新興宗教と皇室 電波教祖達

創価以外にも様々なあやしい団体がうごめいている。

■ワールドメイト

※削除させられました

Toshu Fukami・メールマガジン
01/12/02
要約
生まれたばかりの愛子様について鑑定
・ろくでもない性質
・すばらしいプリンセス
・天才に近いけれどものすごく変わった方
・何かを変える人
・物事を根底から変えてしまう
・語学と音楽性に秀でた子
・子供時代に非常に厳しい教育を受ける
・人気運にもめぐまれ、海外に行っても評価が高い

(すべて外れてましたね)
他に
>こういう方が、もし女性天皇として立たれたら、日本のイメージはガラリと変わるのではないでしょうか。

という一文あり。

Toshu Fukami・メールマガジン
01/12/08 
敬宮愛子秘められた2つの意味

要約
師匠と名前が同じ
>「愛子を敬う宮」というのは、「スの神様と菊理姫を敬う宮」、
>即ち「皇大神社」。即ち「ワールドメイト」

>21世紀の日本皇室がイモっぽくなるのは、国民にとって恥ずかしいことです。
>お願いだぁ、浩宮様に似ないで!! ましてや紀宮様に……。
>雅子さまに、顔もスタイルもそっくりという姫になったら、世界の人たちも、
>「日本はなんて素晴らしいんだ!」と感動することでしょう。


※深見東州 神道系新興宗教ワールドメイト代表者

たちばな出版はワールドメイト傘下
松崎敏彌は2003年からワールドメイトと付き合いがあり、たちばな出版から本を出している
「東宮家の子育て」
「心豊かなお子さまに」 
「美智子さま 雅子さま 愛子さま」 

ワールドメイトは会員に「あなたの先祖は皇族だった」などと言っている
深見東州は平成14年12月1日発信のメルマガに高円宮殿下に関して
「お亡くなりになった理由として、三笠宮家の霊障が襲いかかった。
立山のゼウスが雷を落とした」などと発言。
http:// www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1412/141261a-fukami.html#01

寛仁親王殿下のことはけなすが高円宮殿下とは親しい。
亡くなった後、追悼コンサートも開催。

雅子様流産の際には宮家の妃殿下関係の稲荷信仰のせいと断言。
 
深見東州と高円宮殿下
日本の伝統芸術21世紀展実行委員会
名誉顧問 : 高円宮憲仁親王殿下
顧  問 : 奥野誠亮 衆議院議員・元文部大臣
会  長 : 小山宙丸 白鴎大学学長・前早稲田大学総長
副会長 : 堀江恭子 美術評論家・国士舘大学講師
深見東州 世界芸術文化振興協会会長(NPO法人)
http:// www.fukami.com/htmls/2001/20011029.html

ワールドメイト-みすず学園-みすず出版
國弘正雄著書中の対談
(対談:船橋洋一、加藤周一、グレゴリー・クラーク、
鈴木孝夫、高円宮憲仁親王、千田潤一、深見東州)
http:// www.tachibana-inc.co.jp/detail.jsp?goods_id=216 


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

■幸福の科学
皇太子妃・雅子さまの守護霊インタビュー『皇室の未来を祈って』大川隆法
「(跡継ぎ問題等で)皇太子殿下に、ご迷惑、ご心配をおかけいたしましたし、国民のみなさまや、
天皇・皇后両陛下にも、ご心配をおかけいたしました。さらに、私一人の罪ゆえにか、
女性天皇問題等、いろいろと法整備の問題が出てきたりいたしまして、本当につろうございました」

「私自身は、日本神道系の魂ではございません」

「『皇室行事は、単なる、文化的な儀式、儀礼ではない。実際に宗教的意味のある儀礼や祭祀を行っていて、
その中心が天皇陛下だ』ということが分かったのです」
「私の不勉強のせいで、『天皇陛下は日本の大祭司(神主の長)だ』ということを理解していませんでした」

「この仕事は重いし、もし、『女性天皇でもいい』ということになったとしたら、
『心身的に受け切れないのではないか』というふうには感じます」
http:// blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/8ef8de5c728289a20374352f26884564
http:/ /www.the-liberty.com/article.php?item_id=4656


「霊言」を本当は認めたい?――週刊新潮が「雅子さま守護霊インタビュー」を掲載
2012.08.22
http:// www.the-liberty.com/article.php?item_id=4740


天皇陛下
今上天皇守護霊 
「この国の外交に関しまして、近隣諸国が軽く見ているらしいということは分かります。
他の友好国や、遠い外国もそれをどのように見ているのか、今、深く感じるものがございますが、
結局、先の大戦の歴史認識を持ち出せば、日本に関してはあらゆる無礼が許されるというふうに
考えておられるのではないかと思いますね。」

「(韓国や中国)国内において国民の不満が溜まっているがゆえに、日本というものを非難の対象として選ぶことによって、
国民の心を一つにしようとしているのではないかというふうに考えられます。」
http:// www.the-liberty.com/article.php?item_id=4836

他、佳子内親王殿下も取り上げている

※大川隆法 幸福の科学総裁


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

■オウム真理教
1994年に書かれたオウムの雑誌「Vajrayana Sacca」
政財界の大物を「ユダヤの手先」と決めつけ、キャッチフレーズ付きで紹介。

日本を破壊し、世界を征服するために働いている力として紹介された12人の日本人の人と2人の外国人

1.暗黒帝王:小沢一郎[上級DPJ指導者]
2.第六天魔:池田大作[創価学会のカリスマ的指導者]
3.傀儡皇帝:徳仁親王[皇太子]
4.亡国后妃:小和田雅子[皇太子妃]
5.地獄大使:小和田恒[雅子妃殿下の父]
6.三日天下:羽田孜[元首相]
7.没落大名:細川護煕[元首相]
8.米国問屋:中曾根康弘[悪名高く強力な元首相]
9.死の丁稚:明石康史[PKO活動の将官元国連次官]
10.難民殺し:緒方貞子[避難民の元国連高等弁務官]
11.極悪用心:笹川良一[戦争犯罪人でノーベル平和賞候補者]
12.人間爆弾: 大前研一[政治的であり、強力な実業家]

1.獣類(家畜の父)の神父:文鮮明[統一教会の創業者]
2.電波芸者:デーヴ・スペクター[白人でアメリカ人のTV有名人]


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

SPA!2012年12月18日号
事件から17年ついに語られるオウム事件の真実-炭疽菌撒布、皇族襲撃計画
上祐史浩氏の告白本出版記念対談。
皇居周辺に炭疽菌散布計画があったが、菌の製造に失敗。
皇太子成婚パレード襲撃事件も計画され、アジトの下見もしたが立ち消え。

  • 最終更新:2017-02-11 21:18:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード