2013年1月-6月雑誌記事

テーミス2013年1月号
皇太子殿下の公務にも影響する「雅子さま&愛子さま」情報巡る東宮職の苦悩
雅子妃誕生日「ご感想」は皇后陛下の文書の様式を思い起こさせるものの「似て非なるもの」。
雅子妃が予定より文書発表を遅らせて推敲を重ねている間に起った震度5弱の余震について、 結局何も触れられなかった。
「文書の中で『祈り』や『願い』といった言葉を使われ、被災地を気遣っている。
だが、昨年は一度も震災関連のご公務はされていない」
被災地訪問の日程も愛子様の付き添いが優先。進講を受けた回数も少なく、
「とくに原発の事故に関しては、報道で“予習”をすまされたのでは…という声も」
活動が伴わない言葉はすんなり心に響かない。
雅子妃誕生日のご挨拶が午後になったのは皇后陛下のご用と擦りあわせた結果だが、
午前早めの時間に設定することもできたはず。
12月12日「小さな小さな音楽会」を鑑賞した皇太子夫妻が学校を後にしたのとほぼ同時刻に、
皇宮警察音楽隊創設60周年記念演奏会が始まった。
「皇太子ご夫妻の言動は国民の一般的な感覚と乖離している。
国民との距離を縮めるの小町東宮大夫の舵取りにかかっている。」

テーミス2013年2月号
将来の皇室のあり方がなかなか定まらないなか、皇太子ご夫妻は相変わらず〝マイペース”
昨年末のクリスマスイブに池田礼子さん宅へ。新聞社や女性誌の記者は誰も来ておらず。
小和田家に近い関係者によると小和田夫妻はこの冬休みも帰国していた。
雅子妃と小和田家関係者との接触が目立つ。
雅子妃や愛子さまが行動するたびに東宮職や皇宮警察の職員が大量動員(関係者の話)

皇太子殿下の公務が少なすぎる…と皇室関係者から疑問の声
2013.02.06 07:00
心臓バイパス手術から約1年が経った1月27日、天皇陛下は東京大学医学部付属病院で検査をお受けになった。
術後の経過は万全とはいえ、手術前よりも忙しく公務を果たされている陛下に、ご心配も伴う。
宮内庁のHPによると、この1月に陛下が果たされたご公務は(1月24日現在)、新年祝賀の儀、新年一般参賀、
歌会始の儀や認証官任命式、ご進講など、なんと47件を数える。
「陛下は常に国民に笑顔をお見せになっていますが、実際はオーバーワークの厳しいスケジュールで、
お体は悲鳴をあげていらっしゃるはずです。それでも“国民のために”と公務の負担軽減などは望まれず、
まさに命を懸けて、その責務を全うなさっています。本当に頭が下がる思いでいっぱいです」(宮内庁関係者)
そんななか、気になる出来事があった。それは、1月18日に行われた東宮大夫の定例会見でのことである。
前出の宮内庁関係者が眉をひそめて言う。
「あるベテラン記者が語気を強めて“最近の(皇太子)殿下は、あまりにも公務が少なすぎるのでは?”、
さらに“働き盛りの年齢で、どうしてこんなにも公務が少ないのか?”と投げかけたそうです。
この指摘に対し、小町恭士東宮大夫は、“殿下は1月23日に行われる学習院女子大学での講義の準備で忙しい”などと必死に弁明していたといいます」
実際、皇太子さまの1月の公務(1月24日現在)は、昭和天皇祭皇霊殿の儀、講書始の儀、歌会始の儀、
勤労奉仕団へのご会釈など、わずかに14件で、日数にしても10日だ。陛下と比べると、3分の1にも満たないことになる。
「陛下が、ご体調が万全とはいえない状況のなかで、あれだけお務めになっているわけですから、
お元気な皇太子さまの公務が少ないことに疑問を感じたり、不満が出るのも当然かもしれません。
それに、“将来の天皇”となるお立ち場として、“あまりにも心もとない”という心配の声も上がっているようです」(前出・宮内庁関係者)
ちなみに秋篠宮さまは13日間で21件を数え、2月3日からはカンボジアを訪問される予定だ。
昨年10月に亡くなったカンボジアの和平に尽力し、国民から “独立の父”と呼ばれた
ノロドム・シアヌーク前国王の国葬に参列されるためで、2泊3日の強行日程で臨まれる。
この秋篠宮さまのご訪問をめぐっても、疑問の声が上がっているという。
「亡くなったのは国王なので、陛下が参列なさってもおかしくないのですが、やはり陛下はご高齢ということもあり、
秋篠宮さまが赴かれることになりました。
しかし、陛下がご無理とすれば、本来ならば皇太子さまが行かれるべきなのですが…」(皇室関係者)
しかも、前述した1月23日の学習院女子大学での講義はカンボジアがテーマ
(『アンコールワットと日本のつながり』)だったことから、“なおさら皇太子さまが…”という声がトーンを高くしているようだ。
※女性セブン2013年2月14日号
http:// www.news-postseven.com/archives/20130206_169395.html

文藝春秋2013年4月号
雅子妃殿下と愛子さま山中湖校外学習58万2430円
天皇皇后両陛下被災地ご訪問40万5010円

女性自身2013年4月23日号
<雅子さま負けないで!海外ご公務へのの思い曇らす“心なき中傷”>
「雅子さまにとって税金泥棒は心の傷になっている言葉です。
11年9月雅子様は愛子様の山中湖校外学習に付き添われました。登校問題のあった愛子様を心配され、
雅子様は学習院初等科児童と同じ「ホテルマウント富士」に宿泊されインペリアルスイートを利用されました。
しかし直後の東宮大夫を厳しく追及する宮内庁担当記者もおり『常識的に考えられない出費です。
税金泥棒との批判を受けるかもしれません』と語ったのです。
雅子様はご病気になられてからも国民の視線を常に気にかけていらっしゃいます。
この会見内容は雅子様も後にお知りになり、愕然とされたそうです」

愛子さま スケートの腕が落ちないようにローラーブレードで練習
2013.05.17 07:00
早朝から強い雨が降り続き、靄がかかった5月上旬の週末。
都心から車で30分ほどの距離にある区民スポーツ施設の玄関前には<本日貸し切り>という看板が立てられていた。
午前10時20分、白バイに先導されて、皇太子さまと愛子さまがこの施設に到着された。
ネイビーのワンピースに、ベージュのショルダーバッグを左肩にかけられた愛子さまは、皇太子さまに続いて施設の中へと入られた。
出迎えた人たちに、愛子さまは笑顔でご挨拶。背もかなり伸び、もう少しで皇太子さまを超えそうなほどに成長されている。
「この日、愛子さまはお友達10名ほどと1年ぶりにスケートを楽しまれました。
1時間ほど、リンクを所狭しと滑走されていたそうです。
愛子さまはフィギュアスケートをなさっていましたが、速さを競うスピードスケートもお好きなようで、
お友達と競争されていたみたいですよ。最近、スケートを楽しまれる機会があまりなかったため、
腕が落ちないようにと赤坂御用地内では、ローラーブレードで練習をされていたそうです」(宮内庁関係者)
この4月から6年生へと進級された愛子さま。小学校生活も残り1年を切られたが、
4月末には、物心がついてから、初めての体験をされた。
それは皇太子ご夫妻がオランダを公式訪問されたため、ひとりで“お留守番”をされたことだ。
2002年12月、皇太子ご夫妻はニュージーランド・オーストラリアを訪問されているが、
このとき、愛子さまはまだ赤ちゃんだったため、今回が実質、海を隔てての初めてのお留守番となった。
「愛子さまがお留守番の間、“おひとりで寂しいでしょう”ということで、
美智子さまはお手紙と花束を届けられたそうです。また同じ赤坂御用地内にお住まいの秋篠宮ご夫妻も
愛子さまを食事に招待されるなど、おやさしい心配りをされたようです」(前出・宮内庁関係者)
そんな周囲のサポートもあり、愛子さまはお留守番の間も、元気いっぱいなご様子で学校へ通われた。
※女性セブン2013年5月30日号
http:// www.news-postseven.com/archives/20130517_188490.html

女性セブン2013年6月20日号
6月1日、学習院初等科では「全校参観日」で授業参観が行われた。
この日、皇太子さまとご一緒に雅子さまは愛子さまの授業を見学された。
「愛子さまのクラスは国語と社会の授業だったんですが、社会では奈良時代の歴史を学ばれたんです。
修学旅行で行かれる場所のお勉強だったようですね」(学習院関係者)
授業参観を終えると、雅子さまは愛子さまの同級生のママ友と児童3組を極秘に東宮御所に招かれた。
「新学期が始まってからは、オランダご訪問などの準備でお忙しかったため、
雅子さまは修学旅行に関する父母会は、女官にお任せになり、すべて欠席されました。
そのため、今回、雅子さまはママ会を開いて、修学旅行に関する情報を直接お聞きになられたようです。」(宮内庁関係者)

週刊新潮2013年6月20日号
宮内庁は驚愕の方策を安倍内閣に提示
「雅子妃・皇后不適格」の断で早まる「悠仁天皇誕生への道」
20周年のご感想の中の「せっかくのご決意」、もはや遅きに失した感(政府関係者)
宮内庁にて、遠大な「プラン」が極秘裏に進められている。
皇室典範改正「天皇の退位すなわち譲位を可能とする。さらには、継承権のある皇族が即位自体を認める」というような案。
その目指すところ「次代はいったん皇太子さまに託し、ある時点でご退位頂き、
その後すみやかに皇位を秋篠宮家、それも悠仁さまについでいただくという心積もり。」
そのシナリオと無縁ではない‘皇太子夫妻のお振る舞い’。
お世継ぎを期待する陛下への「私の友人にそんなことを言う人はいません。」
香淳皇后の葬儀欠席、ご予定の行き当たりばったり、ドタキャン
お身内での会食などでもたびたび遅刻、欠席。

直近の宮城県ご訪問無期限延期
宮城県警関係者「6/7に宮内庁から警察庁通じて連絡入った」
「宮城県警では3月から『警衛警備対策室』を立ち上げて準備に入っていた」
延期扱いは雅子さまの体調が思わしくないから。
訪問1週間前に予定されていた早朝の警備訓練も中止。
「この一件、これまで散々繰り返されて来た直前キャンセルとは意味合いが大いに異なるのは言うまでもない。」
オランダ外遊との整合性指摘の上で、被災地では東宮家に対して、ネガティブな感情が芽生えるばかり(宮内庁幹部)
皇后さまは“諦観”の境地におありというのだ。
皇后さまは、すでに、周囲には「皇太子妃には将来、皇后の仕事はつとまらないでしょう」と漏らされています。(宮内庁幹部)
皇后さまの憂慮として、「皇后陛下は最近、皇太子殿下のイメージダウンを、とりわけ懸念なさっています」(侍従職関係者)
演奏会や、観劇での一般席の状況(拍手まばら、途中退席)を職員、皇宮警察から逐一お聞きになり、お嘆きに。
皇太子さまは雅子妃にご家庭でのイニシアチブを握られ、いわば引きずられる格好。
不安を近しい人に打ち明けられ、気に病んでおられる。
皇太子殿下には天皇にはなっていただくが、病気の雅子さまには皇后の重責が果たせないので、なるべく早く譲位していただく。
内閣官房にて、ひそかに検討が進められている。
頂上会談・・生前退位や悠仁さまへの譲位は、宮内庁と官邸だけの案件ではなく、天皇・皇后陛下の思し召し。
頂上会談でも話し合われ、納得されている話。
陛下は、もしもの時には、秋篠宮さまにも皇位継承があるやも知れぬとお考えになり、
自らの経験を語り、帝王学をさずけようというものだった。
しかし、秋篠宮さまだけだと変に勘繰られるので、皇太子さまにも同席いただくことにした。
皇太子さまは一宮家として、三人で平穏な生活を送りたいというご意向をお持ち。(宮内庁幹部)
秋篠宮さま・・過去の兄弟が争った暗闇の歴史が思い返されるので、兄健在なのに弟継承は避けたい。

週刊ポスト2013年6月28日号
宮内庁内でも議論噴出!「秋篠宮を摂政に」は是か非か
6月9日の結婚記念日、祝賀ムードとは裏腹な動き(宮内庁関係者)
将来、皇太子両殿下即位の際には雅子妃の公務軽減のために秋篠宮殿下に摂政に、との意見
オランダ帰国後の雅子妃を見ると病状回復は難しい、その一方で秋篠宮両殿下の公務に励まれる姿が存在感をましている。(皇室ジャーナリスト)
今考えられる最も現実的な選択肢(高崎経済大学八木秀次)
歴史上、天皇皇后が一緒に行動する必須はなかったが、香淳皇后も巡幸、
晩餐会に同席されていた、平成になってからはますます皇后陛下の存在感が増している。
両陛下揃ってのご公務スタイルが国民から支持されている(同上)
秋篠宮家が一宮家なら悠仁様にかけられる予算に限界がある。
祭祀の継承について、秋篠宮様が摂政ならば宮中祭祀に関わることができて、悠仁様への伝承がしやすくなる。」
「そのような検討は一切しておりません。」宮内庁
しかし雅子妃の健康を理由に摂政を置くには皇室典範の改正が必要(山下晋司)
天皇に心身の故障がないのに摂政をおくのは制度の目的に反する(國學院大原康夫)
摂政論が議論される背景には高齢の両陛下の健康不安。
佐々淳行氏「今すぐ秋篠宮様を摂政に」
東日本大震災の被災地訪問についても皇太子5回(含む単独2)、秋篠宮様13。
三者の頂上会談では重大なテーマについて話し合われているのではないか。
秋篠宮殿下はあくまで陰から支える姿勢を崩していないが周囲が期待していまうのは、
現在がきわめて異例の状態だから。

週刊新潮2013年6月27日号
「雅子さま」想定内のキャンセルに10秒絶句「陛下」の胸中
皇太子夫妻の公務ドタキャンはいつものことで想定内だったがこれを聞いた天皇陛下は10秒絶句された。
被災地訪問は5月の秋篠宮両殿下、7月上旬両陛下の被災地訪問予定に足並みをそろえた重要なものであったはずなのに。
皇太子夫妻が予定を変更するとグリーン車貸切の変更、自治体、警察への影響大。
復興途上の被災地を思えば度重なる延期はできるはずがない。 
16日、スペインから帰国した皇太子を迎えた雅子妃は元気そうだったのに。
陛下の絶句は怒りを表現しない帝王学のたまもの。湧き上がる怒りを打ち消されるのに必要な時間だったかもしれない。

体調不良を訴えた美智子皇后の送ったメッセージ
腰の変形による足の筋力の低下
お痛みが激しい日とそうでない日がある。
宮中祭祀はそうした体調の中、十二単が必須で、頸椎や腰への負担は相当なもの。
雅子妃入内以来の20年は皇后さまにとってご体調との戦いだった。
最近は正面からの声を聞き取りにくい、頭痛、眩暈も。階段の昇降には手すりが必要。
陛下が肩をお貸しになるときも。
それでも国民に見せないようになさっている。
体調の発表は皇太子夫妻、皇室の先細りの懸念への複眼的メッセージか。

侍従長と問題官僚で揉める官邸と宮内庁の軋轢の根本
川島侍従長後任の河相氏。
TPP交渉もうまく進められない、腹黒さから外務省の「レッサーパンダ」と。
擦り寄りに腐心。鈴木宗男→中川昭一→野田前総理と擦り寄って、次官ポストをゲット。
安倍総理は河相氏を厄介払いしたかったので、これは更迭人事。
宮内庁は「なぜそんな人物を押し付けるのか」
宮内庁と官邸の軋轢の根本は安倍首相の「宮内庁不信」
2008年麻生政権時、皇族の減少問題につき、旧皇族の皇籍復帰につき検討させたことがある。
宮内庁は「陛下が色よい返事ではない」と伝える
寛仁殿下を通じて陛下のご真意を確かめてもらったところ、麻生総理の陛下への内奏は伝わっていない。
つまり宮内庁が旧皇族の復帰を望んでいないことが分かった。
このころ、虚偽情報の発信がいくつかあった。
皇室への尊崇の念が人一倍強い安倍総理が強硬なのは宮内庁への不信感

悠仁親王即位で見えてきた紀子さま国母への気負い
行く先さえ覚束ない兄嫁とは対照的に紀子さまは皇后様のなさりようをお手本にするように、
とのお姿が両陛下との距離を縮めてきた。
皇后陛下から教わったことの中に「お気持ちをそのまま口にしない」
「秋篠宮妃がいてくれてよかった」というお言葉が両陛下からもれることがある。
秋篠宮殿下を、両陛下の信頼を得た妃殿下が巧みにコントロールしているように見える。
皇后様との共通点に頸椎の痛み。悠仁様の育児が原因と見られる。
3/24伊勢神宮へ向かう際には発車時刻10分前には乗り込まれ(東宮家は直前のこともある)
窓側に座った悠仁様にホームに向かって手を振るように指示された。

雅子さま、ご関心は臨海学校、愛子さま水着を撮らせない!
伝統の沼津海浜教育4泊5日、ハイライトは遠泳。
遠泳は保護者見学可、これまでほとんどの愛子さま学校行事に出席されたことから皇太子夫妻も見学するだろう。
宮内庁は報道陣完全シャッタウト予定。
須崎での水遊び、奈良修学旅行も取材設定なしで撮影されたから。
海保の巡視艇、手漕ぎボート(静岡県警)
雅子妃が来るなら、さらに警備体制が厳重に。
これはおっかけおばさん対策。
「公より私」への傾倒ぶりが雅子妃が皇后には不適格に行き当たる。
沼津での喧噪がこの憂慮を一層強めるに違いない。


週刊現代2013年6月29日号
疎まれ、遠ざけられ、変人扱いされ、潰される
雅子妃の人生「勉強が出来すぎる女性の不幸」
「小和田家は教育熱心、優美子さんは雅子さまをなんとしてでも雙葉に入れたくて
美智子さまを教えた先生を訪ね、『どうか娘を指導してください』と頼み込んだ。」渡辺みどり
しかし愛子さまの問題では「娘が心配だからと言って大勢のSPを引き連れて乗り込んでくる。
はっきり言って異様な光景。
周囲は迷惑なのだが雅子さまにはわからない。
広い視野でものを見ることができない人じゃないかと思います。」学習院関係者
もともと小和田家は敵か味方かで物事を考える。
外務省の考え方の通りだが分け隔てなく接するという皇室とは全く違う。
「東大を出るような女性は勉強ができたと言うことに終止しがちで世の中はそれだけでなく
様々な価値観で動いてると言うことを受け入れられない」香山リカ
雅子さまはいまだその中で立ち止まっているように見える。

皇后への道は前途多難? 不安視される雅子さまの皇室外交〈週刊朝日〉
6月26日(水)11時45分配信
皇太子ご夫妻に「天皇皇后」が務まるのか。そんな議論が吹き荒れている。外交官出身の雅子さま。
「いざ皇后になれば堪能な英語で皇室外交に取り組まれるのでは」と期待する国民は多い。どうだろうか。
ご病気のため「人前で食事をするのが特にご負担」という雅子さま。苦戦されているのが国内での接待だ。
最重要行事は、国賓が来日した際に開かれる宮中晩餐(ばんさん)会で雅子さまは欠席が続いている。
「一昨年、ブータン国王夫妻が来日した際の宮中晩餐会は、天皇陛下が入院中で両陛下は欠席。
皇太子さまが代役でホストを務めましたが、傍らに雅子さまの姿はなかった。
女主のいない宴はとても寂しいものでした」(宮内庁関係者)
だが、代役ではないが、強力な「助っ人」が登場した。今月初めに開かれた仏大統領を招いての宮中晩餐会では、
黒田清子さんが元皇族として初めて出席。男性誌で特集が組まれるほどアイドル的な人気を誇る
秋篠宮佳子さまも今後、「デビュー」する。
たとえ女性宮家が実現しなくても、清子さんを前例に、眞子さま、佳子さまら若い世代の女性皇族が、
ご結婚後も、晩餐会に出席して、華やぎを添えていくかもしれない。
外国訪問はどうか。「皇室外交は、あくまで親善外交。形式的なことを好まれない雅子さまが、
皇后になってもされるかは微妙」(精神科医の香山リカさん)。
海外の王室についての著作が多い評論家の八幡和郎さんは言う。
『あの国には行って、この国は行けない』というのは、相手国に対する非礼です。
外国で静養したければすればいいと思いますが、それを『公務だ』というのは間違いです」
思いのほか前途多難だ。
※週刊朝日 2013年7月5日号
http:// zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130626-00000005-sasahi-soci






  • 最終更新:2017-10-07 17:36:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード