靖国神社関連

社報「靖国」平成20年1月号掲載
http://
www.yasukuni.jp/~sukei/page180.html
秋篠宮様は、かつて生物学の泰斗近藤典生先生の死を大変悲しまれ、ご同行予定だった 
メキシコの調査旅行に先生の遺骨の入った袋を肌身離さず持ち歩かれたことがあり、
日頃、唐書にいう忘形の交わりをなさることに感動致します。
当神社の例大祭における六宮家からの
玉串料御献進の取りまとめもして下さっていると伺っております。

====================

日本会議愛媛県本部会長、久松氏の葬儀 しめやかに
4月7日7時50分配信 産経新聞《2008》
心不全のため81歳で死去した日本会議愛媛県本部会長、久松定成氏の葬儀・告別式が6日、松山市の大林寺で行われた。
参列者らは「誇りある日本」のために尽力した温厚誠実な故人の遺徳をしのび、
ご親交のあった天皇、皇后両陛下と秋篠宮文仁親王ご夫妻のご弔意も霊前で披露された。
旧松山藩の第18代当主の久松氏は、愛媛大教授時代に昆虫の分類を専門に研究。
日本会議愛媛県本部の設立当初から、会長として活躍し、14年からは靖国神社崇敬奉賛会会長なども務めた。
弔辞に立った靖国神社の南部利昭宮司は「病床にあっても『靖国神社のおまもりを続けなければ』と言い続け、その気持ちに感動しました」と弔意を述べた。
加戸守行知事は「誇りある国づくりに尽力され、新憲法制定問題など国の重要課題に積極的に取り組まれた」と故人の功績をたたえ、お別れの言葉を述べた。
最終更新:4月7日7時50分


====================

拾い物

靖国神社の秋季例大祭式後の宮司さんのお話
秋篠宮家をはじめ各宮家から玉ぐし料が納められた事、三笠宮寛仁親王殿下のご参拝があったことなどが伝えられました。
両陛下のご勅使も見えられた中で、東宮家にはなにもなさっておられない。

東宮家だけが靖国神社の春季例大祭にも8月15日の戦没者慰霊大祭にも全く何もしていない。

春秋の大祭、みたままつり、8月15日の戦没者慰霊大祭などにおいて、
他の宮家からは御玉串料の御献進や御参拝をなさっておられるとのことですが、
東宮家におかれましては、毎年そうなのですが、靖國神社に対しては一切何もなさっておられないという現実があります。

====================

  • 最終更新:2018-12-16 13:08:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード