昭和の日 あの一体感取り戻したい

産経 主張
昭和の日 あの一体感取り戻したい
2008.4.29 03:28

今日は2回目の「昭和の日」である。言うまでもなく、この日は昭和時代の「天皇誕生日」だった。
昭和天皇が崩御された後、いったん「みどりの日」とされたが、激動の「昭和」という時代や昭和天皇を偲(しの)ぶため、
国民運動を背景に昨年から「昭和の日」となった。そのことの意味を今一度考える必要がある。
あの時代を振り返るとき、何といっても忘れられないのは、日本が未曾有の大戦を経験したことと敗戦から奇跡的といわれる復興を成しとげたことだろう。
ことに、戦後の復興から高度経済成長を経験した人々にとっては「よくぞ生き抜いた」との思いが強いに違いない。
その「力」となったのが、国民の中心に昭和天皇がおられたことである。
戦後の国づくりをめぐっては、敗戦によりそれまでの価値観の多くが否定されたこともあり、さまざまな考えの違いがあり、対決や抗争があった。
それでも大多数の人が前向きに取り組むことができたのは、国民の間に天皇を中心とした求心力があり「一体感」があったからといえる。
このことは、実に多くの人たちが、昭和天皇の全国御巡幸によって励まされ苦難に立ち向かうことができた、と述懐していることからも十分わかる。
ひるがえって今の日本の状況を考えるとき、そうした「一体感」が急速に失われているような気がしてならない。
政治の世界をとっても、党利党略で国の将来など考えない政治家が目立つ。
有権者も目先の利益だけで投票しているように見える。国民の意識がバラバラである。
民主主義の国だから、いろんな思想や意見があっていい。
だが「心」の部分までがバラバラであっては国の行く末は危うい。
その理由はさまざまに考えられるが、昭和の時代に比べ、国民の皇室への思いが希薄になっていることもそのひとつだろう。
グローバル化や近代化によって皇室に凝縮された日本の伝統文化への関心が薄れてきていることは間違いない。
しかし一方で、皇室自身や政府の側にもそうした伝統を軽んじていることはないのか、問い直す必要がありそうだ。
「昭和の日」の名称が定着しつつある今こそ、あの時代の「心」を取り戻すため、国民と皇室とが向き合って、皇室のあるべき姿についても考えてみるべきだ。
http://
sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080429/imp0804290329000-n1.htm

  • 最終更新:2016-12-15 21:23:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード