高円宮絢子さま入院・手術

2015.12.16 18:19更新
絢子さまの卵巣に嚢胞 18日に摘出手術お受けに
宮内庁は16日、高円宮妃久子さまの三女、絢子さまの卵巣に液体が入った袋状の腫瘤「嚢胞(のうほう)」が見つかり、
18日に摘出手術を受けられると発表した。
絢子さまは25歳で城西国際大大学院にご在学中。卵巣は摘出せず、今後のご妊娠への影響はないという。
絢子さまが軽い腹痛を繰り返し訴えたため、今月に入り、
聖路加国際病院(東京都中央区)で検査を受けられたところ、左右の卵巣にそれぞれ嚢胞が見つかった。
17日に同病院に入院し、18日に内視鏡による摘出手術を受けられる。
手術は2時間程度で、術後数日でご退院できる見通し。
23日の天皇誕生日の祝賀行事や新年の宮中行事への出席はご退院後の様子を見て判断するという。
http:// www.sankei.com/life/news/151216/lif1512160030-n1.html

2015.12.18 10:46更新
絢子さま、手術お受けに 卵巣嚢胞を摘出
高円宮妃久子さまの三女、絢子さまは18日、東京都中央区の聖路加国際病院で、
卵巣嚢胞(のうほう)の摘出手術を受けられた。手術は2時間程度で終わり、数日中に退院される見通し。
良性で、卵巣自体を取り除く必要はない。
宮内庁によると、絢子さまが軽い腹痛を繰り返し訴えたため、今月に入り、検査を受けられたところ、
左右の卵巣に液体の入った袋状の腫瘤(しゅりゅう)である嚢胞が見つかった。
17日に入院し、手術に備えられていた。
23日にある天皇陛下のお誕生日の祝賀行事や新年の宮中行事へのご出席は体調を見て判断する。
http:// www.sankei.com/life/news/151218/lif1512180017-n1.html

絢子さまの手術無事終了
高円宮家の三女絢子さま(25)=城西国際大大学院在学中=は18日、
聖路加国際病院(東京都中央区)で内視鏡による卵巣嚢胞(のうほう)の摘出手術を受けられた。
宮内庁によると、手術は無事終了し、数日以内に退院できる見通し。
卵巣の両側に一つずつ見つかった嚢胞は、いずれも良性だった。手術は3時間弱で終わり、
絢子さまは麻酔が覚めた後、午後0時半ごろ病室に戻ったという。(2015/12/18-15:12)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015121800615

2015.12.21 12:22更新
絢子さまがご退院 経過は順調
高円宮妃久子さまの三女、絢子さまは21日午前、
卵巣嚢胞(のうほう)の摘出手術のため入院していた東京都中央区の聖路加国際病院を退院し、
宮家に戻られた。久子さまが付き添われた。
宮内庁によると、絢子さまの術後の経過は順調だが、
23日にある天皇陛下のお誕生日の祝賀行事や新年の宮中行事に出席されるかは
今後のご体調を見て判断するという。
絢子さまは今月、左右の卵巣に袋状の腫瘤(しゅりゅう)である嚢胞が見つかり、
18日に摘出手術を受けられた。卵巣自体は摘出しておらず、今後のご妊娠への影響はない。
http:// www.sankei.com/life/news/151221/lif1512210023-n1.html

  • 最終更新:2017-05-13 11:26:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード