスクリーンに映し出し、
大勢で観察することを可能にした千葉県の小学6年生によるプロジェクターが最優秀作品に選ばれ、常陸宮さまから恩賜記念賞が贈られた。
常陸宮さまは表彰式で「受賞された皆さんの創意にあふれた作品に触れ、大変うれしく思います」と述べ、
関係者が引き続き青少年の創造性の育成に尽力することを期待された。
http:// www.news24.jp/articles/2014/03/27/07248213.html 

日野西宮務主管が退官=宮家のお世話10年
宮家の皇族方のお世話をする責任者を約10年間務めた宮内庁の日野西光忠宮務主管(70)が
3月31日付で退官し、後任に西ケ廣渉ルクセンブルク大使(63)が4月1日付で就任する人事が28日の閣議で決まった。
日本郵船出身の日野西氏は宮内庁式部官を経て2004年5月から宮務主管。
同年に高松宮妃喜久子さまの逝去、06年に秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまの誕生、
12年に三笠宮さまの長男寛仁(ともひと)さまの逝去を経験した。
(2014/03/28-08:34)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014032800140



  • 最終更新:2017-06-17 17:27:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード