英国訪問への意欲 

愛子さま花束贈呈妄想~タイガーマスクの決意~ドタキャンするかも申し入れ等

女性セブン2010年12月23日号
皇太子妃雅子さま 英王子「京都新婚旅行」招待の意気込み
いまだお一人での登校が難しい愛子さまだが、最近では変化も見え始めている。
先日行われた初等科祭では、男の子とも手をつなぎ、明るい笑顔を見せられるなど、
とても前向きになられているような気がする。(学習院関係者)
11月25日、雅子さまは約1ヵ月半ぶりに公務を果たされた。
そんな雅子さまに来春、英国のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式に、
皇太子様と一緒に出席されるというプランが浮上している。
「英王室としては、天皇皇后両陛下をご招待したいという考えもあるようだが、
ご高齢の両陛下のご負担を鑑みて、宮内庁としては、皇太子ご夫妻が代わりに
ご出席するという方向で話が進んでいるようです。両陛下も、ぜひ皇太子夫妻に、
という気持ちがお強く、また、この時期はちょうどゴールデンウィークで、
そのお休みを利用して愛子さまのご同行も検討されているようです」(宮内庁関係者)
雅子さまと英国の縁は深い。
また、故・ダイアナ元妃に雅子さまは互いに皇太子妃であるという以上の親近感を持たれていたという。
二人の対面が実現したのは95年2月8日。
「皇太子様を含めたお三方は、通訳なしでお話が弾んでいました」(当時を知る宮内庁関係者)
「当時のダイアナ元妃はチャールズ皇太子と別居中で、非常にナーバスな状態でしたが、
雅子さまの流暢な英語のせいか、とてもリラックスされて話されたともいいます」(前出・宮内庁関係者)
そんなダイアナ元妃は日本を発つ際、「そう遠くない時期に、また雅子さまに会いたい」と熱望されていたという。
だが、ダイアナ元妃は97年、不慮の事故死を遂げ、その願いはとうとう叶わなかった。
「だからこそ雅子さまは、ダイアナ元妃の忘れ形見であるウィリアム王子の結婚を、心から
祝福して差し上げたいという気持ちを強くされている。ケイトさんは民間出身の妃となるわけですから、
雅子さまは先輩としてのアドバイスをという気持ちもおありだとおもう」(前出・宮内庁関係者)
さらに雅子さまの胸を躍らせるような計画が浮上していた。
それは、ウィリアム王子とケイトさんの新婚旅行先を日本にするというプラン。
ダイアナ元妃がチャールズ皇太子とともに初来日した86年、皇太子様の案内で京都を巡られた。
「ダイアナ元妃は京都が大変お気に召したようです。帰国してからも、京都の話を至る所でしていたみたいですね。
その素晴らしさを母から聞かされていたウィリアム王子は、母の思い出の地をたどるために
京都へのハネムーンを計画されているそうです」(外務省関係者)
ウィリアム王子の願いを知った雅子さまは、二人の日本での新婚旅行が実りあるものとなるよう、
そのプロデュース役をと、意気込まれているという。
「つい先日、東宮家からウィリアム王子の御結婚のお祝いの品として、
日本人形と着物が発注されたそうです。その着物には、ケイトさんを日本に招待し、
京都を訪れたときのために…という雅子さまの並々ならぬ思いが込められているような気がしますね」(前出・宮内庁関係者)


週刊新潮2010年12月30日・1月6日号
「ウィリアム王子」結婚式参列に意欲という「雅子妃」に吹いた北風
愛子さまにかかりっきり状態の雅子さまだが、ご成婚当時、“皇室外交”を掲げられていただけに、
英国ウィリアム王子の結婚式参列には意欲をおみせになっているという。
そもそも、皇太子さまはかつてオックスフォード大学に留学し、英国王室とも親交が深い。
「雅子妃も外務省時代、オックスフォードに留学されていますし、なにより95年に
東宮御所でダイアナ元妃とご歓談され、強いシンパシーを感じられたようです。
ダイアナ元妃が亡くなられると、”遺された王子さま方がお健やかに成長されることを
お祈りしたい”と沈痛な面持ちで会見されていました。その王子の結婚式ですから、
ご夫妻揃っての参列に並々ならぬ意欲をお持ちなのです。」(宮内庁関係者)
だが、残念ながらイギリス行きはスンナリとは決まりそうもない。
「一般的に、そうした招待状は天皇陛下宛てに届き、相手国と調整しながら、
どなたに参列していただくかを決める。王子の継承順位からすると、
わが皇室では皇太子殿下ではなく秋篠宮さまが参列されるのが順当です。
加えて、雅子妃のご病状のこともあり、急にドタキャンされたら困りますし、
ましてや公務をずっと休まれていたのにこんな時ばかり、という批判が国民から持ち上がるかもしれませんし…」(同)


女性自身2011年2月8日号
雅子さま念願の英国訪問は「秋篠宮ご夫妻に…」宮内庁の“冷酷”!
雅子さまは最近あることで強いショックを受けられたのだという。
「雅子さまが悩んでいらっしゃるのは、4月29日にロンドンで行われる
ウィリアム王子の結婚式のことです。ダイアナ元妃が最後に来日したとき、東宮御所で歓談されたのは皇太子夫妻でした。
08年10月にチャールズ皇太子とカミラ夫人が来日したときも夕食会にお招きしています。
そういったご縁もあって、“私たちがイギリスにうかがったほうがよいのでは”と考えていらっしゃいますし、
雅子さま自身も訪英を強く希望されているのです」(皇太子夫妻の知人)
「しかし、宮内庁から反対の声が上がっていることをお聞きになり、
“私の訪英は認められないのでしょうか”と落胆されているというのです」(前出・知人)
「宮内庁の反対の声とは大きくいえば2つの意見。1つは“格の問題”。
もう1つは、“雅子さまは日本国内の公務もお休みになっているのに、いきなり海外公務に行かれて大丈夫なのか”という危惧の声」(前出・知人)
皇族の海外ご訪問はどうやって決まるのか。
「基本的には、外務省から“どこそこの国からオファーがきています”という連絡が、宮内庁式部職の外事担当に来ます。
式部職のトップである式部官長、宮内庁長官、次長ら宮内庁の幹部たちが、どなたに行っていただくかを相談したうえで、
両陛下のご許可を得るという流れです」(元宮内庁職員・山下氏)
現在、宮内庁内は“慣例では、イギリスには秋篠宮ご夫妻に行っていただくのが順当だし、無難なのでは”という意見が大半を占めているという。
「雅子さまが海外訪問に意欲的でいらっしゃることは、政府にも伝わっています。
しかし、宮内庁からの意見は“雅子さまご自身のご病状の他に、
愛子さまの不登校問題が解決していない以上、雅子さまの早期の海外ご訪問(訪英)は、困難と拝察している”というものなのです」(政府関係者)
「愛子さまが誕生される前、雅子さまの海外ご訪問が認められない時期が続きました。
海外ご訪問よりも、お子さまを産まれることを優先するべきだという宮内庁内の意見が強かった。
私には雅子さまに対して非常に冷酷な仕打ちであると感じましたが、今回の訪英でも同じことが繰り返されようとしています」(皇室ジャーナリスト・松崎氏)
「不登校問題はあせって解決出来るものではない。しかし、このままでは雅子さまへの負担も大きいだろう。
もし私が主治医だとしたら、4月の新学期からは、愛子さま一人での登校をお勧めすると思う」(精神科医・磯部氏)
「ウィリアム王子の結婚式は後々まで“世紀のウエディング”として記憶されることになるだろう。
ヨーロッパ中の王族がお祝いに駆けつける場ですし、皇太子夫妻では格が高すぎる、
という意見には違和感を覚える。4月の訪英は、それを希望している雅子さまにとっては、
公務復帰への最大のチャンス。さらに、愛子さまの不登校問題のチャンスでもある」(文化女子大客員教授・渡辺氏)
雅子さまのご希望が尊重され、ご公務復帰への道が拓かれることを祈りたい。


女性セブン2011年2月17日号
皇太子妃雅子さま「英王子結婚式」出席実現を前に
皇后美智子さまへ「タイガーマスク」の決意
宮内庁は、ウィリアム王子の結婚式に皇太子夫妻の出席を検討していることを明らかにした。
今回の件は両陛下の強い後押しがあったそうだ。
海外親善は雅子さまが皇室に嫁がれて以来、望まれていたもの。
今回の訪英によって、雅子さまの気持ちがさらに前向きになり、
本格的な公務復帰につながればという考えもおありのようだ。(宮内庁関係者)
今回、両陛下が皇太子夫妻の出席を後押しされた理由には、「タイガーマスク現象」が
関係しているという。今年はじめ、両陛下と皇太子夫妻が歓談される機会があったが、
さまざまな話題の中で、両陛下も皇太子夫妻もともに関心を寄せられたのが「タイガーマスク現象」。
特に雅子さまはこの現象に対して深い感銘を受け、「ご自身もタイガーマスクのような
活動、つまり“子どもたちに希望を与えられることがしたい”という願いを両陛下に話されたそうです。
そのため、今後はできるだけ多くの児童養護施設へ訪問したいという意向も話され、その雅子さまの姿に美智子さまは大変喜ばれていたそうです。
この前向きな気持ちこそが、両陛下の英国訪問の後押しにつながったのではないでしょうか。
また、雅子さまは側近に、今後のスケジュールに施設訪問がないかなども確認されるなど、真剣な様子だったとも聞いています」(前出・宮内庁関係者)
雅子さまが子どもへの思いを特に強くしたのは愛子さまの存在が大きい。
02年での会見でも、同年の児童養護施設訪問での感慨を話し、
同年にオーストラリア訪問した際も小児病院を訪ね、事故で車椅子の生活が続く
9歳の少年の頬に思わずキスをされ、その胸にある思いを「やはり難しい境遇に置かれている
子どもたちには心を寄せていきたいと思っておりまして…(後略)」と述べられている。
雅子さまのこの根底にある思いこそ、タイガーマスクの思いに通じるものであろう。
さらに今回、その気持ちを強くさせたのは東宮女官長事務代理の岡山さんの存在があったという。
「岡山さんは若い頃から児童養護施設の仕事に関わり、現在も養護施設の理事をなさっている。
当然、今回のタイガーマスク現象はお二人の間でも話題となり、岡山さんが雅子さまに
“公務復帰はここから始められては”などとお話しになったのではないか」(前出・宮内庁関係者)


サンデー毎日2011年2月27日号
ウィリアム王子結婚式で愛子さまの花束贈呈計画
皇太子夫妻の訪英検討を3ヵ月も前に発表したこと、しかも英王室から打診の直後だったことはまさに出来レースではないだろうか。(宮内庁関係者)
皇太子ご夫妻の出席は大いに疑問。格が違う。伝統と格式が重んじられなければならない。(橋本明氏)
秋篠宮同妃両殿下が出席されると思っていた。(山下晋司氏)
なぜ皇太子夫妻なのか。
「その鍵は発表の時期にあるのではないか。以前から皇太子夫妻出席の方向で協議が重ねられてきた。
この時期に発表することで、結婚式までの3ヵ月間で雅子さまは徐々に公務に復帰する。
春季皇霊祭や神武天皇祭など賢所のお祭りに出席されるかもしれない」(前出・山下氏)
これが2ヵ月前なら、公務復帰の時間が足りなくなるという見方だ。
サプラズプランも浮上しているという。
「英国からの要請があればだが、愛子さまに花束贈呈といった役割があれば、
愛子さまも訪英できる。それは雅子さまが最も望まれる形での訪問だろう」(宮内庁関係者)


週刊女性2011年3月8日号
雅子さまドタキャン願い/愛子さま2時間目登校
皇太子ご一家イギリスを目指して―2つの“大準備”!
「先週の18日、皇太子ご夫妻は学習院初等科の音楽会に出席されました。先生方と愛子さまの
今後についての話し合いもされたかもしれませんね」(宮内庁関係者)
いまだ不規則登校が続く愛子さまだが、学校でお父様と過ごした嬉しさからか、
この日のお帰りは超ご機嫌!校門前をバーッと元気よく走り出して帰ろうとすると、
後ろから雅子さまに呼び止められたのか急ストップ。インフルエンザによる学級閉鎖のため、
集団下校するクラスメートや先生に笑顔でバイバイ。再びダッシュで車に乗り、下校。
「実はこの日、愛子さまは2時間目が始まる9時45分ごろに登校。3時間目からが当たり前に
なっていたので、かなりお元気になっているといえるかもしれません」(前出・関係者)
愛子さまには英国の結婚式で花束を贈呈する役を務められるのでは?という報道もされている。
実際に行かれるかどうかは別にして、不登校発覚から1年。「通常登校」に向けた準備のため、早い登校を心がけているのだろう。
さらに雅子さまの英国訪問をめぐっては、着々とその計画が進められているようだ。
「異例なことかもしれませんが、英国から最終的な招待状をいただいてから、“あるおうかがい”をするようです」(東宮関係者)
おうかがいとは?
「“雅子妃殿下がドタキャンしても大丈夫か”というお願いを改めて英国にする方向で話し合いをしているそうです」(前出・関係者)
逆にそういう準備があるほうが、雅子さまも安心して英国行きに向けて調整出来るかもしれない。


テーミス2011年3月号
英王室結婚式ご出席へ
皇太子ご夫妻「皇室外交」重視への批判
天皇陛下のご病状がすぐれない中プライベートの延長での“公務復帰”に疑問の声
▼“両陛下に代わって”のご出席
4月29日、英国ロンドンで行われるウィリアム王子とケイトさんの結婚式に
皇太子夫妻の出席が検討されている。実現すればなかなか海外訪問が出来ずに苦悩を深めていた雅子さまにとって、
’04年のオランダ静養以来の海外訪問となる。
1月27日、英王室は宮内庁に両陛下の招待を打診。31日、風岡次長が皇太子ご夫妻の出席を検討すると公表。
宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下氏はこう指摘する。
「宮内庁の対応の早さに驚いている。私は秋篠宮同妃両殿下が出席されると思っていた。
しかし、英国が両陛下を招待したいと打診してきたために、“両陛下に代わって”という
ことで、皇太子同妃両殿下の出席が検討されたようだ。おそらく、ファックスが届く前から
英国側と宮内庁の間で事前折衝があり、皇太子同妃両殿下の訪英“シナリオ”が
すでにできていたのではないだろうか。両陛下、両殿下、宮内庁が一丸となって妃殿下の公務復帰の舞台づくりをしたのだと思っている」


週刊朝日2011年3月11日号
皇太子ご一家は毎年春スキーを恒例に。今年も常宿が予約で埋まり、出掛ける可能性大。
これも訪英を国民が納得できるかの判断材料になる
国民の苛立ちも高まっている。訪英を非難するビラが何種類も作成され、ネットで拡散。
さらに印刷され、各地でゲリラ的にばらまかれている
「2月上旬、銀座の交差点で50代の女性がビラを大量にカバンにつめて配っていた」ビラを受け取った男性


皇室ウイークリー(170)
4月29日にロンドンで行われる英王室のウィリアム王子とケイト・ミドルソンさんの
結婚式について、宮内庁は今週、皇太子ご夫妻が出席される方向で調整していることを明らかにした。
病気療養中で、4年以上海外訪問のない皇太子妃雅子さまが、
皇太子さまと一緒に出席されることはできるのか…という点が注目を集めている。
宮内庁関係者によると、その後、英国王室側にも皇太子ご夫妻の出席で検討を進めることを
伝えたため、仮にお二方で出席できないことになっても、
代わりにほかの皇族方の出席が検討される可能性はほぼなくなったという。
「出席される、と連絡した後に、欠席に転じることは避けたい」(宮内庁幹部)との
配慮から、ギリギリまで雅子さまのご体調を見極めるため、今後英国から招待状が届いても、
出欠についての判断を、可能な限り先に延ばす可能性があるとみられる。
宮内庁の野村一成東宮大夫の4日の定例会見でも、雅子さまの出席の可能性について
質問が繰り返されたが、野村東宮大夫は「招待状が届いていない段階でお話しするのは控えたい」
「どういうご招待があるのかを正式に把握しないで推測に基づいて話すのはよくない」などと、慎重な言い回しに終始した。
宮内庁の風岡典之次長による31日の記者会見をもとに、今回の経緯を振り返ってみよう。
まず1月27日、エリザベス女王の意向として、天皇、皇后両陛下のご出席の可能性に
ついて尋ねる打診があった。だが、ご出席が難しいため、
「仮に招待をお受けにならない場合は、女王陛下が皇族の誰かを招待していただけることに問題はないか」
と宮内庁側が28日にファクスで返答。すると翌29日、英国側から宮内庁の式部官長に
電子メールで、「仮に両陛下がご出席頂けない場合には、喜んで皇族の方をご招待したい」とする回答があった。
宮内庁はこれを踏まえ、両陛下にもご相談をした結果、皇太子ご夫妻が出席される方向で調整することが決まった、というのが今回の流れだ。
ところで、ウィリアム王子は、英国の王位継承順位が2位。
皇太子さまが“格が上”になられるため、今回は異例の人選だとする意見が
週刊誌などでみられている。風岡次長はこの点について、「いろいろな考え方がある。
例えば、ヨーロッパの王室はいろんなつきあいがあるから、格でやるというわけでもないように思う。
それぞれのご招待があったときに、総合的に判断して、ということ」
「先方のご招待の考え方みたいなのを加味しながら判断する。
ある国は大事にし、ある国は機械的に、ということではない」などと説明している。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110205/imp11020507010001-n1.htm


皇室ウイークリー(174)
英王室は宮内庁に、4月29日に開かれるウィリアム王子の結婚式へ両陛下のご出席を打診したが、
両陛下はご出席が難しいとして、皇太子ご夫妻の参列が検討されている。
この園遊会の日程が、両陛下が英国を訪問されることが難しいとした最大の理由だったようだ。
園遊会には毎回、皇族方も出席されているが、皇太子さまは今回はご欠席となりそうだ。
ところで、週刊誌の報道では、結婚式に皇太子ご夫妻の出席が検討されていることについて、
「雅子さまのご健康回復にプラスになる」ことを両陛下が考慮されて決まった-などと、
雅子さまの健康問題と結びつけているものもある。
ある側近は取材に対し、こうした報道について「正確ではない。両陛下がお忙しくて出席できないため、
次の順番で皇太子ご夫妻に検討していただくことになった、という流れだ」とクギを刺した。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110305/imp11030507010001-n1.htm


3月11日 東日本大震災



皇太子ご夫妻、英王子の結婚式を欠席へ
日本テレビ系(NNN) 3月18日(金)17時44分配信
来月に行われるイギリス・ウィリアム王子の結婚式に招待されていた皇太子ご夫妻は、
東日本大地震を受け、出席を見合わされることになった。
皇太子ご夫妻宛ての結婚式の招待状は今月9日に宮内庁に届き、出席されるかどうかの検討が行われていた。
宮内庁によると、皇太子ご夫妻は、東日本大地震による甚大な被害状況や国民の心情をかんがみ、
招待を断らざるを得ないと判断されたという。
皇太子ご夫妻の意向を受け、宮内庁は18日、イギリス王室側に招待を断るとの返答をしたという。
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110318-00000073-nnn-soci


週刊文春2011年3月31日号
▼ウィリアム王子結婚式と雅子さま
震災後の3月18日、皇太子夫妻がウィリアム王子結婚式の招待を辞退する、と報じられた。
雅子さまの本格的な公務復帰の足掛りとしても注目されたが、欠席の判断は速やかに行われた。
「皇太子殿下は震災直後の14日には辞退の旨を東宮職に伝えていたそうです。
『せっかくのご招待だが、お断りせざるを得ない』との判断だったといいます」(宮内庁関係者)
この決断の背景には、両殿下の苦渋の決断があると、ベテラン皇室記者が指摘。
「阪神淡路大震災の直後、皇太子夫妻が中東を訪問したことが心無い批判を受けたのです」
両殿下の中東訪問は、湾岸戦争や英米仏のイラク攻撃で二度延期されており、
これ以上延期できないという政府決定があった。
「震災の中で旅立たれた両殿下は後ろ髪を引かれる思いだったそうで、
訪問国ヨルダンの国王に了承をもらい、異例の日程短縮もしている。
以降、しばらく海外に行けず、雅子さまの適応障害にも影響を及ぼしたといいます。
阪神淡路大震災十五周年の追悼式典では、体調の悪い中、雅子さまも出席され、
遺族の体験談に涙する場面もあった。今回の判断にはこの時の思いが反映されているように思われてなりません」(同前)


テーミス2011年4月号
皇室ジャーナリスト
少なくとも皇太子は夫妻での訪英を強く望まれていたと思う。
’08年スペイン訪問の際、雅子さんの同行がギリギリのタイミングで見送られて以来、
皇太子は閉塞感を持っているだろう。英国は二人とも留学経験がある特別な地。
早々に夫妻での訪英を発表することは、雅子さんが国内公務より同伴登校を優先させてきたという経緯や、地震の被害状況を考えると難しかった。
宮内庁関係者の囁き
皇太子夫妻は両陛下のご名代で日本のリーダーとして招待された。
もし雅子さんの体調が悪いからと、国内公務同様ドタキャンするようなことになれば、外交問題に発展する可能性があった。
大震災を理由に今回は欠席となったが、却ってよかったのでは。


産経皇室ウイークリー(178)
4月29日にイギリスで行われたウィリアム王子の結婚式についても質問が出たが、
(※野村東宮大夫は)
「両殿下との間で、その件は話題に致しておりません」とシャットアウト。
中継されたテレビをご覧になったかどうかも明らかにならなかった。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/110507/imp11050707000001-n2.htm

  • 最終更新:2017-03-10 22:53:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード