称号について

「秋篠宮」称号継続へ=皇后さまは「上皇后」-政府調整・天皇退位
政府は天皇陛下の退位に関し、皇太子さまが次の天皇に即位した後も弟の秋篠宮さまの称号を変更せず、
「秋篠宮」のままとすることで調整に入った。
退位後の皇后さまの称号については、新たに「上皇后(じょうこうごう)」を用いる方向だ。複数の関係者が30日明らかにした。
また、陛下の退位後の称号について、政府は歴史的に使われてきた「上皇」とし、
敬称は引き続き「陛下」とすることで最終調整している。
退位に関する新たな制度設計は、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の議論も参考に4月中にも決定し、
5月の連休明けに国会に提出する特例法案に盛り込む。
秋篠宮さまの称号に関しては、有識者会議が22日に行った専門家ヒアリングで、
「皇太子」か「皇太弟」のいずれかに変える案が出されていた。
だが、秋篠宮家は1990年の創設以来27年たち、国民の間にその称号が定着しているなどの理由から、
宮内庁は存続が望ましいとの立場を示しているという。
秋篠宮さまは称号を変えない場合でも、皇位継承順位1位の皇族として対外的には「皇太子」と表記し、
待遇も現在の皇太子ご一家と同等とする方向だ。
皇后さまの新たな称号については、22日のヒアリングで複数の専門家から、皇室典範でも用いられている「皇太后」を推す意見が出された。
しかし、先代の皇后を指す皇太后には「天皇が亡くなった後に使われる印象がある」との意見が強く、新たな称号を用いる方向となった。
敬称は「陛下」が有力だ。
「上皇」は「太上(だいじょう)天皇」の略称とされる。
「太上」には「至上」などの意味が込められているとして、正式の称号である「太上天皇」を使用することには
「天皇より上の存在がいるようなイメージとなり、象徴の二重性を招く恐れがある」と否定的な意見が政府内に多い。
(2017/03/30-19:03)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2017033001103&g=ryl

2017.3.31 11:52
菅義偉官房長官が「上皇后」の一部報道を否定 天皇陛下譲位後の皇后様の称号
菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、天皇陛下が譲位された場合、
皇后陛下の称号を「上皇后」とする方向で政府が検討しているとの一部報道について「政府が検討している事実はまったくない」と否定した。
http:// www.sankei.com/life/news/170331/lif1703310048-n1.html


秋篠宮さま「皇太子待遇」で調整 新たな称号は見送り
2017年4月5日00時14分
天皇陛下の退位後、皇位継承順位第1位となる秋篠宮さまについて、政府は「皇太子」と同様の待遇とする方向で最終調整に入った。
5月上旬にも国会に提出する退位を可能とする特例法案に関連規定を盛り込む方針だ。
新たな称号は見送る一方、秋篠宮さまに関連する予算はいまの皇太子さま並みに引き上げる。
一般の皇族のように皇籍を離脱できないようにもする。 複数の政府関係者が明らかにした。
政府は「秋篠宮家」は存続させる方向で、呼称も「広く国民に浸透している」(政府関係者)として、
これまで通りの秋篠宮さまとする案が有力となっている。
一方、海外からは皇太子と同格の処遇を受けるよう、英語で表記する際は皇太子を意味する「Crown Prince」を用いる方向だ。
皇室典範は皇太子について、「皇嗣(こうし)たる皇子(おうじ)」と定める。
「皇嗣」は皇位継承順位の第1位にある者、「皇子」とは天皇の子を指すとされる。
秋篠宮さまはいまの皇太子さまのお子さまではないため、天皇陛下の退位後にどう処遇するかが焦点となっていた。
政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長=今井敬・経団連名誉会長)では、
秋篠宮さまに何らかの形で「皇太子」の称号を付与する案や、新たに「皇太弟(こうたいてい)」とする案などが挙がっていた。
現行の皇室典範をもとに皇太子とするには、秋篠宮さまがいまの皇太子さまの養子に入り、皇子となる必要がある。
一方で、皇室典範は「天皇及び皇族は養子をすることができない」とも定めていることなどから、
保守派の反発を招きかねない典範改正は避けられず、政府は最終的に特例法案で皇太子待遇にとどめることにした。
皇太弟についても、天皇の弟に特別に称号を与えることが
「皇室典範が定める皇位継承の直系主義を揺るがす」(政府関係者)との意見が根強く、見送る方針だ。
http:// www.asahi.com/articles/ASK445DBGK44UTFK00F.html

秋篠宮さま敬称「皇嗣殿下」 政府方針
毎日新聞2017年4月13日 11時34分(最終更新 4月13日 12時43分)
天皇陛下の退位を可能とする特例法案の内容を検討している政府は、新たに皇位継承順位第1位の「皇嗣(こうし)」となる秋篠宮さまの敬称について、
従来の「殿下」に「皇嗣」を加えた「皇嗣殿下」とする方針を固めた。
13日午前に公表された退位に関する有識者会議第11、12回会合(今月4、6日)の議事概要によると、
第12回会合で出席者が「皇位継承順位1位の立場をはっきりさせるために『秋篠宮皇嗣殿下』などと呼ぶことはあり得るか」と質問。
宮内庁が「秋篠宮皇嗣殿下、皇嗣秋篠宮殿下、あるいは皇嗣殿下という呼称は十分可能」と説明した。
皇室典範では「皇太子」は天皇の子でなければならない。
政府は、秋篠宮さまが「皇嗣」となっても「秋篠宮」の宮号(みやごう)を維持し、敬称を「皇嗣殿下」とする方針。
海外から皇太子と同格の処遇を受けられるよう英語表記は「Crown Prince」とする。
秋篠宮家の予算や補佐機関などの待遇は現在の皇太子さま並みに拡充する。
このほか、第12回会合の議事概要によると、退位した天皇の称号について出席者が
「(陛下には)歴史上の上皇のように院政を敷く意向はないとみんなわかっている」と指摘したうえで
「単純にニュートラルな新たな称号として『上皇』を提案すべきだ」と主張。「上皇」を補佐する機関の名称は「『上皇職』がふさわしい」との意見も出た。
https:// mainichi.jp/articles/20170413/k00/00e/010/245000c

「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り
毎日新聞2017年5月23日 東京朝刊
天皇陛下の退位が実現し、皇太子さまが即位された場合に皇位継承順位1位となる秋篠宮さまについて
「皇太子」の称号が見送られた背景に、秋篠宮さまの意向があったことが明らかになった。
退位を巡る政府の有識者会議は、4月21日に首相に最終報告書を提出した。
報告は秋篠宮さまを現在の皇太子さま並みの待遇とし、「皇嗣殿下」などの称号を提案した。
政府関係者によると、有識者会議では、当初は秋篠宮さまの称号を皇太子とする案が有力だった。
3月のヒアリングでは専門家から「皇室典範を改正しなくても、秋篠宮さまを皇太子とすることが可能だ」との発言があった。
4月4日の会議では委員から「歴史上は次期皇位継承者は兄弟でも皇太子と称されることが大半だった」との意見が出た。
しかし、報告をとりまとめる前の4月に官邸幹部から有識者会議の関係者に対し、
秋篠宮さまの称号を「皇嗣殿下」などとする案が示された。
政府関係者によると、秋篠宮さまは周囲に、自身が皇太子として育てられていないことを理由に、
皇太子の称号に難色を示したという。
https:// mainichi.jp/articles/20170523/ddm/001/040/144000c

  • 最終更新:2018-09-23 16:33:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード