2008年5月-8月

天皇皇后両陛下のご日程

皇太子ご夫妻

秋篠宮ご一家


5月3日

悠仁さま、大型犬にニッコリ=秋篠宮ご一家、静養先で散策-長野
秋篠宮ご一家は静養のため長野県軽井沢町を訪れ、3日午前、宿泊先のホテルの敷地内をそろって散策された。
紺のパーカー姿で、紀子さまに抱かれていた悠仁さまは、ホテルで飼っている大型犬を見つけると、驚いた様子で声を上げた。
しかし、紀子さまが犬のそばに悠仁さまを下ろすと、すぐに興味を持った様子で笑顔を浮かべ、
1メートル余りある犬の背をなでたり、指さしたりしていた。
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008050300133
080501.jpg

5月5日
悠仁さま、端午の節句 両陛下と夕食
2008年05月05日22時09分
こどもの日の5日、秋篠宮ご一家は長男悠仁さまを連れて御所を訪れ、天皇、皇后両陛下と夕食を共にした。
1歳8カ月の悠仁さまは日頃、自宅庭で元気に遊んでいる。
動物好きで、紀子さまと皇居に馬を見に訪れたり、犬の写真を見て「わんわん」と言って喜んだりしているという。
一方、皇居・吹上御苑ではこの日、子ども向けの自然観察会が開かれた。公募で選ばれた小学校4~6年の約90人が参加。
専門家の指導を受けながら、網で昆虫を捕ったり、折れた巨木の幹をのぞき込んだりして楽しんだ。
http:// www.asahi.com/national/update/0505/TKY200805050179.html

5月7日
中国の胡錦濤国家主席を歓迎する宮中晩餐(ばんさん)会
両陛下、皇太子、秋篠宮両殿下ら皇族方がご出席

日本側の男性出席者の服装はタキシードだったが、中国側はダークスーツを着用。

5月8日
全国赤十字大会
皇后陛下、秋篠宮妃紀子様、常陸宮妃華子様、高円宮妃久子様 ご出席

5月11日
皇居で粟の種まき
秋篠宮御一家と、皇太子一家も参加。
種まきの後、両陛下と夕食をご一緒された。

5月13日
秋篠宮殿下、富山県をご訪問
日本動物園水族館協会の協議会に出席
知的障害児通園施設「恵光学園」を視察
14日にはライトレールにご乗車
お土産にライトレールの模型を買われたという。

5月14日
天皇陛下が田植え 皇居内の水田で100株
天皇陛下は14日午後、皇居内の水田で、毎年恒例の田植えを行った。
茶色のジャンパーと長靴姿で、うるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチの苗計100株を
1株ずつ丁寧に植えた。
秋に収穫された米は、皇居で開かれる新嘗祭(にいなめさい)などで使われる。

5月19日
愛子さま遠足
080502.jpg

5月21日

秋篠宮ご夫妻 名市大病院視察
秋篠宮ご夫妻は21日、名古屋市瑞穂区にある名古屋市立大学病院を訪問され、名古屋市の松原市長らの出迎えを受けました。
そして、病院の関係者から説明を受けながら、小児科病棟の食堂にある遊び場をご覧になられました。
ブロックや絵本が置かれた遊び場には、入院している子どもとその親など約20人が集まり、
秋篠宮ご夫妻は、子どもたち1人1人に「こんにちは。早く良くなってください」などと、 にこやかに話しかけられていました。
秋篠宮ご夫妻は、この後、熱田区の名古屋国際会議場で開かれているアジア・オセアニア地域の産科の医師らが、
妊娠後期から新生児の医療について話し合う周産期学会に出席されました。
http:// www.nhk.or.jp/nagoya/lnews/06.html

5月22日

両陛下、認定こども園ご訪問 園児らと“買い物ごっこ”
2008.5.22 12:45
天皇、皇后両陛下は22日、横浜市都筑区にある私立の認定こども園「ゆうゆうのもり幼保園」(園児数214人)を訪問、
子どもたちと交流し、職員らを励まされた。
認定こども園は、幼稚園と保育所の機能を一体化させ平成18年に導入された制度。
この幼保園は制度導入前から両機能を併せ持った施設として運営し制度導入後、横浜市内で初めて県からこども園として認定された。
お店ごっこ遊びの部屋で両陛下は、「いらっしゃいませ」と元気な声を上げる子供たちの中に腰をかがめて入り、
笑顔で話し掛けながら、色紙やストローなどで作った指輪やお菓子などを両手いっぱいに“お買い物”をされた。
両陛下は毎年、こどもの日前後に子供関連の施設を訪れられている。
http:// sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080522/imp0805221250000-n1.htm

5月23日
皇太子さまが笠取山登山 水源林など研究視察
皇太子さまは二十二日、水に関する研究視察を兼ね、山梨県の笠取山(一、九五三メートル)に登られた。
コースは登山口となる甲州市塩山一之瀬高橋の作場平口から一休坂、笠取小屋、分水嶺(れい)を経て、笠取山山頂に至る約八キロ。
チェック柄のシャツに紺のズボン姿の皇太子さまは午前九時十五分から登り始め、
約六時間半かけて歩き、新緑が芽吹き始めた木々の景色を楽しまれた。
登山道を案内した県観光部の安富芳森主幹に「登山道がよく整備されていますね」「野鳥のさえずりがにぎやかですね」などと話された。
笠取山には、東京の水道用水を支える多摩川の主な水源があり、一帯の森林は東京都水道局が管理している。
水源林は約二万二千ヘクタールに及ぶ。皇太子さまは富士川、荒川、多摩川の三水系を分ける山頂近くの分水嶺に立ち
「皆さんの努力で、水源林がいい状態で保存されていることが印象に残りました」と話し、分水嶺石標を三方向から写真撮影された。
皇太子さまが県内の山を登られるのは、二○○五年九月の八ケ岳編笠山(二、五二四メートル)以来。
【山梨日日新聞社 5月23日掲載】

皇太子さま 水源林視察
(一部抜粋)
22日は、穏やかな晴天に恵まれて、周辺の見晴らしも良く、
皇太子さまは「どんな木が植えられているんですか」などと担当者に質問されていました。
http:// www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/06.html

5月26日
雅子さまスペイン訪問断念 体調考慮、宮内庁が発表
7月に予定されている皇太子さまのスペイン公式訪問への同行が検討されていた雅子さまについて、
宮内庁東宮職は26日、同行を断念し、皇太子さま1人で訪問される、と発表した。
体調などを考慮して決めたという。
日本人移住100周年による6月16日からのブラジル公式訪問も、皇太子さまが単独で行くことが 既に決まっている。
http:// sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080526/imp0805261635001-n1.htm


5月28日
皇太子さま、トンガへ=国王戴冠式に出席
(時事通信)
宮内庁は28日、皇太子さまが南太平洋の島国トンガのジョージ・ツポウ5世国王の戴冠式に出席するため、
7月下旬から8月上旬にかけて同国を訪れると発表した。期間は1週間以内で、オーストラリアを経由する。
昨年12月、ツポウ5世が来日した際、皇太子さまと面会し、出席を要請していた。
雅子さまのへ出席要請はなく、同行しない。 
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000096-jij-soci

5月30日
(中日新聞)
秋篠宮殿下愛知県をご訪問、愛瓢会大会出席 保育園も訪問  
今大会で秋篠宮賞を受賞した東浦町の森保雄さん(70)は、
秋篠宮さまに「おめでとうございます」と言われ 「お褒めいただき、励みになった」と笑顔。
説明した大会実行委員長の杉浦清三さん(73)は
「海外に大きくなるヒョウタンがあることなど、知識が豊富。庶民的に話してくださった」と感無量だった。
大府市の若宮保育園では、同園と米田保育園の年長児32人が、
愛瓢会の用意したマラカス形のヒョウタンにシールを張って仕上げ、アニメの歌を演奏した。
秋篠宮さまは子どもたちに「何歳?」「この模様は何?」などと優しく尋ね
「私の一番下の子もこれぐらいの年齢になるとできるのかな」と“パパの顔”に。 
ミッキーマウスの模様を見せた浅井奏翔くんは 「ディズニーランドは行ったことないんだって」と、楽しそうに話していた。
大府市役所ロビーでは、秋篠宮さまはヒョウタンの透かし彫りの実演を見学。
ヒョウタン作りで範士十段の腕前の近田積(せき)さん(77)が
胴回り1メートルのヒョウタンに細かいひし形の穴を専用カッターで開ける様子を、
顔を近づけてじっくり見ては何度も言葉を掛けた。
近田さんは「ずっといらっしゃったのでびっくり。曲面にどうやって線を引くのかや刃の入れ方など、
細かい点を質問された。自分でお作りになるのかと思うぐらいでした」と笑顔で振り返った。
http:// www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080530/CK2008053002013533.html

アフリカ各国首脳ら、皇居で茶会
配信:08/05/30 18:54
横浜で開かれていたTICAD=第4回アフリカ開発会議に出席した各国の首脳が、皇居での茶会に出席しました。 
皇居・宮殿に大型バス6台を連ねてやってきたのは、ガーナやセネガルなどアフリカ開発会議に出席したおよそ30か国の国王や
大統領などの首脳やその夫人です。
春秋の間で開かれた 天皇・皇后両陛下主催の茶会。
午後3時半過ぎ、両陛下をはじめ皇太子さま、秋篠宮ご夫妻らが到着し、全員とにこやかに握手を交わしました。
続いて、天皇陛下がアフリカ開発会議が無事に閉幕したことについて、
「この会議が、アフリカ諸国民の幸せに寄与する意義深いものとなったと、期待しております」と乾杯のあいさつをされました。
出席者の中には、民族衣装に身を包んだ首脳や夫人も見受けられ、お酒やジュースなどを手に両陛下らとおよそ40分間にわたり和やかに懇談しました。
(30日16:44)
http:// tuf.co.jp/i/news/mori/Auto/200805301854232.htm


天皇皇后両陛下 秋田植樹祭で被災者にお見舞いの言葉
天皇陛下は6月15日、秋田県北秋田市で開かれた第59回全国植樹祭のあいさつで6月14日発生の岩手・宮城内陸地震に触れ、
「行方不明になった人々が速やかに救出されるよう念じており、
また、亡くなった人々の遺族や災害を受けた人々の悲しみや苦労に深く思いを致しております」などと述べられた。
また、宮内庁を通じて犠牲者が出た岩手、宮城、福島県知事に対してお見舞いの言葉をお伝えになった。
県立「北欧の杜(もり)公園」で開かれた式典には、約1万1500人が出席。
天皇、皇后両陛下はブナやミズキなど3種類の苗木をお植えになったり、種をお蒔きになった。
http:// www.takamitu3.co.jp/news/2008/06.17.html

6月16日~6月27日

7月2日

皇太子ご夫妻、アボリジニ作品展をご鑑賞
2008.7.2 19:07
皇太子ご夫妻は2日、国立新美術館(東京都港区)を訪れ、「エミリー・ウングワレー展-アボリジニが生んだ天才画家-」を鑑賞された。
当初は皇太子さまだけのご出席を予定していたが、体調が良かったこともあり、雅子さまもごらんになった。
ご夫妻は午後6時過ぎ、車で美術館に到着し、前の東宮大夫だった林田英樹館長らからあいさつを受けられた。
同展はオーストラリアの先住民を代表する画家が残した独創的な抽象画など約120点を展示。
ご夫妻は関係者の説明に対し、しきりにうなずきながら、作品を興味深そうに見て回られた。
また、雅子さまが絵を描くようなしぐさをしながら、壁一面に展示された絵に近づかれる場面もあった。
http:// sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080702/imp0807021906001-n1.htm

7月10日
秋篠宮両殿下
東京国際ブックフェア2008御視察
7月14日
紀子様妃殿下
日本学術振興会懇談会

7月16日~23日

7月17日
秋篠宮両殿下
栃木県御訪問「第44回献血運動推進全国大会」
7月18日~19日
秋篠宮両殿下
青森県御訪問「第42回全日本高等学校馬術競技大会」

7月20日~22日
秋篠宮両殿下
宮城県、岩手県御訪問 被災地お見舞い、海フェスタ岩手

秋篠宮ご夫妻、特養など視察 /青森
十和田市で19日に開かれる「第42回全日本高校馬術競技大会」に出席するため
秋篠宮ご夫妻が18日来県し、市内の特別養護老人ホーム「八甲荘」(長嶺勝治施設長)
などを視察した。来県は05年以来5回目。八甲荘では、生け花などに取り組む入所者らと交流した。
講師の菅原房子さん(67)が「紀子さまの優しいイメージで選んだ」というトルコキキョウなどを手にした入所者に、
ご夫妻は「どんなお花が好きですか」「何の花を生けましたか」と語りかけていた。
ご夫妻は十和田市現代美術館も視察した。
ご夫妻と話した八甲荘の小笠原りよさん(89)は「(お二人は)笑顔が絶えないの。
お会いできて最高だね」と感激していた。
【喜浦遊】 毎日新聞 2008年7月19日 地方版
http:// mainichi.jp/area/aomori/news/20080719ddlk02040014000c.html

秋篠宮ご夫妻、宮城と岩手を訪問 被災者を激励
7月20日(日) 19時52分配信 朝日新聞
秋篠宮ご夫妻は20日、岩手・宮城内陸地震の被災者を見舞うため、両県を訪れた。
宮城県栗原市では、避難所の「みちのく伝創館」を訪問。
現在も同所で寝泊まりする被災者や付近住民ら約130人が集まったが、
ご夫妻は二手に分かれて全員を回り、「暑い日が続きますが体調を崩さないように」
などと一人一人を激励した。 
今も孤立する耕英地区の熊谷早百合さん(33)は息子の礼君(3)と参加。
仮設住宅での生活が続くが、紀子さまから「お母さんが守って頑張ってください」と声をかけられ、
感激した様子だった。自宅が半壊したという男性(77)は
秋篠宮さまに「大変だったんでしょうね」と話しかけられ、「励みになります」と話していた。 
その後、ご夫妻はバスで岩手県一関市に移動。被害状況の説明を聞いた後、避難所で住民をいたわった。
http:// www.asahi.com/special/08006/TKY200807200185.html


7月23日

ニッケイ新聞 
2008年8月5日
ふれあい日本の旅=日本に親しんだ1カ月=日本語セ=秋篠宮家とご接見も=「日伯つなぐ存在に」
ブラジル日本語センター(谷広海理事長)が主催する「ふれあい日本の旅」が先月実施された。
二年ぶり、百周年を記念した今回の旅には四十三人の日本語学習者が参加し、
約一カ月間、日本各地を訪れた。団長をつとめた日下野良武さん(同センター副理事長)は訪日を振り返り、
「今回参加した子供たちが、将来の日伯をつなぐ役割を果たしてくれれば」と期待を表した。
「ふれあい日本の旅」は、十五歳前後の日本語学習者に対して日本を体験してもらうことを目的に実施されており、今回が二回目。
四十三人の子供たちは六月三十日から七月二十四日までの約一カ月間日本に滞在し、様々な体験をした。
今回の旅では、関東、中部、関西、中国、九州など日本各地を訪問。熊本や名古屋などでは、
関係者の家でホームステイも行ない、日本の文化、生活に親しんだ。
また、神戸の旧移住センターやメリケン波止場、横浜のJICA資料館などでも、移住についての勉強を行なった。
二十三日には、秋篠宮文仁親王一家とのご接見が行われ、文仁親王をはじめ、紀子親王妃、眞子内親王、佳子内親王も同席された。
団長をつとめた日下野良武さんは、「ご接見では参加者全員と握手され、一人一人に挨拶していただいた」と振り返る。
また、「子供たちはホームステイをしたことが一番の印象に残っているようだった。新幹線などにも乗り、
日本文化に直に触れられて良かった」と感想を語った。
今回の旅行は百周年ということもあり、訪問した各地の新聞で取り上げられるなど、注目を集めた。
日下野団長は「我々大人たちが作った基盤から、新しい交流が生まれていってほしい」と希望を口にした。
http:// www.nikkeyshimbun.com.br/080805-61colonia.html


7月24日
紀子妃殿下国際結核シンポジウム 基調講演

8月3日
秋篠宮両殿下と眞子内親王殿下神戸でご公務

8月6日
秋篠宮両殿下と眞子内親王殿下群馬でご公務

8月7日~8日
皇太子さま富士登山

8月10日~14日
秋篠宮ご一家ご静養(那須御用邸)
宮家単独での御用邸での静養は異例だが職員用宿舎をお使いになった

8月15日
両陛下全国戦没者追悼式
080801.jpg

8月16日
秋篠宮さまご夫妻と眞子さま、佳子さまは、学童疎開船に関する企画展をご覧になった。
秋篠宮ご夫妻と、夏休み中の眞子さま、佳子さまは、東京・新宿区で戦時中に沖縄から
疎開する途中、潜水艦に撃沈された学童疎開船に関する展示会をご覧になった。
眞子さま、佳子さまは、亡くなった10歳の女の子の遺品のランドセルなどを熱心にご覧になっていた。
学童疎開船「対馬丸」は、1944年8月22日に沖縄から長崎に向かう途中、
アメリカの潜水艦に撃沈され、子どもや女性1,418人が亡くなった。 (08/16 17:02)

8月20日
皇太子ご一家那須御用邸で静養
皇太子は10日間
雅子さま、愛子さまは2週間
体調は万全でなく、ゴシンツウもあったようだが遊び倒しているご様子↓

8月24日~30日
両陛下長野県軽井沢町と群馬県草津町でご静養
大日向開拓地や日本初の洋式牧場「神津牧場」をご訪問。
24日のみ秋篠宮両殿下と悠仁親王殿下が1泊して合流。

秋篠宮家と両陛下、合流
両陛下、軽井沢で静養 満州引き揚げ者らと懇談へ2008年8月24日14時40分
天皇、皇后両陛下は24日午前、静養のため、新幹線で長野県軽井沢町入りした。
秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さまも合流し、 28日まで滞在する。
両陛下は24日午後、満州引き揚げ者らが入植した大日向開拓地を訪問。
敗戦による引き揚げや開墾の苦労の足跡を展示している大日向開拓記念館を視察し、引き揚げ者や子孫の人たちと懇談する。
両陛下は28日には群馬県草津町へ移動。皇后さまが「草津夏期国際音楽アカデミー」でのピアノのレッスンに参加したり、
両陛下でコンサートを鑑賞したりするなどして30日に帰京する予定。
http:// www.asahi.com/national/update/0824/TKY200808240075.html

8月30日
秋篠宮妃殿下と眞子内親王殿下高校生の手話スピーチコンテストにご出席

両陛下と皇太子さまが帰京
2008.8.30 19:38
長野、群馬両県で静養していた天皇、皇后両陛下は30日夕、帰京された。
皇太子さまも静養先の栃木県那須町の那須御用邸に、雅子さまと愛子さまを残して東京に戻られた。
両陛下は24日から長野・軽井沢や群馬・草津に滞在されていた。皇太子さまは
30日から住まいの東宮御所の改修工事が始まり仮御所に引っ越すため、一足先に戻られた。
雅子さまと愛子さまは9月4日に帰京される。

  • 最終更新:2017-10-01 08:20:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード