皇太子ご夫妻名古屋

皇太子ご夫妻、国際会議で愛知へ=雅子さま、1年ぶり地方公務
宮内庁は7日、皇太子ご夫妻が国際会議出席などのため、9~10日の1泊2日で愛知県を訪問されると発表した。
雅子さまの地方公務は1年ぶりとなる。
ご夫妻は9日、新幹線で名古屋市入りし、10日、同市で開催される「持続可能な開発のための教育に
関するユネスコ世界会議」の全体会合に出席し、帰京する。
雅子さまは体調を考慮し、他の行事には参加しない
(2014/11/07-16:34)
http:// www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014110700673

皇太子ご夫妻が名古屋にご到着
皇太子ご夫妻が名古屋を訪れました。雅子さまが愛知県に御来県されるのは9年ぶりです。
皇太子ご夫妻は、午前11時ごろにJR名古屋駅に到着され、
愛知県の大村知事や名古屋市の河村市長などが出迎えました。
ご夫妻は10日から開催されるESDユネスコ世界会議にご出席される予定です。
皇太子さまはこのあと、豊田市の明治用水の水源管理所などを視察されるということです。
雅子さまは体調に配慮して明日の世界会議の全体会合にのみご出席されます。
雅子さまが泊まりを伴う公務を行うのは1年ぶりで、愛知県を訪れるのはおよそ9年ぶりです。
更新時間:2014年11月09日 12:29
http:// www.nagoyatv.com/news/?id=92001&p=1

皇太子さまが愛知県内各地ご視察
9日、愛知県にご来県された皇太子さまが、豊田市の明治用水の管理所などをご視察されました。
皇太子さまは、10日から開催されるESDユネスコ世界会議に出席されるため、9日午前、JR名古屋駅にご到着されました。
午後から、豊田市の明治用水の水源管理所を訪問し、操作室などを視察され、
明治用水の歴史などの説明を興味深そうに聞かれました。その後、県立豊田東高校を訪問され、
国際理解活動など「ESD」に関する生徒たちの活動の報告をご覧になられました。
皇太子さまは生徒たちの輪に加わり、声を掛けられ、生徒たちの活動報告後には大きな拍手を送られました。
一方、下村文部科学大臣もESDユネスコ世界会議に出席するために名古屋を訪れ、
ノーベル物理学賞を受賞した天野浩教授と共に名古屋大学の赤崎記念研究館を訪問しました。
赤崎・天野両教授が研究するLEDは省エネ効果があることからESDの理念と合致します。
ESDユネスコ世界会議は10日日から3日間、名古屋国際会議場で開催されます。
更新時間:2014年11月09日 18:20
http:// www.nagoyatv.com/news/?id=92021

皇太子ご夫妻、愛知県入り=雅子さま、モロッコ王女らと懇談
皇太子ご夫妻は9日、「持続可能な開発のための教育に関するユネスコ世界会議」出席などのため、新幹線で愛知県入りされた。
雅子さまの地方公務は昨年11月の岩手県訪問以来1年ぶり。
宮内庁によると、雅子さまは到着後、ホテルで皇太子さまとともにモロッコ王女やユネスコ事務局長と非公式に約15分ずつ懇談した。
その後のレセプションは皇太子さまのみ出席した。
ご夫妻は同日夜、宮内庁を通じ「2人そろって愛知県を訪れることができうれしく思います」などとする感想を公表した。(2014/11/09-23:19)
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014110900212

皇太子ご夫妻、「持続可能な開発のための教育」国際会議にご臨席
2014.11.10 10:29更新
愛知県を訪問中の皇太子ご夫妻は10日午前、
名古屋市で、日本政府と国連教育科学文化機関(ユネスコ)が主催して開幕した
「持続可能な開発のための教育(ESD)」世界会議の開会全体会合に臨席された。
会議には各国の政府関係者や研究者が参加。
皇太子さまは英語でのあいさつで「今、私たち一人一人が、私たちの望む持続可能な未来に向けてどのように行動するかが問われています」と述べられた。
前日から愛知に入って1年ぶりに泊まりがけでのご公務となった皇太子妃雅子さまは、壇上で皇太子さまのごあいさつを見守られた。
ESDは平和や貧困、環境など地球規模の課題を学校や地域で学び、教育を通じて豊かな社会の実現を目指す概念。
日本が提唱し国連は05~14年を推進期間としてきた。会議は3日間。
http:// www.sankei.com/life/news/141110/lif1411100005-n1.html 

皇室:体調よく雅子さま泊まりがけ公務、1年ぶりに 愛知
毎日新聞 2014年11月10日 20時25分(最終更新 11月10日 20時27分)
愛知県を訪問中の皇太子ご夫妻は10日、安城市の「水のかんきょう学習館」をそろって訪れた。
皇太子妃雅子さまの泊まりがけの公務は昨年11月に東日本大震災の被災地、岩手県を見舞って以来1年ぶり。
同学習館は地元で活用されている明治用水について学ぶ環境学習施設で、当初は皇太子さまだけの訪問予定だったが、
雅子さまの体調がよく、同日昼ごろに急きょ、同行が決まった
この日は同市立梨の里小4年の児童75人が学習館で授業を受けており、ご夫妻は児童に問いかけながら視察した。
雅子さまは、付近に落ちているゴミを調べているグループの児童に「どんなゴミですか」などと質問。
学習館の外で待っていた市民らに気付くと、「どのくらい、待っていたんですか」などと気さくに声をかけていた。
また、雅子さまはこれに先立ち、名古屋市であった「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」の展示物を見学。
これも当初の日程にはなかったが皇太子さまとともに笑顔で見て回った。
山本信一郎・宮内庁次長は同日の定例記者会見で「体調を見ながらの公務になるが(活動が)今後、広がっていかれれば」と話した。
ご夫妻は同日夜、新幹線で帰京した。【真鍋光之、古関俊樹】
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141111k0000m040063000c.html


女性セブン2014年11月27日号
「皇太子ご夫妻が乗車された新幹線は、本来、平日と土曜日の限られた日に走る臨時列車だったんです。
その臨時列車を日曜日にスライドさせたわけです。皇太子さまおひとりのご公務なら、このような態勢はとりません。
きっと雅子さまもご一緒になられるということで、おふたりが乗られる新幹線が特定されないようにしたのだと思いますよ」(皇室記者)
また10日の帰京の際、当初、取材設定のあった東京駅での撮影を突如キャンセルされた。
「宮内庁は雅子さまのご負担を考慮してとのことでしたが、ただお帰りのなったところをカメラマンが撮影されるだけのことですから、
そんなにご負担になるとは考えづらいのですが…」(前出・皇室記者)
「今回、雅子さまはギリギリまで、園遊会に出席される意欲をお持ちだったそうです。
しかし園遊会は多くの人々たちと会話され、長時間になるため、ご負担が大きいということもあり、また晩餐会の疲れと
今回の愛知県ご訪問をお考えになられ、結局はいつも通り欠席となられたようです」(宮内庁関係者)


  • 最終更新:2017-06-04 17:10:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード