車 事故

2016年11月20日 紀子妃殿下、悠仁親王殿下が乗った車が事故

秋篠宮妃・紀子さまと悠仁さまらが乗った車が事故
(2016/11/20 11:48)
中央自動車道で秋篠宮妃・紀子さまや悠仁さまら6人の乗った車が追突する事故がありました。
20日午前7時半すぎ、神奈川県相模原市の中央自動車道下り線から「乗用車の衝突事故があった」と通報がありました。
警視庁によりますと、渋滞中の車列に乗用車が追突したということです。
この乗用車には相模湖方面に向かっていた秋篠宮妃・紀子さまや悠仁さまら6人が乗っていたということです。
プライベートで山登りに行く途中で、紀子さまや悠仁さまにけがはありませんでした。
乗用車を運転していた宮内庁の職員の男性は、「渋滞に気付くのが遅れた」と話しています。
http:// news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088233.html


紀子さま・悠仁さま乗る車、中央道で追突事故 けがなし
20日午前、中央自動車道下り線で、秋篠宮妃・紀子さまと長男・悠仁さまらが乗ったワゴン車が、
前を走る車に追突しました。紀子さま、悠仁さまにけがはありませんでした。
警視庁などによりますと、20日午前7時半すぎ、相模原市緑区の中央自動車道下り線で、
宮内庁職員の男性が運転するワゴン車が渋滞の最後尾についていた乗用車に追突しました。
ワゴン車には秋篠宮妃・紀子さまと長男・悠仁さま、それに悠仁さまの友人親子の合わせて5人が乗っていましたが、
いずれもけがはなく、追突された乗用車を運転していた男性(51)もけがはありませんでした。
この追突で悠仁さまらが乗ったワゴン車はバンパーの部分に亀裂が入ったということです。
紀子さまと悠仁さまは友人の親子と私的に出かける途中だったということで、警視庁高速隊は追突の詳しい原因を調べています。
(20日11:30)
http:// news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2919713.html


2016.11.20 12:38
紀子さま、悠仁さまお乗りの車が事故 おけがはなし 中央道で追突
秋篠宮妃紀子さまと長男の悠仁さまを乗せた車が20日朝、相模原市の中央自動車道下りで追突事故を起こした。
宮内庁によると、物損事故で、紀子さまと悠仁さまはけがをされておらず、
相手の車の乗客にもけがはなかった。紀子さまと悠仁さまは私的に出かけられる途中だったという。
http:// www.sankei.com/life/news/161120/lif1611200033-n1.html


紀子さまと悠仁さまが乗る車が追突事故 けが人なし
11月20日 15時03分
20日朝、神奈川県の中央自動車道の下り線で、
秋篠宮妃の紀子さまと長男の悠仁さまが乗られた宮内庁の車が、
渋滞の列で前の車に追突する事故がありました。けが人はいませんでした。
20日午前7時40分ごろ、神奈川県相模原市の中央自動車道の下り線、
相模湖インターチェンジ付近で、宮内庁の30代の職員が運転するワゴン車が渋滞の列で前の車に追突しました。
宮内庁によりますと、車には、登山のため山梨県方面に移動されていた紀子さまと長男の悠仁さま、
それに悠仁さまの友人ら6人が乗っていましたが、追
突された前の車に乗っていた男性も含め、けが人はいませんでした。
警視庁などによりますと、ワゴン車のバンパーが損傷したということで、
紀子さまと悠仁さまの一行は、このあと予定どおり、目的地に向かわれたということです。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20161120/k10010776211000.html


紀子さまらの車事故、警備態勢は 皇太子家は全て青信号
2016年11月20日16時56分
20日午前7時40分ごろ、秋篠宮妃紀子さまや長男悠仁(ひさひと)さま、宮内庁職員ら計6人が乗ったワゴン車が、
相模原市緑区の中央自動車道下り線で追突事故を起こした。けが人はなかった。
警視庁高速隊によると、ワゴン車を運転していたのは宮内庁の30代の男性職員。
渋滞の最後尾で止まっていた50代男性の乗用車に追突し、ワゴン車のバンパーに亀裂が入った。
関係者によると、紀子さまや悠仁さまは私的な外出で、友人らと登山のため山梨県に向かっていたという。
現場は片側2車線で、ほぼ直線だった。
天皇、皇后両陛下や皇太子家が車で移動する場合、前方を白バイなどが先導し、後方に警備車両がつく。
だがそれ以外の皇族の場合、筆頭宮家の秋篠宮家を含め、警察の車両が後方に1台つくだけ。
信号も両陛下、皇太子家の場合はすべて青信号になるが、秋篠宮家は一般車と同様に赤信号で停車する。
ただ、悠仁さま(10)は皇位継承第3位で、天皇陛下の孫の世代で唯一の男性皇族。
「交通事故などに遭いかねず、態勢を見直すべきでは」との声が宮内庁内外であがっていた。
一方で、両陛下や皇族方はかねて「できるだけ一般社会に迷惑がかからないように」との意向を示し、
天皇陛下は皇太子時代から「他の車の迷惑にならないよう、自然な流れのままに」と希望。
皇太子さまや秋篠宮さまも昭和時代、「警備は国民と皇室を隔てるものであってはいけないと思う」
「万一の警備のため、他の人にさしさわりが出て、迷惑をかけるのはこちらとしても困る」などと発言していた。
http:// www.asahi.com/articles/ASJCN4GFVJCNUTIL00F.html


2016.11.20 19:10更新
秋篠宮ご一家のお出かけに交通規制なし 追突事故の背景
紀子さまと悠仁さまが乗られた車が渋滞中に追突事故を起こした背景には、
天皇、皇后両陛下や皇太子ご一家とは異なる宮家の皇族方の警備事情がある。
両陛下や皇太子ご一家が車で出かけられる場合、前方を白バイなどが先導し、後方に警備車両が続く。
通過する一般道の信号を全て青信号にし、高速道路も交通規制するため、渋滞に巻き込まれることはない。
一方、皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても例外ではなく、
宮家の皇族方には後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。
両陛下をはじめ皇族方は交通規制で一般社会に迷惑をかけたくないとの意向を持たれているが、
警備関係者は「重大事故に遭われてからでは遅い。今後、態勢を見直す必要があるかもしれない」と話している。
http:// www.sankei.com/life/news/161120/lif1611200047-n1.html


2016.11.21 17:03
宮内庁次長「警備態勢見直しせず」 紀子さま、悠仁さまご乗車の自動車事故で
宮内庁の西村泰彦次長は21日の定例会見で、秋篠宮妃紀子さまと悠仁さまが乗られた車が
20日に追突事故を起こしたことについて「運転手の前方不注意が原因」との認識を示し、
「警備態勢を見直すことは考えていない」と述べた。
西村次長によると、事故が起きた相模原市の中央道下り線は渋滞中で、前方の車が急ブレーキをかけたため、
運転手の宮内庁職員も急ブレーキをかけたが、間に合わずに追突した。当時、霧も発生していた。
秋篠宮ご一家をはじめ宮家の皇族方の警備態勢については以前から見直しを求める声が出ていたが、
西村次長は「今回の事故が警備態勢を強化しなければいけない事態ではないと認識している」と釈明した。
皇室の警備態勢については、両陛下や皇太子ご一家が車で出かけられる場合、前方を白バイなどが先導、
後方に警備車両が続く。通過する一般道の信号を全て青信号にし、高速道路も交通規制するため、渋滞に巻き込まれることはない。
一方、宮家の皇族方には後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。
皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても例外ではない。
西村次長は「お車の運転は大変重要な職務で、安全運転についてはしっかり指導をしていく。再発防止を徹底したい」と強調した。
http:// www.sankei.com/life/news/161121/lif1611210020-n1.html



2017年4月26日 眞子内親王殿下が乗った車が事故

眞子さま乗られた車、物損事故…技官が運転
2017年04月27日 13時05分
秋篠宮家の長女眞子さま(25)が乗られた乗用車が26日、都内の路上で物損事故を起こしていたことが、宮内庁への取材でわかった。
同庁によると、運転していたのは同庁の男性技官で、26日午後6時過ぎ、千代田区丸の内の交差点を右折する際、
右後輪が中央分離帯に接触し、パンクした。眞子さまら同乗者にけがはなかったという。
同庁は「安全運転意識の向上を徹底したい」としている。
同庁では昨年11月にも、相模原市の中央道で、秋篠宮妃紀子さまと長男悠仁さまが乗られたワゴン車が、乗用車に追突する事故が起きている。
http:// www.yomiuri.co.jp/national/20170427-OYT1T50066.html


眞子さま乗せた車 分離帯の縁石に接触 けがはなし
4月27日 13時27分
26日に秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまを乗せた車が、東京・丸の内の交差点で中央分離帯の縁石に接触し、5タイヤがパンクする事故がありました。
眞子さまにけがはありませんでした。
26日午後6時すぎ、東京・丸の内で、眞子さまを乗せて宮内庁の男性職員が運転していた車が5交差点を右折しようとしたところ、
中央分離帯の縁石に接触しました。車は右の後ろのタイヤがパンクしましたが、眞子さまや職員にけがはありませんでした。
眞子さまは、東京大学の博物館の客員研究員として東京・丸の内の施設に勤務していて、
お住まいのある赤坂御用地に戻られる途中だったということです。
事故について宮内庁は「原因は運転手のハンドル操作の不注意で、安全運転の意識向上を徹底したい」と話しています。
去年11月には神奈川県の中央自動車道で、秋篠宮妃の紀子さまと長男の悠仁さまが乗られた宮内庁の車が、
渋滞の列で前の車に追突する事故があり、宮内庁は「安全運転については今後も特にしっかり指導し、再発防止を徹底したい」と話していました。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20170427/k10010963111000.html


宮内庁長官「極めて遺憾」…眞子さま乗車で事故
2017年04月27日 20時05分
秋篠宮家の長女眞子さま(25)が乗られた乗用車が26日夕、東京・丸の内の交差点を右折中、
右後輪を中央分離帯に接触させる物損事故があった。
けが人はなかった。宮内庁の山本信一郎長官は27日の定例記者会見で、
「極めて遺憾で申し訳ない」と述べ、運転技官の安全教育を徹底する考えを明らかにした。
昨年11月には、秋篠宮妃紀子さまと長男悠仁さまが乗られたワゴン車が乗用車に追突する事故が起きており、
同庁は衝突被害軽減ブレーキ付きの車2台を秋篠宮家に配備し、対策を進めていたところだった。
http:// www.yomiuri.co.jp/national/20170427-OYT1T50105.html

  • 最終更新:2017-07-23 12:43:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード