雅子さまは障スポよりも愛子さまの運動会を優先?

雅子さまは障スポよりも愛子さまの運動会を優先?〈週刊朝日〉
10月18日(木)16時3分配信
10月13日、愛子さまが風邪をひき運動会を欠席されたため、雅子さまは姿を見せなかった。
しかしこの日、岐阜県では全国障害者スポーツ大会(障スポ)が開かれ、皇太子さまが臨席していた。
病気療養中の雅子さまは公務よりもプライベートを優先しているのだろうか。
障スポは、天皇陛下が東宮時代に提言したことがきっかけで始まった、天皇家とかかわりが深い行事だ。
天皇陛下は東宮時代、ほぼ毎年出席し、欠席したのは昭和天皇が危篤に陥った1988年だけ。
美智子さまもこのときと、礼宮さま、紀宮さまを出産した前後の3回を除いて出席していた。
皇太子の重要行事である「8大行啓」の一つと位置づけられていて、今も皇太子さまは毎年出席しているが、
雅子さまは愛子さまが初等科1年生と2年生のときも障スポに出ず、日程が重なった愛子さまの運動会に足を運んだ。
病気療養中で、「会場が遠方でご負担になる」というのが欠席の理由だった。
だが、愛子さまが3年生の年には、障スポの会場が幕張メッセだったのに、
雅子さまは開会式が行われているのと同じ時刻に、20キロ弱しか離れていない東京都江戸川区の
公営アイススケート場で愛子さまに付き添っていた。
このとき、宮内庁幹部は、「雅子さまは、公務や皇室が守ってきた作法よりも、私事を確信的に
優先なさっている」と嘆いた。体調が万全でないとはいえ、今回も平然と運動会に姿を見せていれば、
批判は免れなかっただろう。 
※週刊朝日 2012年10月26日号
http:// zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121018-00000010-sasahi-soci

週刊朝日2012年10月26日号
10.13 両陛下は福島、皇太子さまは岐阜で公務
除染視察の裏でわき起こった愛子さま運動会“狂騒曲”
8時45分に愛子さまの欠席が宮内庁から発表。風邪で37、5度の熱。
「愛子さまはリレー選考に落ち、少し悔しそうな様子だったようだ」初等科保護者
観戦予定の雅子さまも現れず
「雅子さまは撮影を嫌っているし、参加すればまたプライベートを優先、と批判される恐れがあり、
雅子さまにとってはよかったのではないか」前出ウォッチャー
同日、皇太子さまの岐阜での障スポーツ大会ご臨席の公務があった
愛子さま3年の時、同大会は千葉で行われたが、雅子さまは20キロしか離れていない江戸川区のスケート場に、
愛子さまの付き添いに行っていて、宮内庁幹部は「雅子妃は公務より私事を優先する」と嘆いた。
「療養中とは言え、観戦より皇太子さまとの公務が本来の姿。両陛下の福島行きの日に観戦では
批判を受けただろう。席を取らせていたのに愛子さまが欠席など不可解で、
どちらにせよ疑念を呼んでしまうことになった」神田秀一
午前9時半に出発の両陛下が、お帰りになったのは午後8時を回ってから
あまりに違う両家の一日は、国民にどう映っただろうか。
http:// zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121018-00000000-sasahi-soci

  • 最終更新:2017-07-29 21:26:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード