2011年1月-2月

皇室ウイークリー(2011/1/1)(165)より一部
皇居のお餅つきに雅子さま、愛子さま 眞子さまと佳子さま「お誘い」の相手は?
敬宮愛子さまが秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと次女の佳子さまの間で談笑されている珍しいショットがあった。
側近によると、「この間にいらっしゃい」と、いとこにあたる眞子さま、佳子さまがお誘いになったのだという。
愛子さまが持ってこられたという自作の貝の標本と図鑑を、みなさまでご覧になっている場面も。
皇后さまが愛子さまに「持っていらっしゃい」と言ったためで、皇后さまはご自分でも、大事に持っておられた貝がらを持参されたという。
皇后さまが持参された貝の1つは、今年の干支のウサギのような、真っ白で大きな「ウミウサギガイ」。
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまがご自分や、秋篠宮さま、秋篠宮妃紀子さまの耳に貝をつけられているほほ笑ましいシーンもみられた。
菱葩が正月の御膳に並ぶのは、両陛下と皇太子ご一家だけだという。
側近によると、両陛下は、秋篠宮さまや長女の黒田清子さんにも
「子どものころに慣れ親しんだ正月の味を食べさせてあげたい」という気持ちで、
秋篠宮ご一家や黒田さん夫妻が正月に御所を訪れた際に、菱葩を振る舞われているという。
新年に先立つ12月28日、両陛下は皇居・御所で餅つきを催された。公表されない私的なご活動だが、
例年、両陛下はこの時期にご家族や宮内庁職員を交えて餅つきをされるという。
この日は皇太子ご一家と秋篠宮ご夫妻、悠仁さまが参加された。黒田清子さんも御所を訪問した。
午前10時50分ごろ、皇太子さまが一人で皇居にご到着。
その約1時間後に、皇太子妃雅子さまと愛子さまが車で半蔵門を通られた。
前日の27日にも、両陛下は皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、三笠宮さまなどの
皇族方を皇居・宮殿に招いて年末恒例の午餐(昼食会)を開き、歳末のあいさつを受けられた。黒田清子さんなども出席した。
事前の発表では雅子さまは欠席の予定だったが、当日朝に出席を決められた。
ご夫妻の車は予定より7分遅れで出発し、皇居・半蔵門に午前11時50分すぎご到着。
12月25日、皇居・宮中三殿の皇霊殿で、大正天皇例祭の儀が行われ、両陛下、皇太子さま、
秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻が拝礼された。高円宮妃久子さまと長女の承子さま、次女の典子さまは
多摩陵(東京都八王子市)で、大正天皇山陵例祭の儀に臨まれた。
秋篠宮さまは12月31日、皇居・神嘉殿前庭で大祓の儀に臨まれた。
佳子さまは29日に16歳の誕生日を迎え、同日、皇居・御所を訪れて両陛下に誕生日のあいさつをされた。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110110/imp11011020130021-n1.htm

皇室ウイークリー(166)
2011.1.8 07:00
(略)
また昭和天皇の崩御から22年となる7日、皇居・皇霊殿で昭和天皇祭皇霊殿の儀が行われ、
両陛下、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻、彬子さま、久子さまが拝礼された。
また常陸宮ご夫妻は東京都八王子市の武蔵野陵(むさしののみささぎ)で、
昭和天皇祭山陵に奉幣の儀に臨まれた。
秋篠宮ご夫妻は皇霊殿の儀に臨んだ後、武蔵野陵を訪れ参拝された。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110108/imp11010807020004-n1.htm

愛子さま、3学期初めて1人で歩いて下校
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(9)=学習院初等科3年=が18日、3学期になって初めて学校から1人で徒歩で帰宅した。
1人での下校は昨年7月23日の1学期の終業式以来。
登校時は車で雅子さまが付き添ったが、この日は授業終了後に父母会があったため、
雅子さまは愛子さまと別れ、同会に出席してから東宮御所に戻った。
野村一成・東宮大夫によると、愛子さまは11日の始業式は欠席したが、その後のホームルームには出席。
3学期も雅子さまが付き添い時間を区切っての通学が続いている。【真鍋光之】
毎日新聞 1月19日(水)2時26分配信
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110119-00000013-mai-soci

日本選手団代表、秋篠宮ご夫妻のご接見をいただく 
掲載日: 2011/01/19
2011年1月18日、全日本ろうあ連盟デフリンピック派遣委員会 石野富志三郎委員長、
日本選手団 山根昭治団長、
日本選手団 粟野達人総監督、及び原田上主将以下選手5名が、
秋篠宮邸にて秋篠宮同妃両殿下のご接見をいただきました。
代表選手たちは当初、緊張の面持ちでしたが、両殿下に大変温かくお迎えいただきました。
また手話で優しく話しかけていただき、感激のあまり涙ぐむ選手もいました。
代表選手たちは改めて気持ちを引き締め、必ずメダルを日本に持ち帰ることを両殿下の前で誓いました。
http:// www.jfd.or.jp/sports/17wd/news-20110119a.html

紀子さま 「手話狂言」を鑑賞
古典芸能の狂言を耳の不自由な人たちが手話を使って演じる「手話狂言」の公演が行われ、秋篠宮妃・紀子さまが鑑賞されました。
「手話狂言」は、独特の雰囲気を壊さないよう、伝統的な体の動きと手話の間の取り方などにも工夫しているほか、
狂言師が同時にセリフを読むため、手話がわからない人も楽しめます。
学生時代から手話を学んでいる紀子さまはこれまでも公演に足を運んでいて、22日も熱心に鑑賞されていました。(22日15:37)
http:// news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4631654.html

秋篠宮ご夫妻「幻の鳥」に遭遇
中米コスタリカを公式訪問した秋篠宮ご夫妻は30日(日本時間31日)、
首都サンホセ発の航空機で同国を離れ、経由地の米ニューヨークに到着された。
2月1日、成田着の便で帰国する。
随行員によると、ご夫妻はエコツアーの観光地として有名なコスタリカの
モンテベルデ生物保護区を29日に散策した際、緑や赤の鮮やかな羽を持ち
「幻の鳥」「世界一美しい鳥」と呼ばれるケツァールに遭遇した。
尾が長く、中米の山岳地帯に生息する貴重な種。
木に止まったり、羽ばたいたりする様子をカメラに収めたという。(共同)
[ 2011年1月31日 11:30 ]
http:// www.sponichi.co.jp/society/news/2011/01/31/kiji/K20110131000157760.html

天皇陛下、心臓の再検査で入院へ
TBS系(JNN) 2月9日(水)17時24分配信
宮内庁によりますと、陛下は先月22日、東京・文京区の東京大学医学部附属病院で定例の健康診断を受けられました。
その際、心臓の機能の検査で自転車をこぐなど、ある程度以上の運動負荷がかかると、
心臓に血液が十分いかない『心虚血状態』になることが分かりました。
専門医による検討の結果、陛下は11日から東京大学医学部附属病院に
1泊2日の泊りがけで検査入院し、『冠動脈造影検査』を受けられる予定です。
検査には皇后さまも付き添われる予定ですが、検査結果を受けて今後の治療方針を決めるということです。
9日、陛下はウズベキスタンの大統領夫妻との会見と昼食会に出席し、通常通り公務をこなされました。
また、毎週末には運動をかねて皇后さまと一緒にテニスを楽しまれていますが、
現在のところ陛下は自覚症状などもなく、日常生活で『心虚血状態』による異常も無かったということです。
宮内庁では検査終了後に、改めて検査結果と今後の治療方針を発表することにしています。
最終更新:2月9日(水)17時24分
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110209-00000049-jnn-soci

皇室ウイークリー(171)
2011.2.12 07:00
皇太子ご一家は5日、東京・銀座のデパート「松屋銀座」で、敬宮愛子さまが通う学習院初等科など、
東京都内の私立小26校の児童の作品が出品されている「第26回東京私立小学校児童作品展」をご覧になった。
ご一家は昨年2月にも同じ作品展を訪問されている。
宮内庁東宮職によると、学習院初等科の作品の統一テーマは「おばけ」。
愛子さまが通われる3年生の作品は「やおやのおばけ」がテーマで、各児童が粘土で野菜やきのこのおばけを作った。
愛子さまはご自身の作品を丁寧に説明し、ご夫妻も熱心に聞かれたという。
普段、通学の際に愛子さまと付き添いの雅子さまは、途中の授業に間に合うよう通学されることがほとんどだが、
この日は開店前に到着するよう、午前8時50分にお住まいの東宮御所を出発された。
デパートでの滞在は約1時間40分に及び、出発されたのは開店時刻を大きく回った
10時45分ごろ。滞在時間が延びた理由は「楽しまれたから」(野村東宮大夫)とのことだった。
愛子さまは週明けの7、8日には体調不良で学校を欠席された。
インフルエンザではなく、9日には通学されたという。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110212/

<愛子さま>学校への不安和らぐ 在校時間延び、徒歩帰宅も
毎日新聞 2月20日(日)20時41分配信
皇太子ご夫妻の長女で学習院初等科3年の愛子さま(9)が、欠席が重なるなどしてから
間もなく1年になる。母親の雅子さまが付き添い、時間を区切っての通学が続いているが、授業を受ける時間は長くなっている。
昨年に比べて学校生活に対する愛子さまの不安感は、徐々に薄らいでいるようだ。
愛子さまが学校を続けて休むようになったのは昨年2月22日からだった。
野村一成・東宮大夫は、当初は「風邪の症状」としていたが、3月5日、「乱暴な男子児童が複数おり、
通学に強い不安感をお持ちだ」などと発表。学習院側は「乱暴はない」と説明した。
3年生進級後は、雅子さまが車で登下校に付き添い、授業も参観する毎日となった。
1学期は昼食を取らずに下校することが多かったが、2学期からは、在校時間や徒歩での
下校が増え、11月には、同級生とは別の車だったが、神奈川県での校外学習にも参加した。
3学期は、6時限目の最後まで学校にいることが多く、3日に1回程度、徒歩で帰宅している。
1月18日は雅子さまが父母会に出席したこともあり、付き添いなしで歩いて帰宅。
今月18日の参観日には皇太子さまも学校を訪れ、元気に合唱する姿を見守った。
ただ、いまだに1時間目から授業を受ける日はなく、給食も食堂で友達と一緒に取らず、
雅子さまと一緒に教室に残って弁当を食べるなどしている。
法政大の尾木直樹教授(臨床教育学)は「皇室という特別な環境。不登校などの児童への
対処としては、一般のケースが適用できない。過去に例がない試みをしているようなものだ」と指摘する。
学習院の東園基政常務理事は「宮内庁と話し合って対応してきた。早く通常の通学に戻れるように努力していく」と話した。

■愛子さまのこの1年の登校状況■
<2010年>
2月22日 欠席(~3月1日。2月25日は出席)
3月5日 宮内庁が「通学に強い不安感がある」と発表
4月9日 始業式。ホームルームは出席し、式は欠席
7月23日 ホームルームは出席し、終業式は欠席。
3年生進級後初めて付き添いなしで歩いて帰宅
8月4  ~8日 須崎御用邸(静岡県)で静養。海水浴を体験
10月11日 初等科の運動会。フォークダンスにも参加
12月1日 9歳の誕生日
<2011年>
1月11日 3学期始業式。ホームルームは出席し、式は欠席
  18日 前年7月以来久しぶりに付き添いなしで歩いて帰宅
最終更新:2月20日(日)20時41分
https:// news.yahoo.co.jp/pickup/3653216

皇太子さま、御所を訪問 誕生日で両陛下にあいさつ 
東京新聞 2011年2月23日 19時57分
皇太子さまは51歳の誕生日を迎えた23日、皇居・御所を訪れ、天皇皇后両陛下にあいさつをされた。
東京・元赤坂の東宮御所では皇族や宮内庁職員から祝賀を受けた。
雅子さまも祝賀を受ける予定だったが、体調不良のため取りやめた。
夜には両陛下が東宮御所を訪れ、夕食を共にした。(共同)
http:// www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011022301000757.html


皇室ウイークリー(173)
「ご治療に悪影響」記者質問に東宮大夫が“注文” 放駒理事長皇居へ、八百長問題わびる
2011.2.26 07:00
皇太子さまは23日に51歳の誕生日を迎えられた。
皇太子さまは当日、朝の参内(皇居ご訪問)後に東宮御所に戻られた。皇族方による
皇太子ご夫妻への祝賀、宮内庁幹部らによる皇太子さまと雅子さまお一人ずつへの祝賀などの
行事が予定されていたが、雅子さまはいずれも欠席された。「ご体調」が理由という。
午後7時前には天皇、皇后両陛下が赤坂御用地を訪問された。東宮御所での誕生日恒例の食事会で、
雅子さまの親族も集まり、この会には雅子さまも出席された。ご家族で和やかなひとときを
過ごされたようだ。さらに昨年2月の東宮職医師団見解における「患者さんが治療に
取り組み、それが実を結びつつあるときには、できていないことではなく、小さなことでも
できたこと、あるいは努力していることが認めてもらえるような、安心できる温かい環境が
不可欠です」という部分を引用し、報道関係者に「一層のご理解とご配慮を頂けますよう
改めてお願いしたいと思います」と付け加えられた。
特に「できていないことではなく…」というお気持ちが強かったのか、25日に行われた
宮内庁の野村一成東宮大夫の定例会見でも、この点が強調された。
野村東宮大夫は、誕生日会見での記者会側の質問にある「この1年も、雅子さまは
地方行啓など外出を伴った公務にほとんど出席できない状態が続いている」
「日々の公務への出席機会が少ない現状について」といった表現を取り上げ、「全体のトーンが
東宮職医師団が懸念しているような妃殿下の治療にとり悪い影響を与えかねないもので
あったと危惧します」と指摘。
「今後、質問における問題提議の仕方において、妃殿下のご治療へのあり得べき影響という
観点から配慮をお願いしたい」と念を押した。
野村東宮大夫はまた、「女性自身」3月8日号に掲載された
「皇太子さま苦悶(くもん)…美智子さまキャンセルされた『ご一家“融和”音楽会』」と
題する記事について、「1月に予定されていた皇后陛下と(皇太子)殿下の演奏会が皇后陛下の
ご都合によりキャンセルされたと報じられているが、これは事実関係の明らかな間違い」と指摘し、
発行元の光文社に25日付で訂正を求める文書をFAXしたことを明らかにした。
野村東宮大夫によると、皇后さまと、皇太子さまが楽団長を務める「梓室内管弦楽団」との
演奏会は、近々行われ、日程も確定しているといい「一度決まった日程がキャンセルに
なったことはない」と強調。野村東宮大夫は「皇后陛下に対して大変失礼なこと」と不快感を示した。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110226/imp11022607010001-n1.htm

皇太子さまがインフルエンザに感染
2011.2.27 22:45
宮内庁東宮職は27日、皇太子さまが季節性のインフルエンザに感染されたと発表した。
28日に予定していた東京国立博物館での展覧会の視察は取りやめられる。
皇太子妃雅子さま、敬宮愛子さまには症状が出ていらっしゃらない。
東宮職によると、皇太子さまは27日午前、のどの痛みやせきなど風邪の症状を訴えられた。
夕方に38度の高熱が出たため、侍医が診察したところ、インフルエンザB型と分かったという。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110227/imp11022722460000-n1.htm

  • 最終更新:2018-11-01 11:09:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード