2013年4月

秋篠宮さま、済生会総裁に就任
秋篠宮さまが1日、恩賜(おんし)財団済生会の総裁に就任したと、同会と宮内庁が同日発表した。
済生会は明治天皇からの資金をもとに1911年に創立され、全国79カ所の病院など医療福祉施設約370カ所を運営する。
総裁は皇族が務め、昨年6月に亡くなるまで寛仁さまが第5代総裁だった。
2013年4月1日18時55分
http:// www.asahi.com/national/update/0401/TKY201304010299.html

彬子さまが「御花神饌」ご奉献 京都・北野天満宮 
産経新聞 4月5日(金)8時57分配信
寛仁親王家の長女、彬子さまが4日、梅の名所で知られる北野天満宮(京都市上京区)を参拝し、
神前に供える皇室ゆかりの「御(お)花(はな)神(しん)饌(せん)」を奉献された。
御花神饌は元来、石清水八幡宮(京都府八幡市)の勅祭「石清水祭」で神前に奉納される和紙の造花。
昔ながらの製法に関心を持った彬子さまが、昨年8月、文化団体「心(しん)游(ゆう)舎(しゃ)」の活動として、
子供たち約50人とともに紅白の梅を製作されていたという。
心游舎は、子供たちに本物の日本文化に触れてもらおうと、昨年4月に発足。
彬子さまが発起人代表をお務めになっている。
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130405-00000510-san-soci

両陛下が長野を訪問へ 新しい形の私的旅行
宮内庁は5日、天皇、皇后両陛下が15日から1泊2日の日程で私的に長野県を訪問し、
千曲市のアンズの花の名所「あんずの里スケッチパーク」などを訪ねられると発表した。
これまで両陛下の私的な地方訪問は葉山(神奈川県)や那須(栃木県)などの御用邸を利用することが多かった。
今年80歳を迎える天皇陛下の負担軽減が課題となる中、宮内庁は美しい風景や名産品を見て回るという新しい形の私的旅行を検討していた。
昭和天皇も79歳だった1980年に香淳皇后と神奈川・箱根を1泊2日で訪れている。
私的旅行のため、今回は県知事や県警本部長は同行しない。
2013/04/05 19:32 【共同通信】
http:// www.47news.jp/CN/201304/CN2013040501002068.html

皇室ウイークリー(273)
2013.4.6 07:00
陛下は3日、歴代天皇・皇族の御霊がまつられる皇居・皇霊殿で神武天皇祭皇霊殿の儀に臨まれた。
神武天皇祭は初代天皇の神武天皇が崩御したとされる日に行われる祭典。
皇太子さまも拝礼され、秋篠宮ご夫妻、常陸宮妃華子さまも参列された。
77歳の常陸宮さまは、当日に天候不順や冷え込みが予想されたため、参列を見合わされた。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130406/imp13040607020001-n1.htm


天皇、皇后両陛下、メキシコ大統領と会見
毎日新聞 2013年04月08日 19時07分(最終更新 04月09日 07時52分)
天皇、皇后両陛下は8日、皇居・宮殿でメキシコのペニャニエト大統領夫妻と会見した。
宮内庁によると、天皇陛下は支倉常長(はせくらつねなが)率いる遣欧使節団が
江戸時代の1614年にメキシコに到達したことを引き合いに、
「400年の歴史を持つ両国関係がさらに深まることを希望します」と述べた。
会見後には、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻も加わり、両陛下主催の昼食会が開かれた。
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20130409k0000m040028000c.html

両陛下、歌舞伎座こけら落とし公演ご鑑賞に
2013.4.9 11:38
天皇、皇后両陛下は9日、新装開場した歌舞伎座(東京都中央区)でこけら落とし公演の第一部を鑑賞し、
人間国宝の坂田藤十郎さんらによる祝祭の舞踊「鶴寿千歳」などを楽しまれた。
宮内庁によると、陛下が即位後に歌舞伎座で歌舞伎を鑑賞されたのは、「歌舞伎400年」の公演が行われた
平成15年5月以来2回目。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130409/imp13040911390002-n1.htm

陛下、種もみまかれる
2013.4.9 21:23
天皇陛下は9日、皇居・生物学研究所脇の苗代に、稲の種もみ約4千粒をまかれた。
春の恒例行事で、秋に収穫される米は、11月の新嘗祭など皇室の祭事にも使われる。
ジャンパー姿の陛下は、しゃがんでざるに入ったうるち米「ニホンマサリ」と、もち米「マンゲツモチ」の種もみを丁寧にまかれた。
5月には、育った苗を皇居内の水田に植えられる。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130409/imp13040921250003-n1.htm

天皇皇后両陛下、54回目ご成婚記念日 夜はご家族でお祝いの夕食
(04/10 19:05)
天皇皇后両陛下は10日、54回目のご成婚記念日を迎えられた。
苦楽を共にしながら歩んだ54年の日々。
10日午後5時ごろ、東京・千代田区の国立公文書館を訪問された天皇皇后両陛下は、
明治天皇が署名した大日本帝国憲法など、明治時代の貴重な資料を熱心に見て回られた。
1959年4月10日、日本中が祝福ムードに沸いた世紀のご成婚パレード。
今から54年前の4月10日、ご夫婦となったお2人は、3人のお子様に恵まれ、温かな家庭を築きながら、多忙な公務を務める日々を過ごされてきた。
2009年、ご成婚から50年の金婚式を迎えられた際には、半世紀にわたる結婚生活を振り返り、陛下が感極まって、言葉を詰まらせる場面もあった。
天皇陛下は「結婚50年を本当に感謝の気持ちで迎えます。私ども2人を、50年間にわたって支えてくれた人々に、深く感謝の意を表します」と述べられた。
皇后陛下は「陛下が誠実で謙虚な方でいらっしゃり、また常に寛容でいらしたことが、
私がおそばで50年を過ごしてこられた、何よりの支えであったと思います」と述べられた。
ご夫婦で手を携え、苦楽を共にしながら歩んでこられた、54年の日々。
2013年12月、陛下は80歳、傘寿を迎えられる。
両陛下は10日夜、東宮御所で、皇太子ご一家や秋篠宮ご一家などとともに、ご家族水入らずでお祝いの夕食を囲まれるという。
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00243846.html

天皇、皇后両陛下が20年ぶりにダンス披露
読売新聞 4月12日(金)21時12分配信
天皇、皇后両陛下は12日夜、東京都港区のホテルオークラ東京で開かれた慈善晩さん会
「チェリー・ブロッサム・チャリティーボール」に出席、20年ぶりにダンスを披露された。
今年で創立60周年を迎えた国際福祉協会の主催。晩さん会で、天皇陛下は黒のタキシード、皇后さまは白いロングドレス姿で乾杯。
食事後、ワルツのメロディーに乗って軽やかにステップを踏み、出席者から大きな拍手を受けられた。
宮内庁によると、両陛下は1か月ほど前からお住まいの御所で、レコードを流してダンスの練習を重ねてこられたという。
同協会は、晩さん会の収益金などで国内外の福祉施設の援助を行っている。
最終更新:4月12日(金)21時12分
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130412-00001146-yom-soci

皇室ウイークリー(274)
2013.4.13 07:00
両陛下は10日、54回目の結婚記念日を迎えられた。夕方には赤坂御用地(東京都港区)を訪れ、
皇太子ご一家、留学中の眞子さま以外の秋篠宮ご一家、
長女の黒田清子さん夫妻とともに、皇太子ご一家がお住まいの東宮御所で夕食を取られた。
みなさんで料理を持ち寄られたという。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130413/imp13041307010001-n2.htm

皇太子さまと愛子さま、演奏会で初共演
2013年4月14日14時56分
皇太子ご夫妻の長女・愛子さま(11)は14日、東京・目白の学習院創立百周年記念会館で開かれた
「オール学習院大合同演奏会」に学習院初等科管弦楽部の一員として出演し、チェロを演奏した。
ご夫妻も客席から見守り、盛んに拍手を送っていた。
愛子さまはビゼー作曲の「アルルの女」を演奏。時折、楽しそうに笑みを浮かべていた。
演奏会の最後には、皇太子さまが所属する学習院OB管弦楽団と一緒に「威風堂々」など2曲を披露。
皇太子さまはビオラを演奏し、父子での初共演に会場がわきあがった。
療養が続く雅子さまは、最近は調子が良く、この日も約2時間の演奏会を
客席からすべて鑑賞。他の観客に積極的に話しかけるなどしていた。
演奏会後、ご夫妻は会館のある学習院目白キャンパス内で、盲導犬の体験コーナーに立ち寄った。
雅子さまは目に障害がある人たち一人ひとりに声をかけ、手をとって激励していた。
http:// www.asahi.com/national/update/0414/TKY201304140046.html

両陛下、私的な旅へ 宮内庁側近らが初めて企画
2013年4月15日12時22分
【島康彦】天皇、皇后両陛下は15日、新幹線臨時専用列車で長野県に向かった。
今回は「あんずの里スケッチパーク」(千曲市)でのアンズの花観賞を目的とした私的な旅行。
多忙な公務が続く両陛下にゆっくり静養してもらおうと、宮内庁の側近らが初めて企画した。
天皇陛下は昨年2月に心臓手術を受け、皇后さまは首の痛みを抱えるなど「満身創痍(そうい)」(宮内庁幹部)
で公務をこなしている。そこで、両陛下に全国各地にある季節ごとの風景や自然を楽しんでもらおうと、
側近らが旅行を提案。通常の地方訪問と比べ、今回は訪問先を減らし、同行者や警備も縮小している。
昭和天皇も天皇陛下と同じ79歳だった1980年に箱根に旅行。
その後、定期的に各地に私的にでかけるようになった。
両陛下は各地の名所などに関心を持っているといい、宮内庁は来年以降も続けたいとしている。
http:// www.asahi.com/national/update/0415/TKY201304150069.html

常陸宮さまの負担軽減=園遊会「お声掛け」で―宮内庁
時事通信 4月15日(月)17時34分配信
宮内庁の山本信一郎次長は15日の定例会見で、天皇陛下の弟の常陸宮さま(77)が
18日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれる春の園遊会で、招待客への「お声掛け」の際、
天皇、皇后両陛下らと一緒に回らず、会場内の別の場所で同妃華子さま(72)と共に招待客と歓談されると発表した。
常陸宮さまは昨年11月、77歳の誕生日を迎えた際に発表した文書で、速く歩くことが難しくなった」
と明かしており、会場には坂道や砂利道もあることから脚への負担を考慮し決めたという。
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013041500639

両陛下、あんずの里を散策=長野
天皇、皇后両陛下は15日午後、私的旅行のため、アンズの名所「あんずの里スケッチパーク」(長野県千曲市)を訪れ、園内を散策された。
両陛下は元アンズ農家竹内和正さん(81)とアンズの木を見て回り、接ぎ木による栽培方法などについて説明を受けた。
宮内庁によると、花はあいにく見頃を過ぎていたが、冷蔵庫で保存されていた満開のアンズの花を
園内の母屋で生産者から見せられ、「大変よく咲いている」と感想を述べたという。
その後、長野県立歴史館(同市)を訪れ、縄文時代から近現代までの展示物を見学した。
両陛下は16日まで同県に滞在する。
(2013/04/15-19:09)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013041500751

皇太子さま、スー・チー氏と面会
皇太子さまは16日午前、お住まいの東宮御所で、来日中のミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏と面会された。
宮内庁によると、皇太子さまは英オックスフォード大留学中の1985年に行われた夕食会で、
ゲストとして招かれたスー・チー氏と面会したことがあり、そのとき以来の再会。今回の来日に際し、
スー・チー氏から外務省を通じて面会希望があったという。(2013/04/16-12:04)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013041600390

紀子さまが母子愛育会の全国大会出席
2013年4月17日13時30分
秋篠宮妃紀子さまは17日、明治記念館(港区元赤坂)で開かれた恩賜(おんし)財団母子愛育会の「第45回愛育班員全国大会」に出席した。
「赤ちゃんから高齢者まで健康で安心して暮らせる町づくりをめざし、活動を担ってこられた関係者の取り組みに感謝します」とあいさつし、
地域で母子保健の改善に取り組んできた「愛育班員」に表彰状を渡した。
紀子さまは2010年10月から総裁を務める。
http:// www.asahi.com/national/update/0417/TKY201304170168.html

両陛下、山中教授らねぎらう=春の園遊会に2000人
時事通信 4月18日(木)14時55分配信
天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が18日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発で昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した
京都大教授の山中伸弥さん(50)ら約2000人が出席し、両陛下や皇族方が声を掛けて回られた。
天皇陛下から「本当に大きな業績を収められて」とねぎらわれた山中さんは、「一日も早く臨床応用を果たしたいと頑張っております」と緊張した様子。
宇宙飛行士の星出彰彦さん(44)が「国際宇宙ステーションでのミッションを無事に終えて戻って来ることができました」と笑顔を見せると、
陛下は「いろいろと成果があってよかったですね」と声を掛けた。
ヨットでの無寄港世界一周を達成した海洋冒険家の堀江謙一さん(74)は、
健康を気遣う陛下に、「ヨットに乗れば乗るほど体調はいいんです」と応じていた。
皇族方では皇太子さまや秋篠宮ご夫妻らが出席、雅子さまは欠席した。
常陸宮さまは脚への負担を考慮し、両陛下らと一緒に回らず、同妃華子さまと共に別の場所で懇談した。(2013/04/18-19:42)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013041800547

愛子さま、インフルエンザに
宮内庁の小町恭士東宮大夫は19日の定例記者会見で、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(11)がインフルエンザと診断され、
15日から学習院初等科を休まれていると明らかにした。
小町大夫によると、愛子さまは15日朝から発熱やのどの痛みなどの症状があり、16日にインフルエンザと診断された。
熱は一時39度台に達したが、現在は平熱に戻っているという。
愛子さまは2月にもインフルエンザで学校を休んでおり、今回かかったのは別の型とみられる。
(2013/04/19-18:05)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013041900815

皇太子さまがモーツァルトのオペラ「魔笛」鑑賞
皇太子さまは19日夜、東京都渋谷区の新国立劇場を訪れ、モーツァルト作曲のオペラ「魔笛」を鑑賞された。
客席に着くと、観客から拍手で迎えられ、歌声に聞き入った。
公演は全幕約3時間。皇太子さまはオペラ鑑賞が趣味で、2月にもワーグナーのオペラを鑑賞するなど年数回劇場に足を運んでいる。
2013年4月19日 19:30
http:// www.sponichi.co.jp/society/news/2013/04/19/kiji/K20130419005643110.html

皇室:愛子さまが登校
毎日新聞 2013年04月22日 11時59分
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(11)=学習院初等科6年=は22日、インフルエンザの症状が治まり、
3時間目から登校した。愛子さまは先週、一時は39度台の熱が出てインフルエンザと診断され、学校を休んでいた。
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20130422k0000e040143000c.html

天皇陛下、執筆書出版記念会に
天皇陛下は22日、自らも執筆に加わった魚類分類書「日本産魚類検索 全種の同定 第三版」(東海大学出版会)の出版記念会に出席された。
東京都千代田区の霞が関ビルで開かれた記念会には、共同執筆者ら45人が出席。
陛下は編者の中坊徹次・京都大総合博物館教授らと約1時間歓談した。
陛下は1993年の初版からこの本の「ハゼ亜目」の項を担当している。
(2013/04/22-20:19)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013042200841

<両陛下>ベルギー王女と夕食会
毎日新聞 2013年04月23日 20時25分(最終更新 04月23日 20時42分)
天皇、皇后両陛下は23日夜、皇居・御所にベルギーのアストリッド王女を招き、夕食会を開いた。
王女はマラリア対策の啓発活動のため来日中で、21日には皇居・東御苑を訪問。関係者によると、
この際、来園を知った両陛下が一般開放中の東御苑に駆けつけ、王女と会話を交わした。
当時御所に来ていた秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(6)も一緒だったという。
王女は23日午後には東宮御所(東京都港区)を訪問し、皇太子ご夫妻とも会見した。
【長谷川豊】
最終更新:4月23日(火)20時43分
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20130424k0000m040060000c.html

東宮御所で皇太子ご夫妻 ベルギー王女と懇談
皇太子ご夫妻は23日、東京・元赤坂にある住まいの東宮御所で、ベルギーのアストリッド王女と懇談された。
当初は皇太子さま単独の予定で、玄関での出迎えも皇太子さまだけだったが、
東宮御所内での面会の際は、急きょ雅子さまも加わったという。
天皇、皇后両陛下も同日夜、皇居・御所に王女を招き、夕食を共にした。
王女は国王アルベール2世の長女で、世界マラリアデーの啓発活動のため来日した。
2013年4月23日 19:26
http:// www.sponichi.co.jp/society/news/2013/04/23/kiji/K20130423005669420.html

「受賞励みに実用化へ」 レセプションで意見交換
2013.4.23 11:10
第22回「地球環境大賞」の授賞式後のレセプションには、受賞者に加え、経済界などから多数の関係者が出席した。
受賞者は環境問題への取り組みなどについて意見を交わし、交流を深めた。
会場では、秋篠宮ご夫妻を囲む形で受賞者の輪が広がり、今回の受賞の決め手となった技術などについて説明した。
竹中工務店の竹中統一会長は、模型を使って秋篠宮さまに耐火木造部材の性能を紹介。
竹中会長は「とても熱心に話を聞いてくださった。技術を森林再生に役立てたい」と改めて誓っていた。
味の素の伊藤雅俊社長は、海外の貧しい子供たちに栄養バランスの整った食事を助言する栄養指導の仕事について、
紀子さまに紹介した。紀子さまからは「子供の栄養はとても大切なこと」とのお言葉をいただいたという。
http:// sankei.jp.msn.com/politics/news/130423/plc13042315140019-n1.htm

皇后さま、首や肩に痛み=日本国際賞授賞式欠席へ-宮内庁
宮内庁は24日、皇后さまが首や肩の痛みを訴えたため、
同日午後に予定されている日本国際賞授賞式への参加を取りやめられると発表した。
同庁によると、皇后さまは18日に春の園遊会に出席したころから左首と肩、上腕にかけて痛みがあり、
次第に悪化したため20日から内服治療を始めた。21日に専門医から頸椎(けいつい)症性神経根症と診断され、
22日まで御所で治療を受けたが、その後も激しい痛みが続き、23日に宮内庁病院で追加治療を受けたという。
(2013/04/24-11:18)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013042400303

皇后さま、公務取りやめ 肩や腕の激しい痛み続く
2013.4.25 11:17 [皇室]
宮内庁は25日、皇后さまが頸椎(けいつい)症性神経根症で肩と腕に激しい痛みが続いているため、
同日予定していた駐日外国大使ご夫妻との午餐(ごさん)と皇居勤労奉仕団へのあいさつを取りやめられたと発表した。
同庁によると、左肩甲骨周囲と上腕の痛みが続いており、医師の意見を受け、取りやめられたという。
皇后さまは24日から一部の公務を控えられている。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130425/imp13042511180001-n1.htm

天皇陛下、「みどりの式典」に…皇后さまは欠席
読売新聞 4月26日(金)18時37分配信
天皇陛下は26日、東京都千代田区の憲政記念館で開かれた内閣府主催の「第7回みどりの式典」に出席された。
植物や自然保護の研究、緑化推進に功績のあった個人や団体が表彰され、陛下は受賞者とにこやかに懇談された。
頸椎(けいつい)症性神経根症の治療を受けている皇后さまは、肩や腕の激しい痛みがひかず、欠席された。
皇后さまは24日から公務の一部を取りやめられている。
最終更新:4月26日(金)18時37分
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00001117-yom-soci

政府が主権回復式典、首相が式辞…両陛下も出席
政府は28日午前、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効を踏まえて、
「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を、東京都千代田区の憲政記念館で開催した。
式典では安倍首相が、「本日をひとつの大切な節目とし、私たちがたどった足跡に思いを致しながら、
未来へ向かって、希望と決意を新たにする日にしたい」と式辞を述べたほか、衆参両院議長らがあいさつした。
天皇、皇后両陛下も出席された。
2013年4月28日11時58分 読売新聞
http:// www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130428-OYT1T00380.htm

桂宮さま、ご退院
2013.4.30 11:47
宮内庁は30日、熱のため東京大学医学部付属病院(東京都文京区)に入院していた桂宮さまが同日午前、退院し、お住まいの宮邸に戻られたと発表した。
宮内庁によると、熱も下がり、感染症などがないことも確認されたという。
桂宮さまは3月31日に入院されていた。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130430/imp13043011490004-n1.htm

常陸宮さま、上野の森美術館大賞の授賞式にご出席
常陸宮さまは4月30日、上野の森美術館大賞の授賞式に出席された。
上野の森美術館大賞は、若手の画家の育成のために作られた賞で、
常陸宮さまは到着すると、日枝 久日本美術協会会長らの出迎えを受け、館内へと入られた。
常陸宮さまは、館内で受賞作品を見て回られたあと、授賞式に出席された。
授賞式のあと、常陸宮さまはレセプションで、受賞者と楽しそうに歓談された。
(05/01 06:29)
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245149.html

  • 最終更新:2017-07-06 21:13:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード