秋篠宮殿下ベトナムご訪問

秋篠宮さま ベトナムへ出発
8月16日 11時18分
秋篠宮さまは、研究テーマにしているニワトリなどに関する調査のため、16日、ベトナムへ出発されました。
秋篠宮さまは、成田空港で宮内庁の幹部らとあいさつを交わしたあと、16日午前10時半前、
ベトナムの首都ハノイに向けて出発されました。
秋篠宮さまは、17日、チュオン・タン・サン国家主席を表敬訪問するほか、ハノイ自然科学大学の博物館を訪れ、
昭和51年に当時皇太子だった天皇陛下から寄贈された新種のハゼの標本をご覧になります。
続いて、ラオスとの国境に近い山岳地帯の村を訪れ、研究テーマにしているニワトリなどの
家畜と人々の暮らしとの関わりについて調査されます。秋篠宮さまは、ニワトリに関する研究で
日本の大学の理学博士号を取得し、タイでも王女らと共同でニワトリの調査に取り組まれています。
今回は、日本の家畜の研究者らと少数民族によるニワトリの飼育の様子を視察するなどして
今月23日に帰国される予定です。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20120816/k10014314281000.html

秋篠宮さま、ベトナム主席と会見
時事通信 8月17日(金)18時14分配信
【ハノイ時事】ベトナムを訪問中の秋篠宮さまは17日、ハノイで
チュオン・タン・サン国家主席(大統領)と会見された。サン主席は、日本との外交関係樹立40周年に当たる
来年の「日越友好年」に、天皇、皇后両陛下をベトナムに招待したいと表明。
秋篠宮さまは「13年ぶりのベトナム訪問を大変うれしく思っている」と述べ、
サン主席が2011年6月の訪日で東日本大震災の被災地を慰問したことに謝意を伝えた。
今回の訪問は、鶏など家禽(かきん)類や少数民族の調査が目的で、ホアビン省マイチャウなどに滞在し、23日帰国する。 
最終更新:8月17日(金)18時14分
http:// headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120817-00000119-jij-soci

秋篠宮さま、ベトナムから帰国
ベトナムを訪問していた秋篠宮さまは23日朝、成田空港着の飛行機で帰国した。
16日からハノイや山岳地帯のマイチャウを訪問。研究テーマとするニワトリなど家禽(かきん)類の飼い方や伝承などを調べた。
秋篠宮さまはニワトリの研究で博士号を取得し、タイのシリントン王女とも共同で研究している。
2012年8月23日13時34分
http:// www.asahi.com/national/update/0823/TKY201208230241.html

  • 最終更新:2017-07-30 09:14:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード