雅子妃「うつ病」原因は「外交官の死」と報じた英紙

週刊新潮2006年6月22日号
雅子妃「うつ病」原因は「外交官の死」と報じた英紙
サンデー・タイムズの記事を下敷きに、奥大使と雅子妃の「ロマンスのうわさがあった」と記載。
二人が外務省にいた期間は2ヶ月ほど。
奥大使と雅子妃の「ロマンス」は、奥大使の死が雅子妃の引きこもりのきっかけになった。
奥大使の死が雅子妃の精神を崩壊させた。

日刊ベリタ
2006年07月08日04時01分掲載
雅子妃の病、きっかけは奥参事官の死 日本メディアが黙殺した英紙報道 「二人は親密な友人だった」
東京8日=高瀬宏】英紙タイムズは今年6月4日号(日曜版)で日本の皇室、
特に皇太子妃の雅子さんについてセンセーショナルな特集記事を報じていた。
日本の大手メディアが「黙殺」したマイケル・シェリダン氏執筆の同記事は、
雅子さんがなぜ、2003年末から精神のバランスを崩し、鬱状態に陥ったかについて核心に迫る「ある事実」を明らかにしている。
雅子さんの心の病は、03年11月に起きたイラクの日本人外交官殺害事件がきっかけだったという内容で、
日本のメディア関係者の間でもひそかにささやかれていた「真相」だ。
http:// www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200607080401426

  • 最終更新:2017-01-29 15:14:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード