2010年菅談話

内閣総理大臣談話
平成二十二年八月十日
本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。
三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、
当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。
私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、
自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、
与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。
この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。
このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。
また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。
さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、
日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。
日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。
さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。
また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。
日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。
それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、
そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、
幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。
私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、
両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。
http:// www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201008/10danwa.html


日韓併合100年:「引き渡す」と「返還する」の違いとは
日本の菅直人首相は、10日に発表した談話で、「文化財をお渡ししたい」という表現を用いた。
だが、韓国政府がこの日発表した談話の翻訳文には、「お渡ししたい」ではなく「返還する」と記されていた。
これについて、外交関係の消息筋は「日本政府が非公式に韓国政府へ提供した翻訳文には、『返還』と書かれていた」と語った。
日本が自国民に対しては「引き渡す」、韓国には「返還する」という用語を用いたのは、その意味が違うためだ。
日本が違法な手段で持ち出したのであれば、これを「返還」しなければならない。
一方、「引き渡す」という表現には、そのような意味はない。
日本が国内向けに「引き渡す」という表現を用いたのは、文化財の違法な略奪に関する論争を避ける狙いがあるというわけだ。
鄭佑相(チョン・ウサン)記者
2010/08/11 08:45:52
http:// www.chosunonline.com/news/20100811000016


韓国側、文化財4千点余りの返還要求
韓国併合100年を巡り、10日に発表された菅総理談話には、韓国への文化財の「引き渡し」が盛り込まれましたが、
日本側は返還可能な文化財を1000点余りと試算、一方、韓国側は4000点余りの返還を求めていることがJNNの取材で明らかになりました。
韓国への文化財の「引き渡し」を巡っては、今年2月の日韓外相会談で韓国側が返還を求めてから、両政府で非公式折衝が重ねられてきました。
この中で韓国側は、日本の統治下で韓国から日本に持ち込まれた「返還されるべき文化財は4000点以上に上る」と主張していたことが、
JNNの取材で明らかになりました。
これに対し日本側は、返還できる文化財は、宮内庁が保管する600点余りの書籍など1000点余りと試算しており、両者の主張は大きく隔たっています。(11日17:18)
http:// www.mbs.jp/news/jnn_4499332_zen.shtml


韓国引き渡し図書の選別、件数は「相当数」 宮内庁長官会見
2010.8.12 21:32
宮内庁の羽毛田信吾長官は12日の定例記者会見で、李氏朝鮮時代の儀典書「朝鮮王室儀軌(ぎき)」以外に、
韓国への引き渡し対象になる可能性がある朝鮮半島由来の図書の選別作業を行っていることを明らかにした。
羽毛田長官は「どのようなものが貴重な図書に当たるのか精査が必要」としたが、具体的に浮上している図書名には言及しなかった。
件数の見通しについても「現段階では相当数としか申し上げられない」と述べ、「外務省と協議しながら具体的な対応を詰めたい」とした。
また、首相談話が発表される前に、儀軌をめぐる状況を両陛下に説明していたことを明かした。
首相談話についてのご感想などは、両陛下から特に聞いていないとした。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110126/imp11012613530013-n1.htm




  • 最終更新:2017-10-22 09:06:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード