高円宮絢子さまご結婚


絢子さまに一時金1億675万円=守谷さんと結婚で-皇室経済会議
高円宮家の三女絢子さま(28)が会社員の守谷慧さん(32)と結婚し、
皇族の身分を離れられるのに当たり、国から支給される一時金の額を決める皇室経済会議が11日午前、
宮内庁で開かれ、法定上限額の1億675万円とすることが決まった。
会議には議長を務める安倍晋三首相のほか、衆参両院の正副議長、財務事務次官、会計検査院長、宮内庁長官の計8人が出席した。
皇室経済法は一時金について、「皇族であった者としての品位保持の資に充てる」と定めており、
挙式後速やかに支給される。結婚式は29日、明治神宮で行われる予定。
一時金は、2005年に結婚した天皇陛下の長女黒田清子さんに1億5250万円、
14年に結婚した高円宮家の次女千家典子さんへ1億675万円と、それぞれ法定の上限額が支払われている。
(2018/10/11-12:41)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018101100144&g=soc

2018.10.11 12:50更新
絢子さまへご結婚後に1億675万円 皇室経済会議で決定
高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまのご結婚に伴い、
国から支給される一時金の額を決める皇室経済会議が11日、宮内庁で開かれ、
皇室経済法に基づく限度額満額の1億675万円が贈られることが全会一致で決まった。
一時金は皇族であった者としての品位を保つため、皇室を離れる際に支給される。
会議は議長の安倍晋三首相をはじめ、大島理森(ただもり)衆院議長、伊達忠一参院議長、
宮内庁の山本信一郎長官ら8人で構成し、非公開で進行された。
宮内庁側が上限満額を提案、起立採決で決定した。
絢子さまは大正天皇のひ孫にあたる「女王」というお立場で、一時金の額は天皇直系の「内親王」の7割が上限とされている。
平成17年に結婚した天皇、皇后両陛下の長女、黒田清子(さやこ)さんへの一時金は1億5250万円だった。
絢子さまは29日、明治神宮(東京都渋谷区)で、日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)との結婚式に臨まれる。
http:// www.sankei.com/life/news/181011/lif1810110027-n1.html

2018年10月18日 19時41分
伊勢神宮に結婚報告 高円宮絢子さま
高円宮家の三女絢子さま(28)が18日、母の久子さまと共に三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝され、
日本郵船社員の守谷慧さん(32)と結婚することを報告した。
2人は白いロングドレスを着て、外宮、内宮の順番で参拝した。
内宮では、伊勢神宮の職員や参拝客が出迎える中、神職の先導で正殿へ。玉串を納め、一礼して結婚を報告した。
絢子さまの伊勢神宮への参拝は、2010年の成人報告以来で2度目。
挙式は29日に明治神宮(東京都渋谷区)で行われる。
絢子さまは現在、城西国際大の研究員を務める。
(中日新聞)
http:// www.chunichi.co.jp/s/article/2018101890194157.html

結婚式控えた絢子さま、両陛下と夕食
10/24(水) 8:05配信
今月29日に結婚式を控えた高円宮家の三女・絢子さまが、天皇・皇后両陛下と夕食を共にされました。
23日午後7時ごろ、絢子さまは、母の久子さま、姉の承子さまと共に皇居・御所を訪問されました。
絢子さまと日本郵船に勤務する守谷慧さんとの結婚式は、今月29日の午前11時半から明治神宮で行われます。
これを前に絢子さまは、ご一家で両陛下から招待を受けて夕食を共にされました。
26日には、絢子さまが両陛下に、これまでの感謝の意を伝える「朝見の儀」などが皇居で行われる予定です。
(24日00:20)
https:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181024-00000026-jnn-soci

絢子さま、皇居・宮中三殿に拝礼=神々に結婚報告
29日に結婚式を控えた高円宮家の三女絢子さま(28)が、
結婚して皇族の身分を離れることを皇室の先祖や神々に報告される「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」が26日午前、皇居・宮中三殿で行われた。
絢子さまは髪を長く後ろに垂らす「おすべらかし」に結い、
祖母の三笠宮妃百合子さまから借り受けた赤い「小袿(こうちぎ)」や「長袴(ながばかま)」を着た平安朝のいでたちで儀式に臨んだ。
檜扇(ひおうぎ)を手に回廊をゆっくりと進み、皇室の祖神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祭られた「賢所」の正面で座って一礼した後、
中の外陣(げじん)に進んで拝礼した。続いて歴代天皇や皇族の霊を祭る「皇霊殿」、国中の神々を祭る「神殿」でも同様に拝礼した。
(2018/10/26-10:58)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018102600152&g=soc

絢子さま、先祖に結婚ご報告 宮中三殿をご拝礼
2018.10.26 11:46
日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)とのご結婚を29日に控える高円宮家の三女、
絢子(あやこ)さまは26日午前、皇居・宮中三殿に拝礼し、皇室の先祖に結婚の報告とお別れのあいさつをする
「賢所皇霊殿神殿(かしこどころこうれいでんしんでん)に謁(えっ)するの儀」に臨まれた。
絢子さまは午前10時ごろ、髪を束ねて長く後ろに垂らす「おすべらかし」に結い、
祖母の三笠宮妃百合子さまから借り受けた大正天皇の妃(きさき)、
貞明(ていめい)皇后ゆかりの「小袿(こうちぎ)」や「長袴(ながばかま)」など古式ゆかしい装束姿で、
皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る賢所の回廊を進まれた。
賢所の中では座ってご拝礼。歴代天皇や皇族の御霊(みたま)を祭る皇霊殿、
国中の神々を祭る神殿でも同様に拝礼し、結婚により皇室を離れることを報告された。
母の高円宮妃久子さまや姉の承子(つぐこ)さまをはじめ皇族方も前庭で見守られた。
同日午後には宮殿で「朝見(ちょうけん)の儀」が行われ、絢子さまが天皇、皇后両陛下に感謝の言葉を述べられる。
結婚式は29日、東京・代々木の明治神宮で行われる。
https:// www.sankei.com/life/news/181026/lif1810260025-n1.html

絢子さま 結婚式を前に両陛下にお別れ「朝見の儀」
2018年10月26日 18時48分
高円宮家の三女の絢子さまが、3日後の結婚式を前に、
天皇皇后両陛下にお別れのあいさつをされる「朝見の儀」が、26日、皇居で行われました。
絢子さまは、ロングドレスに勲章を付けて、皇居・宮殿の「松の間」で「朝見の儀」に臨まれました。
絢子さまは、まず、天皇陛下の前に進み出て一礼し、
「今日まで長い間、深いご慈愛をもってお導きいただきましたことを謹んで御礼申し上げます」と述べられました。
これを受けて、天皇陛下は「このたびはおめでとう。今後とも二人で愛をはぐくみ、
よい家庭を築いていくよう願っています。二人の末永い幸福を祈ります」とはなむけの言葉を贈られました。
続いて、絢子さまが皇后さまの前に進み出てお礼を述べられると、
皇后さまは「このたびはおめでとう。どうかお二人してよい家庭を築き、ともによい社会人として過ごしていかれますように、
お二人のご健康と幾久しいお幸せを祈ります」と述べられました。
このあと、黒豆と日本酒、それにみりんを煮詰めた九年酒と呼ばれる酒が盃に注がれ、両陛下と絢子さまが別れの盃を交わされました。
そして、ごはんやかまぼこ、塩ゆでしたえびなどが盛られたお祝いのお膳に、
両陛下と絢子さまがはしをつけるしぐさをされ、儀式が終わりました。
絢子さまが皇族として皇居を訪ねるのは26日が最後で、
宮殿の前では、宮内庁の職員や皇宮警察の護衛官らおよそ350人が整列して絢子さまを見送り、
絢子さまは職員らの拍手に繰り返しおじぎをして応えられていました。
絢子さまとお相手の守谷慧さんの結婚式は、今月29日に東京の明治神宮で行われます。
https:// www3.nhk.or.jp/news/html/20181026/k10011687241000.html

絢子さま、名誉職継続を検討=皇籍離脱後も、初のケース
29日に日本郵船社員守谷慧さん(32)との結婚式を控えた高円宮家の三女絢子さま(28)が、
皇族の身分を離れた後も、現在務めている日加協会や日本海洋少年団連盟の
名誉総裁職を継続される方向で検討が進んでいることが26日、宮内庁関係者への取材で分かった。
宮内庁によると、絢子さまは結婚後も名誉総裁を続けることに前向きな意向を示しており、
今後両団体と調整し、正式に手続きを進める方針。実現すれば初めてのケースとなる。(2018/10/26-18:53)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018102601101&g=soc

絢子さま、結婚後も名誉職継続へ
初のケース、公務担い手不足で
高円宮家の三女絢子さま(28)が、29日に日本郵船社員の守谷慧さん(32)と結婚し、
民間人となった後も、現在務めている2団体の名誉総裁職を引き続き担われる方針であることが26日、
宮内庁や団体の関係者への取材で分かった。
宮内庁によると、女性皇族が皇室を離れた後も名誉職を継続して務めた例は過去にないが、
団体側が名誉職を皇族に限っていないため問題はない、としている。
絢子さまの意向は既に2団体に伝えられており結婚後、正式に手続きする見通し。
公務の担い手不足が深刻化する中、一つの打開策として、
秋篠宮家の長女眞子さま(27)らにも影響を与える可能性がある。
https:// this.kiji.is/428462898237244513?c=39546741839462401

「いい家庭を」絢子さまきょう結婚式、恩師らが祝福 
2018.10.29 00:18
高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまと日本郵船勤務、
守谷慧(けい)さん(32)の結婚式が29日、東京・代々木の明治神宮で行われる。
幼いころから音楽に親しみ、スポーツに打ち込まれた絢子さま。
ご成長を見守ってきた恩師らは、絢子さまの門出を祝福した。

「私も弾いてみたい」
チェロを愛した父、高円宮さまが宮邸で寺田義彦さん(61)のレッスンを受けられているうちに、
幼稚園児だった絢子さまが自ら望まれ、寺田さんの指導が始まった。
絢子さまの練習中、高円宮さまがこっそり部屋に入り、即興で伴奏されることもあった。
「絢子がお父さまのチェロを使えるようになるまで教えてください」
高円宮さまが平成14年に薨去(こうきょ)された際、寺田さんは久子さまからこう頼まれた。
12歳の絢子さまは子供用チェロを使っていたが、その後、父の遺品を引き継ぎ、大学時代まで愛用された。
同じくチェロを弾く天皇陛下が、高円宮さまに譲り渡されたものだった。
寺田さんは「ご家族で演奏すると、絢子さまは低音部を担当し、主旋律を引き立ててこられた。
結婚後は守谷さんに支えてもらい、いい家庭を築いていただきたい」と願いを込めた。
学習院女子中・高等科で4年間、絢子さまの学年担任を務めた駒田由美子さん(61)は
「明るく活発で、スポーツがお得意だった」と振り返る。
絢子さまは高等科の3年間、臨海学校で遠泳に挑戦する中等科2年の後輩たちを指導する「助手」を務められた。
「一緒に海で泳ぎ、励ましの声をかけられていた。後輩から慕われるリーダー的な存在だった」(駒田さん)
文化祭では会計責任者に立候補するなど、学校行事にも積極的に関わられた。
「周囲の人の意見もしっかり聞ける方。皇族として培った品格を生かし、
新たな家庭をスタートしていただきたい」。駒田さんはこうエールを送った。
https:// www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290003-n1.html

絢子さまと守谷さん ご結婚式 明治神宮
2018.10.29 11:42
高円宮妃久子殿下の三女、絢子(あやこ)女王殿下と
日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)の結婚式が29日、東京・代々木の明治神宮で行われた。
同日午後に港区役所に婚姻届が提出され、28歳の絢子さまは皇室を離れて守谷絢子さんとなられる。
皇族方のご結婚は平成26年10月、久子さまの次女、で絢子さまの姉にあたる千家典子(せんげのりこ)さん以来。
皇室のご構成は天皇陛下、男性皇族4方、女性皇族13方の計18方となる。
絢子さまはこの日朝、髪をおすべらかしに結い、袿袴(けいこ)という装束姿で、
守谷さんの使者に迎えられる「入第(じゅだい)の儀」に臨まれた。
その後、守谷さんの待つ明治神宮へご移動。参道には友人らが駆けつけ、お二人を祝福した。
式場の神楽殿で絢子さまは「小袿(こうちぎ)」「長袴(ながばかま)」の装束に着替え、
モーニング姿の守谷さんと神式の結婚式に臨まれた。
式には、久子さまや姉の承子(つぐこ)さま、皇族方が参列され、元皇族、両家の親族ら計約30人が立ち会った。
30日には東京都千代田区内で皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方や三権の長らを招いた晩餐会が開かれる。
https:// www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290023-n1.html

絢子さま「何と幸せなことなんだろう」
毎日新聞2018年10月29日 12時58分(最終更新 10月29日 13時03分)
守谷さん「前を向いて笑顔の絶えない家庭を」
高円宮家の三女絢子さま(28)と守谷慧さん(32)は29日、結婚式を終えた後、報道陣の取材に応じた。
絢子さまは「明治神宮に多くの方にいらしていただき、ご祝福をいただきまして、
何と幸せなことなんだろうとかみしめております」と笑顔を見せた。
守谷さんは「二人でしっかりと手を取り合って、前を向いて笑顔の絶えない家庭を築いてまいりたい」と話した。
【高島博之】
http:// mainichi.jp/articles/20181029/k00/00e/040/231000c

絢子さまと守谷さんご結婚 久子さまのご感想
2018.10.29 13:11
本日、滞りなく結婚の儀が終わり、安堵いたしますとともに、
多くの方々に祝福していただきましたことに感謝申し上げます。
絢子は幼い頃より自分の家庭をもつ日を夢に描いてまいりました。
親として、今日まで、独り立ちする日に向けての準備期間と捉えて育ててまいりましたが、
これからは親元で過ごした年月よりはるかに長い時を守谷家の一員として生きていくことになります。
二人で多くの喜びと幸せに満ち溢れる、良き家庭を築いてくれるよう願っております。
これから始まる新しい生活に馴染んでいく中で、絢子には、
今までお世話になった方たちへの感謝の気持ちを忘れることなく、
いままで経験し、学んできた様々なことを糧に、家族のため、社会のために力を尽くしてほしいと思います。
最後に、本日の式に至るまで、お世話になりました大勢の方々に、心より感謝の意を表します。
https:// www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290027-n1.html

絢子さまと守谷さんご結婚 守谷さんの父、治さんのご感想
2018.10.29 13:16
本日、明治神宮にて結婚式が滞りなく執り行われましたことに安堵するとともに、
大きな喜びを感じております。
これまで多くの方々にお世話になりこの日を迎えることができました。たいへん感謝いたしております。
今後二人が温かい家庭を築き、末永く幸せに暮らすことができるよう願っております。
本日の結婚にあたり祝福をいただきました多くの方々に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
https:// www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290028-n1.html


父と母のような夫婦になれるよう努力していきます」 絢子さま、守谷さん会見全文
2018.10.29 14:29
絢子さまは29日の結婚式後、守谷慧さんとともに報道陣の質問に答えられた。一問一答は次の通り。

--本日はおめでとうございます
絢子さま、守谷さん「ありがとうございます」

--結婚式を終えられたご心境はいかがですか
守谷さん「今日という日をこのような形で迎えることができまして、大変ありがたいことだと存じます。
本日、多くの方に温かく見守っていただき、また、いただきましたこのご縁、改めて深く感謝をいたしております」

絢子さま「私の高祖父にあたります、明治天皇が祭られております明治神宮にて、
挙式をできたことをうれしく思っております。
また公務で参りました地方先では『おめでとう』とたくさんの方にお声がけを頂きまして、
また今朝ほども、この明治神宮に多くの方にいらしていただき、ご祝福をいただきまして、
なんと幸せなことなんだろうとかみしめております」

--絢子さまはこれから皇室を離れて生活をされますが、
今後の新生活はどのように過ごしていきたいか、お考えをお聞かせください
絢子さま「皇族の一員に生まれるということは、天皇、皇后両陛下をお支えすることだと教わりながら育ちました。
今日をもって私は皇族を離れますが、元皇族として天皇、皇后両陛下をお支えしていくということに
変わりはございません。今後の新生活についてですが、会見でも申しましたが、自戒の念を込めて、
もう一度申しますと、日常に慣れすぎず、かけがえのない日々の些細(ささい)なことを、
きちんと二人で、幸せや喜び、楽しさを二人で感じていければと思っております」

--守谷さんはいかがですか
守谷さん「絢子さんにとっては、おそらく、今までの生活と違う部分が、あろうかと思います。
そういったときには、私がしっかりとできる限り支え、二人でしっかり手を取り合ってですね、
前を向いて笑顔の絶えない家庭を築いてまいりたいと、このように考えております」

--ご家族やご親族に対するお二人のお気持ちをお聞かせください
守谷さん「今日に至るまで私を30年余り育てていただき、また特に私がつらいときも、
家族にすごく支えていただいたということがありまして、思い返すと、
非常に感謝の気持ちでいっぱいでございます。
今後は二人でよき夫婦として日々を過ごしてまいりたいと、そのように考えております」

--お母さまに対してはどうですか
守谷さん「母もおそらく喜んでくれていると思いますので、今までありがとうございましたと、
今後ともよろしく見守ってくださいと、そのように声をかけたいと思っております」

--絢子さま、いかがでしょうか
絢子さま「この両親の間に生まれて、本当に幸せだったと思う28年間でございました。
また、両家の祖母たちが元気なうちに、こういう二人の晴れ姿というものを見せることができて、
とてもうれしく思っております。私の家族に対する気持ちは結婚したからといって、
変わるものではございません。また、家族からも今までと変わらず、
愛情をもって見守っていただけるように、二人で精いっぱい努力してまいりたいと思っております」

--お父さまの高円宮さまには、いかがでしょうか
絢子さま「父がここにいないことがとても残念ではありますけれども、
父もきっとこの結婚を喜んでくれていると思いますし、
父と母のような夫婦になれるよう努力していきますと伝えたいと思います」

--守谷さん、結婚指輪が見えていますけれども、お二方、交換された結婚指輪を見せていただくことは可能ですか
絢子さま「人様にお見せするために買った物ではございませんので、申し訳ございません」

--晴れ姿とさきほどおっしゃっていましたが、お互いの今日の晴れ姿をご覧になって一言ずつご感想を
守谷さん「私はこういう衣装をされるというのは聞いてはいましたけれども、
実際に拝見するのは初めてだったので、非常に美しいなと思いました」
絢子さま「今日のために仕立てたものですし、シルクハットは父の物をお貸ししているので、
何かすごく、うれしい気持ちでいっぱいです」

--鳥居のところで守谷さんの姿をご覧になったときは、絢子さまはどういうご感想でしたか
絢子さま「緊張しておりましたから、どういうふうに言ってくれるかな、
どういうふうに見えているかなと、ドキドキしておりました」

--このたびはおめでとうございました
絢子さま「これからも高円宮家をよろしくお願いいたします」

https:// www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290035-n1.html

181029.jpg

絢子さま、結婚後も名誉職継続へ
2018.10.29 14:28
絢子さまは結婚し、民間人となった後も現在務めている日加協会と
日本海洋少年団連盟の名誉総裁職を引き続き担われる方針。
絢子さまの意向は既に2団体に伝えられており、今後、正式に手続きする見通し。
宮内庁によると、女性皇族が皇室を離れた後に名誉職を継続して務めた例はないが、
団体側は名誉職を皇族に限っていない。
皇族減少による公務の担い手不足が懸念される中、他の未婚の女性皇族の活動にも影響を与える可能性がある。
絢子さまは今年に入り、母の久子さまから2団体の名誉総裁職を引き継がれた。
カナダ留学の経験や若い世代が活動する必要性などが考慮されたという。
日加協会名誉総裁の立場では、6月に宮邸で協会会長らとご懇談。
9月には、日本海洋少年団連盟の名誉総裁として青森県八戸市で訓練の様子を視察し、団員の少年らと交流された。
https:// www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290034-n1.html

高円宮家
ピンク色ドレスの絢子さん 結婚披露晩さん会
毎日新聞2018年10月30日 20時05分(最終更新 10月30日 20時16分)
皇太子さま「笑いの絶えない明るい家庭を」と乾杯あいさつ
高円宮家の三女絢子さん(28)と日本郵船社員、守谷慧さん(32)の結婚を披露する晩さん会が
30日夜、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。
皇太子ご夫妻ら皇族方や安倍晋三首相など約70人が2人の門出を祝福した。
絢子さんはピンク色のイブニングドレス、守谷さんはタキシード姿。
絢子さんのドレスは、守谷さんの母季美枝さん(2015年死去)がNPOで女性の自立支援活動をしていた
カンボジアで作られたシルクが使われた。
安倍首相の祝辞後、皇太子さまが「どうぞこれからもお互いを助け合って、
笑いの絶えない明るい家庭をお築きください」と乾杯のあいさつをされた。
秋篠宮ご夫妻や長女眞子さまも出席した。
出席者には、絢子さんのお印の葛(くず)などをあしらった陶製ボンボニエール(菓子器)が贈られた。
宮内庁は同日、皇室の戸籍に当たる「皇統譜」から絢子さんを除籍した。
皇室経済法の規定で国から一時金1億675万円が支払われた。新婚旅行は予定していないという。【稲垣衆史】
http:// mainichi.jp/articles/20181031/k00/00m/040/055000c

181030.jpg

絢子さんと守谷慧さん門出、70人祝福…晩餐会
2018年10月30日
29日に結婚した高円宮家の三女絢子さん(28)と、守谷慧さん(32)夫妻の結婚披露晩餐会が30日夕、
東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。
晩餐会には、皇族方や三権の長ら70人が出席し、二人の門出を祝福した。
ピンクのイブニングドレス姿の絢子さん、タキシード姿の守谷さんが皇太子ご夫妻とともに入場し、
母親の久子さまや姉の承子さま、千家典子さんらが見守られた。
安倍首相の祝辞に続き、乾杯のあいさつに立った皇太子さまは、
「絢子さんは小さい時から、チェロを巧みに弾いておられた」と思い出を披露。
皇太子さまが英国留学中、守谷さんの祖父母と交流があった縁を明かし、
「笑いの絶えない明るい家庭をお築きください」と述べられた。
https:// www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20181030-OYT1T50141.html

ドレスがつなぐ両家の「絆」 デザイナーが語る秘話
10/30 20:43
29日に結婚した、高円宮家の三女・守谷絢子さんと慧さんを祝う晩さん会が30日午後、行われた。
今回、絢子さんのドレスを担当したデザイナーの鈴木紀男さん。
20代の時、3年間、パリで経験を積み、その後、高円宮家や芸能人などの衣装を担当。
歌手の中島みゆきさんや、由紀さおりさんらの「紅白歌合戦」の衣装なども手がけた、一流デザイナー。
高円宮家とのつながりは深く、1990年に久子さまのマタニティーイブニングドレスを作ったのが始まりだったという。
この時、おなかの中にいたのが、三女・絢子さん。
2014年には、次女・千家典子さんの披露宴と晩さん会のドレスもデザイン。
高円宮家にとって、記念となる大事な日の装いは、鈴木さんが手がけてきた。
鈴木紀男さんは、「お嫁に行く時には、『紀男先生お願いね?』、
『わたし、かわいくね?』って。やはり今回はね、重大な責任がありますので」と話した。
実は、今回のドレスには、絢子さんのある思いが込められていた。
鈴木紀男さんは、「絢子さまが、そういうご希望をなさって、やはり着てみたいっていうお話だった」と話した。
ドレスに使われている、淡いピンクのシルク生地。
これは、慧さんの母・季美枝さんが亡くなる前の年、2014年に高円宮家に贈ったもの。
当時、NPO(民間非営利団体)法人「国境なき子どもたち」の専務理事を務めていた季美枝さんが
その活動を通じて、自ら選んだものだった。
鈴木紀男さんは、「シルクで光沢があって、ちょっとハリがあるので、
このボリューム感を出すのも、とっても出しやすい素材だったんです」と話した。
両家の縁を大切にする絢子さんと久子さまの強い希望で、この生地はドレスに使われることになった。
絢子さんは、2018年7月の婚約内定会見で、両家の縁についても触れていた。
絢子さん「母の思惑がどうであったのかはわかりませんが...2人でさまざまな場所へ行き、
時間や思い出を共有していく中で、自然とお互いにひかれ合い、
今日という日を迎えられましたことは、両母親のつないだ、すてきなご縁だったのかなと思っております」
慧さん「親を突然亡くしたことによる心情の変化、そのようなものに理解を示していただき、
心の距離がさらに縮まったと、そのように感じます」
慧さんの亡き母・季美枝さんから、絢子さんの母・久子さまへ。
そして、そのシルク生地が、晩さん会のドレスへと生まれ変わった。
絢子さんの思いが込められたのは、ドレスだけではない。
高円宮家と長年おつきあいがある、山崎伊久江美容室の2代目・山崎伊久江さんは、
「ドレスの小花に邪魔をしないようなヘアスタイルを、私と絢子さまで考えさせていただいて」と話した。
先週の朝見の儀や30日の晩さん会で、絢子さんのヘアメイクを手がけた。
山崎伊久江さんは、「宮家を離れて初めての晩さん会ということで、
今までにしてこられなかったようなヘアスタイルをしてみたいということで、
今日は今までにはなかったような印象のヘアスタイルに」と話した。
皇族の身分を離れたことで、今までできなかったヘアスタイルにしたい。
晩さん会の髪形には、そんな思いが込められていた。
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00404383.html

守谷絢子さんと慧さん、天皇・皇后両陛下に挨拶
10月29日に明治神宮で結婚式を挙げた高円宮家の三女・守谷絢子さんと夫の慧さんが1日午前、
天皇皇后両陛下に挨拶するため皇居を訪れました。
守谷絢子さん夫妻は、午前10時過ぎに皇居に到着すると、
待ち受けた報道陣に一礼し、両陛下の待つ御所に向かいました。
1日の訪問は、結婚式などを無事済ませたことを報告し、これまでの感謝の気持ちを伝えるものです。
その後、2人は皇太子ご夫妻にあいさつし、各宮家も訪問したということです。
30日、都内のホテルで開かれた晩餐会では、皇太子ご夫妻や安倍総理など
あわせて70人が出席し、2人の門出を祝福しました。
https:// news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3512329.html

  • 最終更新:2019-06-10 15:12:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード