愛子さま 百人一首

2012年
産経
皇室ウイークリー(220)
2012.2.25 07:00
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/120225/imp12022507000001-n1.htm
皇太子さまは23日、52歳の誕生日を迎えられた。宮内庁幹部らから祝賀を受ける行事には、予定通り雅子さまも出席されたという。
誕生日に合わせて宮内庁から提供された写真や映像では、皇太子ご夫妻が長女の敬宮愛子さまに、百人一首を教えられている場面があった。
そこで使われているカルタは東宮御所に古くからあるものだという。
宮内庁によると、皇太子さまが愛子さまに説明されたのは、小倉百人一首の1番歌で天智天皇の
《秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ》と、2番歌で持統天皇の
《春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山》だったそうだ。
愛子さまが百人一首を覚え始められたことは、昨年12月の愛子さまの10歳のお誕生日の際に、東宮職から紹介されている。
皇太子さまのお誕生日に合わせて宮内庁から提供された写真には、愛子さまの学習用なのか、百人一首の本も写っていた。

※映像では新品に見えた


愛子さま:百人一首大会で40枚…グループ内で1番
毎日新聞 2015年02月20日 10時25分
◇学習院女子中等科の校内大会
皇太子ご夫妻の長女、愛子さま(13)=学習院女子中等科1年=が、
校内の百人一首大会で、100枚の札のうち約40枚をお一人で取られた。
グループ内で1番だったという。宮内庁の小町恭士・東宮大夫が19日の定例会見で明らかにした。
小町東宮大夫によると、大会は毎年この時期に開かれ、1年生から3年生までが出場する。
今年は16日に開催され、愛子さまは10人ほどのグループの中で札を取り合った。
「日ごろ、練習されているのか」との質問に小町東宮大夫は
「伺っていないが、それだけ取られるのは(百人一首を)よくご存じなんだと思う」と答えた。
百人一首は少女漫画「ちはやふる」(末次由紀さん作)の大ヒットなどで若い人の間で関心が高まっている。
愛子さまは今月になって、のどの痛みがあり1日学校を休んだが、今は元気に登校しているという。
【真鍋光之】
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150220k0000e040146000c.html


当時の真偽不明の書き込み
無題 Name 名無し 15/02/20(金)19:22 ID:4RIGVIfM No.1255141
百人一首の札を40枚とったニュースは事実。
でも、関係ない札を他人を押しのけて、突進してとっただけ。
ただ単にカードを奪うゲームだという認識
上の句、下の句全く関係ありません。
愛子さんに好きなだけ取らせた後、
愛子さん抜きで通常ルールの百人一首大会は滞りなく行われました。


産経
皇室ウイークリー(474)
http:// www.sankei.com/premium/news/170218/prm1702180025-n1.html
ご夫妻の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは13日、学習院女子中等科(東京都新宿区)で、百人一首大会にご参加。
小田野展丈東宮大夫によると、10人ほどのグループで競い合い、愛子さまは最多の40枚ほどを取られた。
ご夫妻から教わるなど幼少期から百人一首に親しんできたほか、学校の授業でも習われているという。




  • 最終更新:2017-02-18 10:49:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード