皇太子ご夫妻鹿児島

皇太子ご夫妻 そろって鹿児島県を訪問へ
10月29日 17時02分
皇太子ご夫妻は、国民文化祭の開会式などに出席するため、
30日から2日間の日程でそろって鹿児島県を訪問される見通しとなりました。
雅子さまが宿泊を伴う地方での公務に臨まれるのはおよそ1年ぶりになります。
皇太子ご夫妻は、30日に鹿児島県入りして鹿児島市の水族館を視察したあと、
31日の午後、国民文化祭の開会式に出席される計画です。
雅子さまは、開会式に備えて体調を整えられるため、31日の午前中の行事には皇太子さまだけが臨まれます。
雅子さまは、今月、皇太子さまとともにこの春開校した福島県の高校を視察するなど、
2年ぶりに震災の被災地を訪れたほか、お住まいの東宮御所で行事に臨まれる機会も増えていて、
引き続き活動の幅が広がる傾向にあります。雅子さまが宿泊を伴う地方での公務に臨むのは、
去年11月に名古屋市で開かれた国際会議の開会式に皇太子さまと出席されて以来およそ1年ぶりになります。
宮内庁は、今回の雅子さまの日程について、当日の体調に問題がなければ予定どおり行われるとしています。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20151029/k10010286981000.html

雅子さま、1年ぶりに泊まりがけ公務へ 国民文化祭出席
2015年10月30日10時24分
皇太子ご夫妻は30日、国民文化祭のため鹿児島県に向かった。当初は皇太子さまお一人の予定だったが、
療養中の皇太子妃雅子さまも体調を整えて同行した。
雅子さまにとって宿泊を伴う地方公務は、昨年11月の愛知県以来、約1年ぶり。
雅子さまはこの日午前、皇太子さまとともに羽田空港で関係者から見送りを受け、
鹿児島空港行きの民間機に乗り込んだ。
31日午後に行われる国民文化祭の開会式にお二人で出席し、文化祭の行事である薩摩焼の展示会を視察する。
これに備え、雅子さまは同日午前を休養に充てる予定だ。
http:// www.asahi.com/articles/ASHBZ2R4BHBZUTIL002.html


皇太子ご夫妻、「国民文化祭」開会式出席のため鹿児島県ご訪問
2015/10/30 19:15
皇太子ご夫妻が、「国民文化祭」の開会式に出席するため、鹿児島県を訪問された。
雅子さまは、およそ1年ぶりの泊まりがけの地方公務となる。
30日午前11時半ごろ、鹿児島空港に到着した皇太子ご夫妻は、
沿道につめかけた大勢の県民の歓声に手を振りながら、笑顔で応えられた。
ご夫妻はその後、鹿児島市内の「かごしま水族館」を訪れ、ジンベエザメやマグロなどが泳ぐ、
「黒潮大水槽」をご覧になった。
雅子さまは、ジンベエザメを見て、「どこで捕ったんですか」など、リラックスした表情で質問をされていた。
雅子さまは、およそ1年ぶりの泊まりがけでの地方公務で、
31日、「国民文化祭」の開会式に、2人そろって出席し、帰京される予定。
http:// www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00307093.html

皇太子ご夫妻が鹿児島へ、水族館を訪問
2015年10月30日 21時17分
皇太子ご夫妻は30日、第30回国民文化祭の開会式に出席するため、空路で鹿児島県入りされた。
療養中の雅子さまが宿泊を伴う地方公務をされるのは、昨年11月の愛知県訪問以来。
ご夫妻はこの日、鹿児島市の「かごしま水族館」を訪問された。
ジンベエザメやエイなどが泳ぐ巨大水槽の前では、お二人は水槽に顔を近づけながら興味深げに観察。
雅子さまは悠々と泳ぐマダラトビエイを指さし、館長から「この水族館で生まれたのですよ」と説明を受けると、
皇太子さまとお二人で笑顔を見せられていた。
http:// www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20151030-OYT1T50125.html

皇太子さま、伝統の踊り見学 鹿児島、雅子さまは休養
2015/10/31 11:19 【共同通信】
鹿児島県を訪れている皇太子さまは31日午前、薩摩川内市の文化ホールを訪れ、
地元の民謡「正調川内はんや節」に合わせた手踊りを見学された。
雅子さまは鹿児島市内の宿舎で休養し、午後にご夫妻そろって第30回国民文化祭の開会式に出席する。
皇太子さまは、国民文化祭の行事の一つとして開かれる「全国はんやの祭典」の出演者のうち、
薩摩川内市で活動する保存会の演舞を見学し、拍手を送った。
出演者との懇談の場では、地元の小学5年永山恵愛さん(11)に
「いつもはどこでお稽古しているのですか」「これからも続けてくださいね」と話し掛けた。
http:// www.47news.jp/CN/201510/CN2015103101001185.html

国民文化祭開会式 皇太子ご夫妻もご出席
(鹿児島県)
国内最大の文化の祭典、国民文化祭が31日、鹿児島で始まった。
鹿児島で初めての開催となった第30回国民文化祭は、鹿児島市の鹿児島アリーナで、盛大に開会式が行われた。
式には皇太子さまと皇太子妃雅子さまも出席された。
皇太子さまは挨拶の中で東北の被災地についても触れ、「被災地の方々に勇気と明るさを与えるものとして、
国民文化祭が大きな役割を果たすことを期待しております。」と述べられた。
国民文化祭は音楽や演劇、芸術作品などを発表する文化の祭典で、皇太子さまは毎年、開会式に出席されている。
雅子さまは2007年以来、8年ぶりの出席となった。
開会式の目玉、オープニングフェスティバルでは、約1300人の出演者が鹿児島の自然や歴史、
文化などを劇や歌、ダンスで表現した。
皇太子ご夫妻は、時折顔を見合わせながらにこやかに鑑賞されていた。
また、出演者とも交流し、雅子さまが「とてもすばらしい歌だねのびやかな声で。」などと声をかけられていた。
国民文化祭は来月15日まで行われ、県内全ての市町村で様々なイベントが開かれる。
[ 10/31 18:24 KYT鹿児島読売テレビ]
http:// www.news24.jp/nnn/news8726922.html

雅子さま笑顔、広がる活動 12年ぶり、月に2度地方公務
2015年10月31日05時00分
皇太子ご夫妻は30日、国民文化祭のため鹿児島県に入った。
今月は福島県にも視察で訪れており、皇太子妃雅子さまが同じ月に2度の地方公務にあたるのは、
12年前に療養生活に入ってから初めて。活動の幅が着実に広がっている。
雅子さまはこの日、鹿児島市の水族館の巨大な水槽で、ジンベエザメがマグロやエイなどと泳ぐ様子を見て、
皇太子さまと顔を見合わせて笑顔で言葉を交わした。
31日には、鹿児島市内で行われる国民文化祭の開会式にお二人で出席し、
文化祭の行事である薩摩焼の展示会を視察する予定だ。
雅子さまは2003年10月に山形県と愛知県を訪問したのを最後に、この年の12月から長期療養に入っている。
こうしたなか、「妃殿下の自信につながったようだ」と周囲が挙げるのが、今年7月のトンガ訪問だ。
国王戴冠式など二つの行事に臨んだうえ、その翌日には、
疲労を考慮して見合わせる予定だった在留邦人との面会にも参加した。
緊張する相手に笑顔で語りかけ、会話を盛り上げた。
お一人での活動にも精力的に取り組むようになった。帰国後には、聖路加国際病院を「お忍び」で訪れた。
関係者によると、小児科病棟に入院中に重症の子どもたちに声をかけて励まして回ったという。
体調を整えて皇太子さまに同行する例も近ごろ多い。
今月8日には、東日本大震災からの復興状況を視察するため福島県をお二人で訪れた。
宮内庁幹部は「このいい傾向が今後も続けばと思うが、
妃殿下の重圧となるような過剰な期待は控えたい」と気遣う。(伊藤和也)
http:// www.asahi.com/articles/DA3S12043973.html

  • 最終更新:2017-05-14 12:06:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード