文喜相発言

「天皇が手を握り謝罪すべき」 慰安婦問題で韓国国会議長 米メディアのインタビューで
2019.2.9 14:35
【ソウル=名村隆寛】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が
米ブルームバーグ通信のインタビューで慰安婦問題に触れ、
解決には天皇陛下の謝罪が必要との趣旨の発言をし、韓国メディアが9日、発言内容を一斉に報じた。
インタビューの記事は8日報道された。
文氏は「一言でいい。首相、もしくは近く退位する天皇が元慰安婦のおばあさんらの手を握り、
謝罪の言葉を伝えれば(問題は)すっきりと解決する」と語った。
また、天皇陛下について「戦争犯罪の主犯の息子ではないか」とも述べたという。
慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意で「日本政府は責任を痛感している」と記されたことについては、
「それは法的な謝罪だ。国家間での謝罪はあるが、問題は被害者がいるということだ」と主張。
元慰安婦への直接謝罪を訴えた。文氏は04~08年に韓日議員連盟の会長を務めた人物。
https:// www.sankei.com/politics/news/190209/plt1902090003-n1.html

菅官房長官「甚だしく不適切で極めて遺憾」 韓国国会議長発言の謝罪と撤回要求
2019.2.12 11:13
菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、
韓国国会の文喜相議長が天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決すると発言したことについて、
外交ルートを通じて抗議し、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。
「甚だしく不適切な内容を含むもので極めて遺憾である旨を厳しく申し入れ、強く抗議した」と述べた。
菅氏によると、8日に外務省の局長級で申し入れを行い、
9日には長嶺安政駐韓大使が韓国外務省第1次官に申し入れた。
韓国政府からは文氏の発言が意図とは違うように報じられたと説明があったという。
文氏は米ブルームバーグ通信のインタビューで
「日本を代表する(安倍晋三)首相から(謝罪の)一言でいい。
近く退位されるのだから、天皇がそれを行うことを願う」とし、
陛下は「戦争犯罪の主犯の息子ではないのか」と指摘。
「そのような人が、高齢の元慰安婦の手を握り本当に申し訳なかったといえば、
これを最後に問題は解決する」と語った。
https:// www.sankei.com/politics/news/190212/plt1902120004-n1.html

天皇謝罪発言で韓国国会議長が釈明 日本の何度もの謝罪に「そんなことはない」とも
2019.2.12 14:54
【ソウル=名村隆寛】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が米メディアに対し
「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」とし、天皇陛下について「戦争犯罪の主犯の息子」と発言をした問題で、
文氏は12日までに「重要な地位にある指導者の心からの謝罪を強調する流れで出た表現」と釈明した。
訪問先の米ワシントンで11日、韓国メディアに語ったもので、
文氏は「戦犯主犯の息子」という表現を「戦時の日本国王(天皇陛下)の息子という意味だ」と述べた。
その上で、「日本の責任ある指導者が元慰安婦に
納得できる誠意ある謝罪を行うことが優先されねばならない」とし、
「日本側は数十回謝罪したと言うが、そんなことはない」と強調したという。
自身の発言に日本で反発が起きていることについて文氏は
「両国間の不必要な論争は望ましくなく、起きてもならない」と語った。
韓国外務省報道官は12日の定例会見で、文氏の発言について
「日本側が誠意ある姿勢を見せる必要があるとの点を強調する趣旨と理解している」と擁護した。
https:// www.sankei.com/world/news/190212/wor1902120013-n1.html

韓国国会議長発言に政府が3度の抗議 「甚だしく不適切」
2019.2.12 18:58
安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、慰安婦問題について
天皇陛下による謝罪で問題が解決するとした韓国国会の文喜相議長の発言について
「本当に驚いた。直ちに外交ルートを通じ、甚だしく不適切な内容を含み極めて遺憾だと厳しく申し入れた」と述べ、
韓国側に抗議するとともに謝罪と撤回を求めたことを明かした。
政府は8日に外務省の局長級で、9日には長嶺安政駐韓大使が韓国外務省第1次官に抗議した。
さらに、12日も外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が
在日韓国大使館の金敬翰次席公使を同省に呼び、改めて抗議している。
菅義偉官房長官は記者会見で、日本側が謝罪と撤回を求めたことに対し、
韓国側から「早期の日韓関係改善を願う文氏の思いから出たものであり、
報道のされ方は本意ではなかった」との説明があったと語った。
河野太郎外相は衆院予算委で「(文氏の発言は)到底受け入れられない。極めて無礼な発言だ」と批判した上で、
「韓国側が誠意を持った対応をすると期待している」と語った。
河野氏は10日、訪問先のフィリピンで「発言には気を付けていただきたい」などと苦言を呈していた。
また、公明党の山口那津男代表も12日の記者会見で「どういう思いで発言したのか定かではないが、
天皇陛下の謝罪を求めるというのはいかがなものか」と不快感を示した。
文氏は米ブルームバーグ通信のインタビューで、慰安婦問題をめぐり、
天皇陛下は「戦争犯罪の主犯の息子ではないのか」と指摘。
「そのような人が、高齢の元慰安婦の手を握り本当に申し訳なかったといえば、
これを最後に問題は解決する」と述べた。
https:// www.sankei.com/world/news/190212/wor1902120018-n1.html

首相、韓国議長発言に「多くの国民が驚きや怒り」
2019.2.13 12:52
安倍晋三首相は13日午前の衆院予算委員会で、
慰安婦問題について天皇陛下による謝罪で問題が解決するとした
韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長の発言に関し「多くの国民が驚きや怒りを感じたと思う。
文議長はその後も同趣旨の発言を繰り返しており、極めて遺憾。
引き続き謝罪と撤回を求める」と重ねて強調した。
河野太郎外相は韓国側に5回ほど抗議や謝罪・撤回を申し入れたことを明かした。
河野氏は「現時点で謝罪や撤回に応じるとの(韓国側の)反応はない」としつつ、
「わが国の厳しい立場を累次にわたり伝達している。
韓国側から誠意ある対応があるものと期待し、注視したい」と語った。
また、首相は慰安婦問題について「完全かつ不可逆的に解決した。
日韓両国が国と国とで約束をした」と改めて説明。
「政権が変わったからといってそれが覆されれば、国と国の関係はそもそも成り立たない」と述べ、
韓国側の姿勢を批判した。
https:// www.sankei.com/politics/news/190213/plt1902130013-n1.html

韓国国会議長 慰安婦問題発言の謝罪と撤回を拒否
2019年2月13日 15時29分
韓国のムン・ヒサン(文喜相)国会議長は、慰安婦問題をめぐり、
天皇陛下が謝罪すれば解消されるなどと述べた自身の発言に対し、日本政府が謝罪と撤回を求めていることについて、
「なぜこのように大きな問題になるのか、到底理解できない。謝罪することではない」などとして拒否しました。
韓国のムン・ヒサン国会議長が先に、慰安婦問題をめぐり、
天皇陛下が謝罪すれば解消されるなどと述べたことについて、
安倍総理大臣は「甚だしく不適切な内容を含み、極めて遺憾だ」などとして謝罪と撤回を求めています。
韓国国会の報道官によりますと、これについてアメリカを訪問中のムン国会議長は記者団に対し、
「なぜこのように大きな問題になるのか、安倍総理大臣まで出てきたことは、到底理解できない」
と述べたということです。
そのうえでムン国会議長は「謝罪することではない。私がした話は持論であり、
根本的な解決方法だと今でも考えている」と述べ、日本政府が求める謝罪と撤回を拒否したということです。

ムン氏は革新系与党の重鎮
去年7月に韓国の国会議長に選出されたムン・ヒサン氏は73歳。
当選回数は6回に上る革新系の与党「共に民主党」の重鎮です。
2003年、ノ・ムヒョン(盧武鉉)政権の発足とともに、大統領の最側近の秘書室長に就任したのに続いて、
2004年から4年間にわたって、韓日議員連盟の会長を務めました。
さらには、おととし、9年ぶりの革新政権となるムン・ジェイン(文在寅)政権が誕生した直後には、
ムン大統領の特使として日本を訪問し、安倍総理大臣と会談するなど、
韓国の政界では「知日派」の1人と位置づけられてきました。
一方、ムン氏は率直な物言いでも知られ、去年12月には記者会見の中で、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関連して、
「元慰安婦が望むのはカネではなく、安倍総理大臣の謝罪のひと言だ。
なぜ、それができないのか」などと発言しました。
また、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、韓国の最高裁判所が
日本企業に賠償を命じる判決を言い渡したことについても、「判決は韓国国民ならば受け入れるしかない。
正しいとか間違っているということではなく、守らなければならない」と述べ、
あくまで判決を尊重すべきだという考えを強調していました。

韓国世論は日韓関係への関心低い
韓国では、日韓関係の悪化に危機感を募らせる外相経験者や元駐日大使らが
「国交正常化以降、最悪の状況だ」として、ムン・ジェイン政権に前向きな対応や、
日韓首脳のシャトル外交の再開、それに民間交流の推進などを促す意見を新聞に寄稿する動きも見られます。
しかし、先月行われた世論調査によりますと、韓国政府に求める日本政府への対応としては、
「より強硬に対応すべき」が45.6%、次いで「現在の対応が適切」が37.6%を占めたのに対し、
「自制すべき」は12.5%にとどまりました。
一方で、ムン政権が北朝鮮との関係改善を最優先課題に位置づけるとともに、
国民の間で懸念が強い経済政策に全力を挙げる姿勢を強調する中、
日韓関係に対する韓国世論の関心は低いのが実情です。
13日朝の韓国の主要な新聞も、ムン・ヒサン(文喜相)国会議長や安倍総理大臣の発言について、
いずれも1面や社説では扱わず、国際面などで淡々と伝えるにとどまっています。
ただ、日本の植民地支配からの独立運動が始まった日から来月1日で100年、
その翌月にも朝鮮半島出身の独立運動家たちが上海に韓国臨時政府を発足させてから100年の節目が控えており、
韓国国内でナショナリズムが高まる可能性も指摘されています。

専門家が懸念「底が見えない」
韓国政治を長年研究している東京大学大学院の木宮正史教授は、NHKとの電話インタビューで、
最近の日本と韓国の関係について「いちばん心配なのは底が見えないことだ」として、
改善の兆しすら見いだせない現状に懸念を示しました。
そのうえで「日韓が、『自分のほうに正義がある』と主張し、あらゆる局面で相手に負けられないと考えている。
お互いに妥協ができない状況だ」と述べ、解決は容易ではないと指摘しました。
関係悪化のきっかけとなった「徴用」をめぐる問題で、韓国政府から対応策が示されないことについては
「韓国の世論が日本に対して妥協することへの強い拒否感がある。
そのため、韓国政府は日本政府との約束と世論の双方をどう尊重させるか悩んでいて、
解決策が見つかっていない」と述べ、板挟みになっている韓国政府の立場を分析しました。
また木宮教授は、日韓関係の悪化は北朝鮮の非核化をめぐる対応や安全保障環境などに悪い影響を及ぼすとして、
お互いの利益を確保するためにも両国が協力すべきだと強調しました。
そして、韓国から日本への観光客や日本企業に就職する若者が近年増加するなど、
日韓の民間交流が活発になっていることを指摘し、
「韓国語が周りで飛び交い、私たちにとって韓国という存在が近くなり、顔の見える関係になっている。
反日だけではない、さまざまな関係から日韓関係を考えてほしい」と話していました。
https:// www3.nhk.or.jp/news/html/20190213/k10011813411000.html


天皇陛下と韓国・文議長「御面会になった記録はありません」 宮内庁、夕刊フジに正式回答で「完全否定」
2019.2.23
「天皇陛下への謝罪要求」など、常軌を逸した非礼発言を続ける
韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長について、宮内庁が夕刊フジに正式回答を寄せた。
文議長が、韓国メディアのインタビューで、天皇陛下から訪韓の仲介を頼まれた-
といった趣旨の話をしていたが、陛下と文議長の面会について完全否定したのだ。
「御面会になった記録はありません」
宮内庁長官官房総務課報道室は21日、文書で明確にこう回答した。
聯合ニュース(日本語版)は18日、文議長のインタビューとして、
《文氏は10年前に天皇から韓国に行きたい、仲立ちしてほしいと言われた時、
「何はともあれ、(慰安婦被害者の)ハルモニ(おばあさん)たちが集まっているところに行き、
ひと言『すまない』と言うだけでいい」と話した》と報じた。
政治的発言を避けられてきた陛下のご発言とは考えにくいため、
夕刊フジは同日、(1)天皇陛下が、文議長と面会された事実はあるのか(2)面会された場合、いつのことか
(3)天皇陛下から韓国訪問をご希望される発言があったのか
(4)文議長の発言が事実と異なる場合、宮内庁として抗議される考えはあるのか-という質問状を宮内庁に送った。
宮内庁から21日午後、回答書が届いた。
(1)と(2)、(3)については「回答」として冒頭の「御面会になった記録はありません」と記されていた。
(4)については「宮内庁としてはコメントを差し控えさせていただきます」とあった。
天皇陛下を政治利用することは、他国の「三権の長」といえども、絶対に許されない。
https:// www.zakzak.co.jp/soc/news/190223/soc1902230004-n1.html


「天皇が謝罪を」 韓国国会議長、慰安婦問題で主張繰り返す
2019.3.27 15:00
【ソウル=名村隆寛】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は韓国紙ハンギョレ(27日付)のインタビューで
「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」とした自身の発言について、
「真意が歪曲(わいきょく)されたのか」との質問に「歪曲というよりも、真意が伝わっていない」と答えた。
文氏は「誠意ある謝罪が最も重要だ、安倍(晋三)首相、
あるいは安倍首相に準じた日本を象徴する国王(天皇)が元慰安婦に
『ごめんなさい』とひと言、言えば根本的な問題が解決されるという話だ」と従来の主張を繰り返した。
また、「歴史の法廷で、戦争犯罪や人倫に関する罪には時効がない。
ドイツが敗戦国でも欧州のリーダーになった理由は、全ての問題について謝罪し、
現在も続けているからだ」と強調し、日本の謝罪の必要性をあらためて訴えた。
文氏は2月、米ブルームバーグとのインタビューで天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求め、
天皇を「戦犯主犯の息子」と呼んだ。発言に日本が強く反発した後も、韓国メディアに対し
「戦時の日本国王(天皇陛下)の息子という意味だ」
「日本側は数十回謝罪したと言うが、そんなことはない」などと主張した。
https:// www.sankei.com/world/news/190327/wor1903270021-n1.html

「コメントする気にもならない」菅長官、韓国国会議長の天皇陛下謝罪発言で
2019.3.27 12:46
菅義偉官房長官は27日の記者会見で、慰安婦問題をめぐり
韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が天皇陛下に改めて謝罪を求めたことについて、
「甚だしく不適切で、コメントする気にもならない」と述べた。
韓国側には強く抗議し、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。
抗議は、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長から在日韓国大使館の次席公使に行った。
文氏は27日付の韓国紙、ハンギョレのインタビューで、
天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした自身の発言について、
「誠意のある謝罪が最も重要で、安倍(晋三)首相または日本を象徴する天皇が元慰安婦に
『申し訳ない』と一言謝罪すれば根本的な問題が解決されるとの趣旨だった」と述べた。
https:// www.sankei.com/politics/news/190327/plt1903270014-n1.html


韓国議長のおわびの手紙「承知していない」 菅長官
2019.11.7 11:51
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は7日午前の記者会見で、
韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が慰安婦問題に絡み、
退位される前の上皇さまに謝罪を求めた発言に関し、
おわびの手紙を上皇さまに送ったと日韓議連幹事長の河村建夫元官房長官が明らかにしたことについて
「政府としては承知していない」と述べた。
https:// www.sankei.com/politics/news/191107/plt1911070007-n1.html


  • 最終更新:2019-11-07 14:14:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード