2007年4月-6月

眞子さまと佳子さま、揃って入学式に
秋篠宮家の眞子さま、佳子さまが、6日、揃って入学式を迎えられました。
6日朝8時半前、眞子さま、佳子さまは、紀子さまに付き添われ、
やや緊張した面持ちで登校し、出迎えた先生に挨拶をされました。
眞子さまは学習院の女子高等科、佳子さまは女子中等科に入学され、6日は合同の入学式に出席されました。
10時から始まった式には、中高あわせておよそ1200人の在校生が出席し、
学習院院長の祝辞や、在校生からの歓迎の言葉が述べられたということです。
お二人は6日夕方に、御所を訪れ、天皇皇后両陛下へ入学の報告をされるということです。(06日10:47)
[6日15時39分更新]
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20070406/20070406-00000027-jnn-soci.html

中高進学の秋篠宮眞子さま佳子さま両陛下に挨拶
秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと二女・佳子さまが、
天皇皇后両陛下に高等学校と中学校の入学式の報告をされるため皇居を訪れました。
紀子さまと一緒に登校された眞子さまと佳子さまは、
学習院女子中等科、高等科の合同入学式にそろって出席しました。
式は1時間ほどで、中等科と高等科の新入生約200人ずつが参列したということです。
また、6日夜には皇居の御所を訪れて、両陛下に式の報告などをされました。
秋篠宮ご夫妻も、ちょうど生後7カ月を迎えた悠仁さまと一緒に合流し、
夕食をともにされたということです。
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20070406/20070406-00000047-ann-soci.html

同日愛子さまスキー映像公開
そして愛子さまバス体験映像公開
愛子さまのための体験だが雅子さまが窓側に座りお手振り

皇太子ご夫妻の長女の愛子さまが、初めて路線バスへの乗車を体験されました。
宮内庁では、今後も、愛子さまの成長に合わせて、さまざまな経験を積んでもらうことにしています。
http:// www.nhk.or.jp/news/2007/04/07/k20070407000077.html

週刊新潮2007年5月24日号
4月10日は両陛下の結婚記念日でしたが、
秋篠宮ご夫妻が両陛下を東宮御所に招いてお祝いの夕食会を催されました。これには皇太子ご夫妻もお出ましになった。
去年の天皇誕生日の夕食会には雅子さまは欠席なさっていましたが、今回はちゃんと出席された。(松崎敏弥)

華麗なステップで優勝/佳子さまスケート大会
2007/04/13 05:59
宮内庁は12日、秋篠宮家の中学1年の二女佳子さまが、
今月のフィギュアスケート競技会で優勝した際の写真と映像を公表した。
宮内庁によると、小学2年でフィギュアスケートを始めた佳子さまは1日、
東京都新宿区の明治神宮アイススケート場で開かれた都スケート連盟主催の競技会に出場。
「ノービスB女子小6以上」のクラスで優勝した。
佳子さまの演技は約2分半。水色のウエアで連続ジャンプや華麗なステップを披露。
最後はスピンで締めくくった。紀子さまや姉の眞子さまが観客席から応援したという。
宮内記者会が宮内庁に提供を要望していた。
http:// www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/article.aspx?id=20070413000024

瀬戸内寂聴さんら招き、春の園遊会
天皇、皇后両陛下が主催する春の園遊会が26日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。
招かれたのは、昨年文化勲章を受章した小説家の瀬戸内寂聴さん(84)や能登半島地震で被害を受けた
石川県の谷本正憲知事ら。
皇族方では、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻らが出席。皇太子妃雅子さまは、体調を考慮し欠席された。
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007042600702

(兵庫県民だより)
一昨年、秋篠宮両殿下が放鳥を行ったコウノトリが送電線で感電して死んでしまったことについて
お詫びした井戸敏三兵庫県知事が謝罪した際に
秋篠宮殿下のお言葉
「自然界に帰すということは自然の中で危険を乗り越えながら自ら生きること、
今回のことは残念ですが自然に帰すということはこのようなこともあるということです」

愛子さまピンクの洋服で…!皇太子ご一家御料牧場へ
皇太子一家が静養のため、3日から栃木県の御料牧場に滞在されています。
皇太子さまと雅子さまは、愛子さまを連れて新幹線で栃木県に向かい、
午後2時過ぎに宇都宮駅に到着しました。
ピンクのワンピース姿の愛子さまは、駅前に集まった市民ら約1000人の歓迎に手を振って応えていました。
静養先の御料牧場では、乗馬やサイクリング、牧場の動物との触れ合いなどを楽しみ、連休を過ごす予定です。
愛子さまは、先週1週間は風邪で幼稚園を休みましたが、今週は元気に通園したということです。
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20070503/20070503-00000030-ann-soci.html
  
初節句の悠仁さま 両陛下が兜の贈り物
5日に初節句を迎える悠仁さまに、
天皇・皇后両陛下から「檜兜(ひのきかぶと)」という珍しい兜が贈られたことがわかった。
檜兜は兜の原型といわれ、贈られたのは、菊のご紋が入った特注品。
秋篠宮ご一家は5日、御所を訪れ、両陛下と夕食を共にする予定で、
両陛下は、ちまきや柏餅(かしわもち)を用意されているという。
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20070505/20070505-00000004-nnn-soci.html

天皇皇后両陛下と秋篠宮ご一家、悠仁さまの初節句を祝うため御所で夕食会
「こどもの日」の5日、秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁(ひさひと)さまの初節句を祝うため、
天皇皇后両陛下と秋篠宮ご一家が、御所で夕食をともにされた。
秋篠宮ご夫妻は、眞子さま、佳子さま、そして6日で生後8カ月になる悠仁さまをともない、
5日午後6時半前、皇居・乾門から両陛下の待つ御所へと向かわれた。
両陛下は、宮中に伝わる「檜(ひのき)かぶと」と呼ばれるかぶとを悠仁さまに贈られていて、
5日は、悠仁さまの初節句と眞子さま、佳子さまの「こどもの日」を祝い、
ご家族水入らずで夕食を楽しまれたという。
http:// www.fnn-news.com/headlines/CONN00110099.html

皇室:皇太子殿下が伝統工芸館を訪問 /京都
皇太子殿下は7日、ADB年次総会に出席のために京都市内を訪れられ、京都伝統工芸館(中京区)も訪問した。
総会の昼食会では「貧困の削減や環境問題への対応など、
実り多い総会になることを願います」などとお言葉を述べた。同館では、
同館で学ぶ京都伝統工芸大生らの制作実演を見学。不動明王像を彫る今宮愉香里さん(27)に
「次はどういうふうにするんですか」などと笑顔で質問した。
案内役の新谷秀一館長は「愛子さまと粘土で写真立てをお作りになったそうで、
どの作品にも興味を持っていらっしゃる様子でした」と話した。
(2007/05/07 11:23)
http:// www.sankei.co.jp/shakai/koshitsu/070507/kst070507000.htm

皇后さま 全国赤十字大会に出席
「日本赤十字社」の名誉総裁である皇后さまは8日、「全国赤十字大会」に出席された。
式典は皇后さまや紀子さまらが出席され、8日午前11時から行われた。
名誉副総裁を務められている雅子さまは欠席された。
今年は日本赤十字社創立130年の節目の年に当たり、
皇后さまは「これまで、日本赤十字社の事業の発展に力を尽くしてこられた方々に対し、
この機会に、心からの敬意と感謝を表します」と述べた。
皇后さまは、赤十字の活動に顕著な功労のあった個人や団体に直接、賞を授与したほか、
去年、インドネシア・ジャワ島で地震の救援活動に当たった人の活動報告などに耳を傾けられた。
http:// www.news24.jp/83487.html

宮司庁「みどりの文化賞」受賞 秋篠宮・同妃殿下御臨席のもと式典
平成19年5月21日
神宮司庁営林部が(社)国土緑化推進機構の「みどりの文化賞」を受賞し、
五月十二日、秋篠宮・同妃両殿下の御臨席のもと開かれた「みどりの感謝祭」で表彰状が贈呈された。
「森林文化を未来に引き継ぐ森林管理」との趣旨で、
約五千五百㌶の「宮域林」の管理と、同域内での造林への取組みが評価された。
http:// www.jinja.co.jp/article/001-001986.html

天皇ご一家、皇居内の畑で毎年恒例のアワの種まきを楽しまれる
天皇ご一家は13日午後、皇居内の畑で、毎年恒例のアワの種まきを楽しまれた。
秋篠宮ご一家を乗せた車は13日午後5時前、半蔵門に到着し、生後9カ月の悠仁(ひさひと)さまは、
チャイルドシートに乗り、少し眠そうな表情で御所へと向かわれた。
続いて、皇太子ご一家が皇居に到着された。
アワの種まきは、毎年この時期に行われていて、天皇皇后両陛下、秋篠宮ご一家とともに、
12日に十二指腸にできたポリープの組織検査を受けた皇太子さまと、雅子さま、愛子さまが一緒に、
皇居内の畑に種をまかれた。
収穫されたアワは、もちなどにして召し上がるという。
[14日12時58分更新]
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070513/20070513-00000553-fnn-soci.html

両陛下、バルト3国などご訪問…21日出発を前に記者会見
天皇、皇后両陛下は21日からのスウェーデン、バルト3国、英国5か国訪問を前に
14日、国内外の記者と皇居・宮殿で1時間にわたって記者会見された。
スウェーデンと英国訪問は「近代分類学の父」とされる植物学者
リンネの生誕300年行事出席が目的で、
天皇陛下は動植物の名を属名と種名の2語で示すリンネの「2名法」を挙げ、
「この措置により学名は簡便なものとなり、世界共通の動植物の名称として
多くの人々に使われています」と業績をたたえられた。
また、帝政ロシアから独立を宣言しながら、ソ連に併合され、
第2次世界大戦では独ソ戦の戦場となり、ソ連崩壊の過程で独立を回復した
エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国への初訪問について「
苦難の歴史に思いを致し、それぞれの文化に対する理解を深め、
相互理解と友好関係の増進に尽くしたい」と述べられた。
一方、皇后さまは、3月に体調を崩されたことについて
「心配をおかけしましたが、良い経過をたどり、今は元気を取り戻しています」と話された。
(2007年5月14日20時53分 読売新聞)
http:// www.yomiuri.co.jp/national/news/20070514i113.htm

「苦難の歴史に思い」=皇后さま、励ましに謝意-両陛下、訪欧前に会見
5月14日22時0分配信 時事通信
天皇、皇后両陛下は14日午後、21日からのスウェーデンやバルト3国など欧州5カ国訪問を前に、
皇居・宮殿で約1時間にわたって記者会見された。
天皇陛下は、大国に占領された経験を持つバルト3国訪問について、
「苦難の歴史に思いをいたし、相互理解と友好関係の増進に尽くしたいと思います」と抱負を述べた。
スウェーデンでの生物学者リンネの生誕300年記念行事出席については、「業績をしのびたい」と語った。
昨年オランダで静養された皇太子ご夫妻の国際交流については、
昭和天皇の名代として外国を訪れることが多かった自身の経験に触れ、
「名代という立場が各国から受け入れられるように、厳しく律してきたつもりで、私的に外国を訪問したことは一度もありません」と述べた上で、
現在は名代の立場での訪問がないため、2人でよく考えて交流を進めてほしいと語った。
皇后さまは、3月に腸壁からの出血で静養を取ったことについて、「過去に体験したことのない病気で、
症状の取れるまで少し不安もありましたが、十分な静養の時を頂き元の健康に戻ることができました。
大勢の方々の励ましに厚くお礼を申し上げます」と答えた。 
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000172-jij-soci


愛子さま 遠足で東京・新宿御苑訪れる
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(5)は15日、学習院幼稚園の遠足のため、東京都新宿区の新宿御苑を訪れた。
愛子さまは午前9時過ぎ、リュックを背負い水筒を肩にかけた姿で到着。
皇太子妃雅子さまに途中まで付き添われ、同御苑の大木戸門に入った。
宮内庁東宮職によると、愛子さまは同御苑内で友達と散歩したり、お弁当を食べたという。
【真鍋光之】最終更新:5月15日10時31分
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000024-mai-soci

両陛下、欧州訪問へ出発 安倍首相ら羽田で見送り
天皇、皇后両陛下は21日午前、政府専用機でスウェーデン、エストニア、ラトビア、リトアニア、英国の欧州5カ国訪問の旅に出発された。
羽田空港では、皇太子、秋篠宮両夫妻ら皇族方のほか、安倍晋三首相夫妻、麻生太郎外相夫妻、宮内庁幹部らが見送り。
博物学者リンネの生誕300年記念行事に出席し、バルト3国では独立記念碑などを訪れる。
天皇陛下は出発前に安倍首相らに「訪問が相互理解と友好関係の増進に資することを願っています」とあいさつ。
皇太子さま、雅子さまらが見送る中、タラップで一礼して専用機に乗り込んだ。
http:// www.hokkaido-np.co.jp/news/society/27321.html

テレビ朝日
雅子さまは貴賓室での式典は欠席

<天皇、皇后両陛下>リトアニア着 杉原千畝氏の記念碑訪問
5月26日19時3分配信 毎日新聞
【ビリニュス(リトアニア)桐野耕一】天皇、皇后両陛下は26日午前(日本時間同日夕)、
ラトビアから政府専用機でリトアニアのビリニュス空港に到着した。
同日夕(日本時間同日深夜)にはアダムクス大統領の案内で、
第二次大戦中、ナチス・ドイツの迫害から逃れた多くのユダヤ人難民にビザを発給し、
命を救った日本の元リトアニア領事代理、故杉原千畝氏の記念碑を訪れた。
杉原氏の記念碑の前で、両陛下は大統領の説明に耳を傾け、
碑に埋め込まれたビザのプレートや日本語で書かれた説明文を熱心に見入っていた。
これに先立ち開かれた昼食会では、大統領があいさつの中で杉原氏の話題に触れ、
「人道的な功績を残したことで、常にリトアニア国民の尊敬を集めています」と語った。
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000046-mai-soci

リンネ生誕300周年、天皇陛下が英国の記念行事で講演
【ロンドン=井上茂男】英国を訪れている天皇、皇后両陛下は29日昼(日本時間29日夜)、
ロンドンのリンネ協会で行われた「リンネ生誕300周年記念行事」に出席し、
天皇陛下が「リンネと日本の分類学」と題して英語で45分にわたって基調講演された。
リンネは、動植物の名前を属名と種名で表す「二名法」を確立したスウェーデンの生物学者。
講演で陛下は、リンネの業績や、江戸時代にオランダ商館の医師として長崎に滞在した弟子ツュンベリーらが
果たした役割などに触れながら、電子顕微鏡やDNA分析による分類学の新たな可能性を指摘し、
「リンネの時代から引き継いできた形態への注目と関心からも離れることなく、研究を続けていきたい。
分類学は新たな時期を迎えたことを感じます」と結ばれた。
この日の参加者は約100人。講演が終わると大きな拍手に包まれ、陛下は笑顔で応えられていた。
リンネ協会は1788年、リンネの動植物コレクションを基に発足した。
陛下は1980年に50人限定の外国会員(86年からは名誉会員)に選ばれ、
リンネの生誕300年にあたってスウェーデンと英国の行事に招かれて出席された。
同夜はエリザベス女王との夕食会に出席したあと帰国の途に就き、30日夕、帰国される。
(2007年5月30日1時34分 読売新聞)
http:// www.yomiuri.co.jp/national/news/20070529ic21.htm

友好の断絶「誠に残念」 両陛下がラトビアに到着   
5月25日22時27分更新
【リガ25日共同】欧州歴訪中の天皇、皇后両陛下はエストニアを離れ、
25日昼(日本時間同日夕)、3カ国目の訪問国ラトビアの首都リガに到着された。
天皇陛下はビケフレイベルガ大統領らとの昼食会であいさつし、
通商航海条約を結んだ1928年以来の両国の友好関係について
「第2次世界大戦とその後の歴史の展開の中で閉ざされたことは、
誠に残念なことでありました」と振り返った。
その上で、苦しい時代を乗り越え独立を果たしたラトビアの人々に敬意を払い
「再び友好の関係が発展しつつあるのは喜ばしい」と述べた。
これに先立ち両陛下は「自由の記念碑」を訪問。天皇陛下と大統領が並んで献花し、黙とうした。
記念碑前の広場では91年の独立後、ソ連による圧政で犠牲になった人々のため、
さまざまな行事が行われている。夕には第2次大戦中のナチス・ドイツや、
その後のソ連による占領をテーマにした占領博物館を訪問して苦難の足跡を示す展示品を見て回り、
ラトビア大学では日本語を学ぶ学生らと会う。
http:// www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2007052501000802_National.html

「また会えてうれしい」=皇后さま、2年ぶり再会-子どものホスピス訪問
5月29日6時4分配信 時事通信
【オックスフォード28日時事】訪英中の天皇、皇后両陛下は28日午後(日本時間同日深夜)、
オックスフォード市内にある子どものためのホスピス「ヘレン・ダグラス・ハウス」を訪れ、
入所する子どもを励まされた。
皇后さまは、2年前に日本で会った双子の姉妹とも再会し「また会えてうれしい」と喜んだ。
同ハウスは子どもを対象にした世界で初めての施設で、
1982年に看護師の資格を持つ修道女シスター・フランシスが設立した。
不治の病を患った子どもが穏やかに最期を迎えるための終末期ケアなどを行っている。
皇后さまは2005年、シスター・フランシスと子どもたちが来日した際に親しく懇談し、
訪問前の記者会見では「再会の日を待っております」と述べていた。 
最終更新:5月29日6時4分
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000012-jij-soci

両陛下、欧州訪問を終え帰国へ
ヨーロッパ5か国を訪問中の天皇皇后両陛下は、10日間の日程を終え、30日、帰国されます。
天皇皇后両陛下は、イギリス・バッキンガム宮殿でエリザベス女王主催の晩さん会に出席し、全日程を終了。そのまま帰国の途につきます。
両陛下はスウェーデンでは、「分類学の父」と呼ばれる植物学者リンネの生誕300年記念行事に出席、
リンネゆかりのウプサラ大学から「名誉学員」を授与されました。
続いて旧ソ連圏への初めての訪問となったバルト3国では、3か国を3日で回るという
忙しいスケジュールの中、両陛下が訪問されるさきざきでテレビの生中継が行われ、国を挙げての大変な歓迎ムードに包まれました。
最後の訪問国・イギリスは9年ぶりとなりました。世界で初めて作られた子供のホスピス「ヘレン・ダグラスハウス」を訪問。
難病に苦しむ子供たちや親との再会を期す姿に両陛下の福祉への関心の高さが現れていました。
そして日程最終日の29日。陛下はロンドン・リンネ協会で「リンネと日本の分類学」と題する講演をされました。
講演終了とともに満場の拍手に包まれた会場。
さまざまな色彩を帯びた今回の訪問でしたが、陛下の学者としての側面が色濃く出た10日間だったのではないでしょうか。
NHK

両陛下が欧州5か国歴訪から帰国
欧州5か国を歴訪していた天皇、皇后両陛下は30日夕、羽田空港着の政府専用機で帰国された。
両陛下は、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方や安倍首相夫妻らの出迎えを受けられた。
皇太子さまが「お帰りなさいませ。お疲れではないですか」と声をかけられると、
天皇陛下はにこやかに「ご苦労さまでした」とあいさつ、国事行為を臨時代行していた皇太子さまを気遣われた。
(2007年5月30日22時24分 読売新聞)
http:// www.yomiuri.co.jp/national/news/20070530ic21.htm

秋篠宮妃殿下ご臨席 都内で産経児童出版文化賞の贈賞式
第54回産経児童出版文化賞(産経新聞社主催、フジテレビジョン、ニッポン放送後援、
JR7社協賛、ホテルメトロポリタンエドモント協力)の贈賞式が31日、
秋篠宮妃紀子さまをお迎えして、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで行われた。
出版関係者ら約250人が出席し、受賞者の栄誉を祝福した。
児童書を通じて日本の子供たちの健全な育成に携わる人々を顕彰する賞の意義をさらに強め、
今回から原則として、日本人もしくは日本に居住する原作者の本を対象とした。
また、産経新聞社賞を新設し、翻訳本に関しては新たに翻訳作品賞が設けられた。
贈賞式では冒頭、産経新聞社の住田良能社長があいさつし、続いて、紀子さまがお言葉を述べられた。
この後、受賞者らに賞が贈呈され、大賞を受賞した「牡丹さんの不思議な毎日」(あかね書房)の作者、
柏葉幸子さんは「(受賞作は)同人誌に楽しみながら書いていたお話で、
この作品で大きな賞をいただけてとてもうれしい。これからは賞に恥じないように仕事をしていきたい」などと喜びを語った。
祝賀会では紀子さまと受賞者らが歓談するなど、終始華やいだ雰囲気に包まれた。
http:// www.sankei.co.jp/culture/bunka/070531/bnk070531001.htm

雅子さま、地方ご公務 ご夫妻で長野の式典出席
6月2日16時7分配信 産経新聞
皇太子ご夫妻は2日、長野県安曇野市の国営アルプスあづみの公園で開かれた第18回全国「みどりの愛護」の式典に出席された。
雅子さまが式典に出席されるのは、平成15年11月に静岡県で開かれた全国障害者スポーツ大会の開会式以来3年7カ月ぶりで、長期療養後は初めて。
地方公務は昨年10月の奈良県での正倉院展ご視察以来となった。
皇太子さまは席上、「地球規模での環境問題への対応が急務となっている今日、
緑を守り育てていくことの重要性はますます大きくなっております」などと述べられた。
続いて行われた記念植樹で、皇太子ご夫妻はエドヒガンザクラを植えられた。
ご夫妻は同日午後、市内の長野県立こども病院を視察した後、列車で帰京される予定。
最終更新:6月2日16時7分
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000028-san-soci


皇太子さま、ポリープ切除手術が無事終了
皇太子さまの手術を担当した東大病院の名川弘一教授らが6日夕、記者会見し、
十二指腸に見つかったポリープの切除について「予定通り順調に進み、成功裏に終わった」と説明した。
名川教授によると、手術は軽い全身麻酔をかけたうえで口から内視鏡を挿入し、
先端の電気メスでポリープを切除する「内視鏡的粘膜下層切開剥離(はくり)術(ESD)」で行われた。
ポリープは2センチに満たない人さし指の先ほどで、出血もなく、1時間10分で終了した。
麻酔から覚めた皇太子さまは呼びかけに「大丈夫です。もう終わったんですか」と尋ねられ、
病室でベッドの周囲を歩かれて痛みもなかったという。
胃酸を抑える薬を投与し、早ければ8日夜からおもゆで食事を再開、1週間ほど経過を見た後、東宮御所でさらに静養される。
切除したポリープは念のため病理検査するという。
(2007年6月6日19時41分 読売新聞)
http:// www.yomiuri.co.jp/national/news/20070606i112.htm


秋篠宮ご夫妻と黒田清子さん、入院中の皇太子さまのお見舞いのため東大病院訪れる
十二指腸ポリープの切除手術を受けて入院中の皇太子さまを、秋篠宮ご夫妻と黒田清子さんがお見舞いされた。
黒田さんと秋篠宮ご夫妻は10日午後3時すぎ、相次いで東京・文京区の東京大学医学部付属病院を訪れ、
十二指腸ポリープを切除して入院中の皇太子さまのお見舞いをされた。
皇太子さまは順調に回復していて、夕方には、雅子さまと愛子さまとともに、東大構内にある池のほとりを散策された。
皇太子さまは、12日にも退院される予定。
[11日11時17分更新]
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070610/20070610-00000271-fnn-soci.html

皇太子ご一家の散策映像公開される
池の反対側からの映像
雅子妃の雑な餌やり、しゃがんだ股間付近にぼかし(袋のメーカーをぼかすためか?)


秋篠宮さま糸満で戦没者追悼
秋篠宮さま糸満で戦没者追悼秋篠宮さまは宜野湾市で開かれている
国際会議のシンポジウムに出席するため、15日、沖縄に到着し、
糸満市の国立沖縄戦没者墓苑を訪れ、沖縄戦の犠牲者を追悼されました。
秋篠宮さまは15日から宜野湾市で開かれている国際学術会議
「アジア学術会議」に出席するため、15日午前、那覇空港に到着されました。
秋篠宮さまははじめに沖縄戦で犠牲になった人たちの遺骨を集めた
国立沖縄戦没者墓苑を訪れ、納骨堂の前に白い花束を供え、犠牲者を追悼されました。
このあと、秋篠宮さまは沖縄戦で亡くなった24万人あまりの名前を刻んだ石碑
「平和の礎」を訪問されました。
秋篠宮さまは沖縄県の担当者から説明を受けながら立ち止まって
名前をじっくりご覧になっていました。また、秋篠宮さまは沖縄平和祈念堂を訪れ、
今月23日の「慰霊の日」に「平和の使者」として大空に放たれることになっている
「オオゴマダラ」の飼育の様子をご覧になり、
係員の案内に従ってチョウを手に取り、空に放たれていました。
16日、秋篠宮妃の紀子さまも沖縄入りし、
ご夫妻で宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれている
「アジア学術会議」に出席し、秋篠宮さまがシンポジウムで講演されることになっています。
http:// www3.nhk.or.jp/news/2007/06/15/k20070615000142.html

戦没者墓苑に献花 秋篠宮さまが沖縄県訪問
2007年6月15日 18時32分
秋篠宮さまは15日、アジア学術会議出席のため沖縄県入りし、糸満市の平和祈念公園を訪問された。
国立沖縄戦没者墓苑で献花した後、国籍や軍人、民間人の区別なく
沖縄戦で亡くなった約24万人の名を刻んだ「平和の礎」を訪ね、累々と並ぶ石碑に静かに見入った。
沖縄平和祈念堂ではオオゴマダラなど大型のチョウ約500匹を飼育しているビニールハウスを見学。
チョウは沖縄戦が終結したとされる23日の慰霊の日に、平和の象徴として子どもたちの手によって放たれる。
16日午前には紀子さまも合流。宜野湾市で開かれる会議にご夫妻で出席し、
秋篠宮さまが魚類や鳥類に関する日ごろの研究について特別講演し、同日夕に帰京する。
(共同)
http:// www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007061501000616.html

渡邉侍従長勇退 後任に川島氏
川島氏は65歳。昭和39年に外務省に入省し、イスラエル大使などを歴任したあと、
平成11年に事務次官に就任しました。しかし、平成13年に外務省の機密費流用事件など
一連の不祥事の責任を問われるとともに、当時の田中眞紀子外務大臣との対立もあって
外務省を退きました。その後、平成15年7月からは皇室の儀式や外国との交流を担当する
式部官長を務めてきました。
一方、勇退が決まった渡邉氏は、外務官僚を経て平成8年に侍従長に就任し、
天皇陛下の即位10年を祝う行事に携わるなど10年余りにわたって
両陛下を補佐してきました。
この人事は、近く閣議で正式に決定されることになっています。
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000017-san-soci

「紀宮さまの結婚、一番の思い出」=新旧侍従長が会見-宮内庁
天皇、皇后両陛下に10年半仕え、15日に退任した渡辺允前侍従長(71)が18日午後、
宮内庁で記者会見し、「在任中に紀宮さまが結婚され、幸せな家庭を築いたのが一番の
思い出」などと感想を語った。渡辺氏は退任を決めた理由として、
昨年5月に70歳を迎えたことや侍従長に就任し10年がたった点を挙げた上で、
「天皇家という長く続く大きな流れがあり、われわれは流れが滞らないよう、
ある程度元気なうちに次の人に引き継いでいかないといけない」と話した。
また、国民の幸せを願いながら日々の務めを果たす両陛下の姿が印象に残っているとした上で、
「両陛下のなさり方を見て、(両陛下に)敬愛の念を持つ人が増えているように思う」と振り返った。
一方、後任の川島裕侍従長(65)も会見し、「一日も早く陛下をお支えする職責が果たせるよう、
いろいろ学んでいきたい」と抱負を述べた。
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000129-jij-soci

那須御用邸、北半分を自然公園に
宮内庁と環境省は19日、那須御用邸(栃木県那須町)の用地の約半分に当たる山林など約570万平方メートルを、
一般市民が動植物を観察できる自然公園として開放すると発表した。
「国民が自然と直接ふれあえる場に」との天皇陛下の意向を受け、今年度中に環境省に移管。
一部は2011年度に開園する。
那須御用邸は1926年に設置され、天皇家の静養などに使われている。
ブナやミズナラなどの自然林が広がっているほか、温泉源や河川もある。
開放するのは御用邸の用地約1200万平方メートルのうち、
「県道湯本・大島線」より北の山林など567万平方メートルと、用地西南の約3万平方メートル。
休所の「清森亭」も開放域内にある。居住施設の本邸などは開放されない南側。
皇室用財産だった土地を一般開放した例は旧沼津御用邸などがあるが、今回は過去最大の面積となる。
開放する用地は、かつて昭和天皇が御用邸滞在時に植物観察のため訪ねられたほか、
現在の両陛下や皇太子ご一家も散策されていた。 (14:05)
http:// www.nikkei.co.jp/news/main/im20070619AT1G1803D19062007.html

帝国ホテルのチャリティパーティに秋篠宮妃紀子さまご臨席
【PJ 2007年06月19日】- 秋篠宮妃紀子さまが18日、東京・千代田区の帝国ホテルで開かれた
チャリティパーティ「第20回 ドン ペリニヨン セーブ・ザ・チルドレン・チャリティ・ガラ」にご臨席した。
イベントの主催団体から提供された紀子さまの撮影スペースは、パーティ会場と受け付けをつなぐわずかな通路だけ。
各社からカメラマン一人だけの入場が許可され、約20名の報道陣が、紀子さまをお迎えする準備を進めた。
紀子さまご入場直前に、マスコミには紀子さまへの音声マイクの突き出しや質問、背部からの撮影はしないようになどと、事前に注意された。
報道陣は一列目が床にべた座りのスチール(写真)カメラマン、二列目は脚立の上に立ったENG(ムービー)カメラマン。
紀子さまがご入場されると、政治家や芸能人の取材と違って、
「ちょっとそこで止まって!」などと声をかけることもなく、しんと静まりかえったまま、皆淡々と撮影していたのが、
いつもがやがやした現場で取材している筆者には印象的だった。
そして、各社報道陣は事前に注意された事項も守り、紀子さまが通り過ぎた後は、ピタリとシャッター音もストロボの光も止んだのだった。【了】
http:// news.livedoor.com/article/detail/3204057/

皇太子さま、両陛下にあいさつ=公務にも復帰
2007/06/22-19:16
十二指腸ポリープの切除手術を受けた皇太子さまは22日午後、退院後初めて皇居・御所を訪れ、
天皇、皇后両陛下にあいさつされた。6日に東大医学部付属病院でポリープを切除し、12日に退院した。
宮内庁東宮職によると、経過は順調で、食事も19日から通常食になった。
あいさつに先立ち、皇太子さまはお住まいの東宮御所で、
雅子さまとともに青年海外協力隊の帰国隊員と接見し、公務を再開した。
来週からは国立新美術館(東京都港区)での絵画展視察など通常の公務をこなす予定。
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007062200992

皇室:天皇・皇后両陛下、美々川デイセンターなどを訪問 /北海道
6月24日12時0分配信 毎日新聞
24日開催される第58回全国植樹祭に出席するため来道した天皇、皇后両陛下は23日、
苫小牧市の社会福祉法人「美々川福祉会」(橋浪蔵理事長)が運営する美々川デイセンターなどを訪問した。
同センターでは、烏骨鶏(うこっけい)の卵やシイタケの包装などの作業に当たる通所者19人に
「この卵はコレステロールが低いんですね」などと話しかけた。
通所者の伊藤奈津恵さん(29)は「声をかけてもらいとてもうれしかった」と笑顔を見せた。
両陛下は特別機で新千歳空港に到着。高橋はるみ知事は、
有珠山噴火で被災した胆振管内洞爺湖町で開かれる北海道洞爺湖サミットや
夕張市の財政再建問題を報告した。
天皇陛下は「(道南西沖地震で被災した)奥尻の皆さんはいかがですか」と質問。
皇后陛下は夕張の新成人が手作りで開いた成人式について「皆さんが元気で良かった」と語った。
【大谷津統一、水戸健一】
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070624-00000055-mailo-hok

色とりどりの森願い 両陛下迎え植樹祭 苫小牧(06/24 23:38)
【苫小牧】第五十八回全国植樹祭が二十四日、天皇、皇后両陛下を迎え、
苫小牧市静川の苫東地区「つた森山林」隣接地で開かれた。
北海道での開催は四十六年ぶりで、工業基地内での開催は初めて。
地球温暖化が大きな問題となる中、約一万人が参加し四十八種二万本の苗木を植えた。
招待者たちは、午前七時ごろから会場内の北海道をかたどった約五ヘクタールの土地に、
アオダモやエゾヤマザクラなどの苗木を植えた。
開会に先立ちアイヌ民族の伝統儀式「カムイノミ」が行われ、
駒大苫小牧高吹奏楽局によるファンファーレで記念式典が開幕した。
高橋はるみ知事が「地球規模で環境を考える時代にふさわしい森づくり運動の新たなスタートとなるよう、
多くの人と協働した取り組みを進める」とあいさつ。
天皇陛下は「将来ここを訪れる人々が、色とりどりの木々の美しさを楽しむことを期待しています」とお言葉を述べた。
全国の緑化功労者などの表彰の後、両陛下は北海道の木アカエゾマツなど五種の苗を植え、
イチイなど四種の種をまいた。
http:// www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/34060.html

皇太子ご夫妻がモネ展鑑賞 外での公務、手術後初めて
2007年06月26日18時44分
皇太子ご夫妻は26日、東京・六本木の国立新美術館で、
印象派の画家クロード・モネの作品を集めた「大回顧展モネ」を鑑賞した。
ポリープの切除手術後、皇太子さまの外での公務は初めて。
館内に入る際、報道陣に「ご体調はいかがですか」と尋ねられ、「大丈夫です。順調です」と笑顔でこたえていた。
同展は米国のボストン美術館やフランスのオルセー美術館などから集めた約100点を展示。
同館長の林田英樹・前東宮大夫の先導で、ご夫妻は肖像画「日傘の女性」などを熱心に見て回った。
http:// www.asahi.com/national/update/0626/TKY200706260395.html

両陛下、国連大学を初訪問
6月28日19時58分配信 時事通信
国連大学を視察し、レセプションで聴講生と歓談される天皇、皇后両陛下。両陛下の訪問は初めて。
皇太子妃雅子さまは講座を聴講するため、たびたび訪れている
(時事通信社)

  • 最終更新:2018-09-14 16:20:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード