雅子さまの歌人としての素質

和歌の“相談役”が驚く「雅子さまの歌人としての素質」

和歌の“相談役”が驚く「雅子さまの歌人としての素質」
〈週刊朝日〉dot. 12月8日(日)7時19分配信
宮内庁御用掛で、昭和天皇や皇族方の作歌指南役を務めた歌人の岡野弘彦氏は
雅子さまの歌人としての恵まれた才能についてこう話す。
1983年に宮内庁の御用掛になり、93年にご結婚を控えた雅子さまの「お妃教育」の和歌のご相談役を務めました。
雅子さまは語学がご堪能ですが、「歌は初めてです」とおっしゃって、
語学の講義の時間を和歌に置き換えられたようです。講義は1コマ90分。
15分のティータイムを挟んで、1日2コマ。それを何日か受けていただきました。
まず、日本の和歌のルーツについてお話ししました。
「相手の心を感動させることがまず大切で、これが歌の伝統の原点です」とお話しすると、
「そうなんですの?」と興味深そうにお聞きになっていました。
雅子さまは、とても頭が良く、感性の鋭い方です。質問がとても鋭くセンスが良く、
作られる歌も初めてとは思えないほどお上手でした。歌人としての素質も十分お持ちだと思います。
雅子さまのお詠みになった歌で、私がいちばん心に鮮明に残っているのは、
最初の歌会始で琵琶湖の情景をお詠みになった一首です。
湖面を照らす澄明な月の光を皇太子さまとお二人で眺めておられるお気持ちが、
古典的な風格で調べ高く歌われています。大変、感心し、安心しました。
お妃教育が終了してからも月1回、東宮御所へお伺いして、
皇太子さま、雅子さまそれぞれに講義をさせていただいていましたが、
お二人の仲睦まじさに、何度も温かい気持ちにさせていただきました。
新婚当時の雅子さまはきらきらと輝いておられ、東宮御所の玄関先の階段を皇太子さまと手をつないで、
弾むような足取りで下りてこられたこともあります。
私は御用掛を2007年に退きました。10月、文化功労者の顕彰を受け、約6年ぶりに皇居で雅子さまにお会いしました。
お顔色が非常によく、表情もいきいきとされていて、本当にお元気になられていました。
大変、ほっとしました。皇太子さまと確かな信頼で結ばれておられる雅子さま。
50歳の節目を機に、お二人で新しい歩みを進めていかれるよう、心から願っております。
※週刊朝日 2013年12月13日号
http:// zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131208-00000001-sasahi-soci

雅子さま「皇后」への覚悟 歌会始でうかがえた体調と心境

雅子さま「皇后」への覚悟 歌会始でうかがえた体調と心境
更新 2017/1/19 07:00
政府は新天皇の即位を2019年元日で調整しているが、
雅子さまの最近の好調は、「皇后」となる覚悟の表れなのだろうか。
1月13日の「歌会始の儀」では雅子さまの和歌も披露された。歌ほど詠み手の本音がにじむものはないと言われる。
雅子さまの心のひだを、和歌から読み解いていこう。
宮内庁の医療関係者からは、こんな案が出たことがあった。
「雅子さまはお妃(きさき)教育の頃から、和歌について熱心に勉強され、才能もおありだと聞いています。
歌を通じて体調を改善できないかと内部で検討したのです」
変化の兆しを周囲が感じたのは、3年前。14年の歌会始の場だった。
<悲しみも包みこむごと釜石の海は静かに水たたへたり>(14年、題「静」)
前年、東日本大震災のお見舞いで岩手県釜石市を訪れた際の情景だった。
この少し前から別の宮内庁関係者は
「ご家族のこともよろしいが、国民や社会の事象をお詠みになるほうが……」と、
じかにお話ししていた。当時、雅子さまが勧めに従ったのは、前年の成功体験が後押ししたに違いない。
その年の春にオランダへの公式訪問、秋には泊まりがけ地方公務である釜石市訪問を実現させた。
踏み出したこの一歩は、好循環を生んだ。
「11年ぶりの晩餐(ばんさん)会出席へとつながり、15年にはトンガをご訪問。
さらに12年ぶりの園遊会出席を果たされた。妃殿下の表情に明るい笑顔が浮かび、
『勝負カラー』と言われる白色の装いも増えたように感じます」(東宮関係者)
千代田関係者らによれば、天皇陛下から退位について皇太子さまと秋篠宮さまに話が伝わったのは、この時期だ。
和歌の変化は、雅子さまがひそかに「覚悟」を固めた表れだったのか。
あまり知られていないが、雅子さまの心境を推しはかるうえで、重要な出来事があった。
15年の新年に、愛子さまが新しい御地赤の着物で皇居に参内したのだ。
皇室に着物を納める「銀座きものギャラリー泰三」店主、高橋泰三さんがこう話す。
「御地赤とは直系の女性皇族である内親王方が、数えで5歳の年から成人になるまで
元日など節目となる日に身に着ける宮中の伝統的な着物です。
上品な朱赤の絹地に、松や梅などおめでたい柄の刺繍(ししゅう)が金糸などで施されたもの。
愛子さまの1着目に配された鳳凰の意匠は美智子さまのご指示によるものでした」
秋篠宮家は、眞子さま、佳子さまの成長に合わせて2着目の御地赤を作った。
愛子さまの御地赤は成長に間に合わなかったのか、制服をお召しの年もあった。
雅子さまの体調の安定とともに、生活も落ち着き始めたのだろうか。
「13年に東宮家よりご注文があり、14年暮れには2着目を納めることができたのです」(高橋さん)
そして16年の歌会始。雅子さまは福島県の訪問先で出会った高校生に未来を重ねた歌を披露している。
<ふるさとの復興願ひて語りあふ若人たちのまなざしは澄む>(16年、題「人」)

雅子さまは4月、春の園遊会に姿を見せ、7年ぶりの宮中祭祀参列。6月は皇太子の8大行啓のひとつである
「全国『みどりの愛護』のつどい」への出席と、岩手県訪問で、1カ月に2回の地方公務を実現した。
秋には学習院女子中等科3年の愛子さまが体調を崩し、雅子さまの公務のペースも落ちたが、
無理のない範囲で続けている。
1月13日の「歌会始の儀」の前夜。雅子さまの順調な回復ぶりを示す、ちょっとした出来事があった。
皇居に、皇太子ご一家、秋篠宮家のご家族が集まり、両陛下を囲んで新年恒例の夕食会があった。
参内する皇太子ご一家が半蔵門を通過する際、なじみの記者に気づいた雅子さまは、自ら窓を開けて会釈した。
少し前まで、報道陣を見かけると車内のカーテンを閉めることも少なくなかった。会釈された記者は、
「雅子さまの取材を長く続けていますが、初めてのことに驚きながらも、幸せな気持ちになりましたね」
と喜びを漏らした。
天皇陛下が昨年8月に退位をにじませるメッセージを出し、政府は19年元日の代替わりを目指すと報道された。
となれば、平成の「歌会始の儀」も来年が最後である。
歌会始の選者を務める永田和宏さん(69)は、今年は御所の庭にある
季節の草花を詠んだ皇后美智子さまの和歌が強く印象に残ったと語る。
<土筆(つくし)摘み野蒜(のびる)を引きてさながらに野にあるごとくここに住み来(こ)し>
永田さんは、和歌には、様々な想いが込められているのでは、と見る。
ひとつは、御所の自然への愛着。二つ目は狭い居住空間で生活を送る都内の人びとに対し、
恵まれた環境にあることへの申し訳なさもかすかに伝わる。
三つ目は、御所での生活の横には、いつも陛下がおられたこと。その幸せへの感謝だ。
「両陛下は、つねに言葉に対する慎み深さがにじみ出るような和歌をお詠みになる。
『慎み』とは、言葉をおそれ、口にする行動への責任と自覚です。
和歌は自分の思いを表現する言葉の模索を続ける作業。だとすれば、
国民の象徴たる天皇、皇族方が和歌を詠む意味も、そこにあるのではないでしょうか」(永田さん)
平成の天皇、皇后両陛下は和歌を詠み、平和への祈りを捧げながら、ひたすら国民に寄り添い続けてきた。
2年後には新天皇、皇后のもとで「歌会始の儀」が催される見通しだ。
おふたりは、どのような和歌を詠むのだろうか。
※週刊朝日  2017年1月27日号より抜粋
https:// dot.asahi.com/wa/2017011800020.html

雅子さまの特別な思い


  • 最終更新:2018-07-27 13:50:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード