悠仁親王殿下 運動会

2013年(1年生)取材設定なし

悠仁さま はじめての徒競走
悠仁さま はじめての徒競走は最下位も落ち込むことなく声援送る
5月30日(木)16時6分配信
5月25日、お茶の水女子大附属小学校の運動会が開かれた。
この4月から同校に通われている悠仁さまにとってははじめての運動会だ。
同校の運動会は赤、緑、黄の3チームに分かれて競い合う。赤組となった悠仁さまは、
赤色の帽子をかぶられていた。開会式で校長先生の開会の挨拶が終わると、全校生徒による準備体操に。
「毎年、児童たちも知っているヒット曲に合わせて体操をするんですけど、
今年はいきものがかりの『じょいふる』でした。赤組の最前列に並ばれていた
悠仁さまは曲に合わせて、元気よく体を動かされていました」(お茶の水関係者)
そしてオープニング種目は、悠仁さまたち1年生の50メートル徒競走。
各組2人ずつが出場して、1レース計6人で競う。
「2組目に登場された悠仁さまは、一生懸命走られたのですが、残念ながら、結果は最下位でした。
しかし、走り終わった後も落ち込んだり、くさることなく、あとから走るお友達に
大きな声援を送られていました」(別のお茶の水関係者)
そんなわが子の晴れ舞台を、母親である紀子さまは、保護者に交じってひっそりと見守られていたという。
「紀子さまは他の保護者たちと同様に、応援スペースにシートを敷いて観戦されていました。
悠仁さまの出番のときだけは立たれて、声を出されたり、カメラで写真を撮られていましたが、
なるべく目立たないようにされている感じでした」(前出・お茶の水関係者)
途中からは秋篠宮さまも合流。ご両親の声援を背に、悠仁さまは玉入れやお遊戯などに出場、
赤組の勝利のために活躍された。
※女性セブン2013年6月13日号
http:// www.news-postseven.com/archives/20130530_191348.html



お茶の水女子大学附属小学校の運動会に際して取材の機会を設けるに至った経緯
平成26年5月15日
昨年,お茶の水女子大学附属小学校の運動会に際して,
宮内記者会から宮内庁に対し取材の要望が寄せられたが,
結果的には,取材の機会は設けられないこととなった。
本年4月,宮内記者会から改めて要請が行われ,その中で,
悠仁親王殿下の小学校運動会における御様子については,国民の関心が非常に高いこと,
また,記録を残しておきたいことから,運動会取材の機会を是非とも設けて貰いたいとの強い要望が
宮内庁に寄せられ,これを学校側に伝えたところである。
今般,これまでの経緯と諸要素を踏まえ,学校側において検討を行い,
生徒のプライバシーには十分配慮すること,限定的な代表取材とすること,
取材範囲を一部の競技に限ることなどの措置により,
本年度については取材の機会を設けることとしたものであると理解している。
http:// www.kunaicho.go.jp/info/info0515.html



(2年生)
悠仁さま、運動会で綱引き=小学校の行事を初公開
秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(7)は24日、
お茶の水女子大付属小(東京都文京区)の運動会に参加された。
悠仁さまの学校行事での様子が公開されたのは初めて。
2年生の悠仁さまは午前中、学年種目の綱引きに体操服姿で出場。
緑色の帽子をかぶった悠仁さまは合図のピストルが鳴ると、
体を斜めに傾けながら先頭で一生懸命綱を引っ張った。ご夫妻は一般の保護者席で立ったまま笑顔で見守った。
悠仁さまの緑組は最初黄組に負けたが、次の赤組には勝ち、1勝1敗だった。
ほかに、50メートル徒競走と大玉送り、二人三脚に出場した。(2014/05/24-13:26)

悠仁さま 小学校の運動会で綱引き
5月24日 11時53分
秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは24日、小学校の運動会で綱引きに出場されました。
24日の東京は穏やかに晴れ、文京区のお茶の水女子大学附属小学校では、
およそ700人の児童が参加して運動会が開かれました。
運動会は、全校児童を赤、黄、緑の3つのチームに分けて行われ、
悠仁さまは緑組の選手として2年生の綱引きに出場されました。
緑色の帽子に体操服姿の悠仁さまはピストルの合図と共に競技に臨み、
チームの仲間と歯を食いしばって懸命に綱を引かれていました。
勝負に敗れると、悠仁さまは残念そうな表情を浮かべていましたが、
競技が終わると、あとの組の対戦に手をたたいて盛んに声援を送られていました。
保護者席では、秋篠宮ご夫妻が悠仁さまの様子を笑顔で見守られました。
宮内庁によりますと、悠仁さまは2年生になって授業時間が増え、クラス替えで友達の輪もさらに広がって、
楽しく元気に学校生活を送られているということです。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20140524/k10014696031000.html

悠仁さま、元気いっぱい綱引き 運動会をご夫妻見守る
2014年5月24日13時17分
秋篠宮家の長男悠仁さま(7)が通うお茶の水女子大付属小学校で24日、運動会があった。
2年生の悠仁さまは綱引きに出場し、力いっぱい綱を引いて元気な姿を見せた。
悠仁さまの学校行事が報道陣に公開されるのは初めて。
悠仁さまは緑組の一員として、赤組、黄組との2試合に出場し、1勝1敗だった。
先頭で体を傾けながら、時折、歯を食いしばって綱を引いた。
秋篠宮ご夫妻は、校庭の保護者席から見守った。
宮内庁によると、悠仁さまは2年生になり授業時間が増えた。「総合的な学習の時間」では竹について学び、
千葉県でタケノコ掘りも経験。学校ではスイートピーを育てたり、
放課後の「遊びの時間」に毎回参加したりして、元気に学校生活を送っているという。
http:// www.asahi.com/articles/ASG5P53R3G5PUTIL02J.html


2015年(3年生)は取材設定なし

(4年生)
リレー競技で走る悠仁さま 運動会
毎日新聞2016年5月21日 11時01分(最終更新 5月21日 12時30分)
秋篠宮ご夫妻の長男悠仁(ひさひと)さま(9)は21日、
通っているお茶の水女子大付属小(東京都文京区)の運動会に出場された。
会場の校庭では紀子さまと姉の眞子さまが観戦し、笑顔で拍手を送った。
秋篠宮さまは公務のために欠席となった。
4年生の悠仁さまは、同級生と4人一組でバトン代わりの長さ約3メートルの棒を持って走り、
パイロン(円すい形の目印)を1周して帰るリレー競技「台風の目から何がでるかなでるかな」に参加。
この運動会では緑、赤、黄の3グループに分かれて競い合うのが恒例で、
悠仁さまは黄組の2番手として出場し、真剣な表情で取り組んでいた。結果は赤組と同着の2位だった。
宮内庁関係者によると、悠仁さまはこの日のために、放課後なども使って友人と練習に励んできたという。
(共同)
http:// mainichi.jp/articles/20160521/k00/00e/040/167000c

悠仁さまの運動会 紀子さまと眞子さま応援
日本テレビ系(NNN) 5月21日(土)17時45分配信
秋篠宮家の長男、悠仁さまが小学校の運動会に参加した。
21日は、悠仁さまが通うお茶の水女子大学付属小学校で運動会が行われ、
悠仁さまは4年生全員による種目「台風の目」に出場した。
4人一組で1本の竹の棒を持ちながら走って3つのチームが速さを競い、
悠仁さまは真剣な表情で走り、トップで棒を渡した。
その後、レースは混戦となり、悠仁さまのチーム・黄組は同着の2位だった。
秋篠宮さまは公務で観戦できなかったが、母の紀子さまと姉の眞子さまが応援に駆けつけ、
笑顔で拍手を送られていた。
悠仁さまは21日、「大玉おくり」など4つの種目に出場し、
ご一家は、昼休みには他の家族と共にブルーシートを敷いて昼食をとられたという。
http:// headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160521-00000042-nnn-soci

2017年(5年生)は取材設定なし

(6年生)
悠仁さま、小学校最後の運動会=秋篠宮ご夫妻も応援
秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(11)は19日、お茶の水女子大付属小(東京都文京区)の運動会に参加された。
6年生の悠仁さまにとっては小学校最後の運動会で、ご夫妻も一般の保護者席から活躍を見守った。
全学年が赤、緑、黄色のチームに分かれて参加する「大玉おくり」で、悠仁さまは緑チームの4番目の走者として出場。
同学年の3人と玉を真剣な表情で転がしながら懸命に走り、コーンにぶつかりながらも無事に次の組へバトンタッチすると、
ご夫妻は笑顔で拍手を送っていた。
宮内庁によると、悠仁さまはこのほか、騎馬戦や個人選択種目のハードル走などに参加。
本番に備えて友達と練習を重ねてきたといい、会場を案内する掲示物の製作や花壇の整備といった
裏方の活動にも取り組んだという。(2018/05/19-15:01)
https:// www.jiji.com/jc/article?k=2018051900394&g=ryl

2018.5.19 16:41
悠仁さま、小学校最後の運動会…大玉おくりや騎馬戦に 秋篠宮ご夫妻も見守られ
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは19日、通学するお茶の水女子大付属小学校(東京都文京区)で行われた運動会に参加された。
小学6年の悠仁さまは同校での運動会は今回が最後のご参加となる。
保護者席では秋篠宮ご夫妻が観戦し、笑顔で拍手を送られていた。
悠仁さまは全校生徒による「大玉おくり」で、下級生の頭上から大玉が落ちないよう手助けしたり、
自らも走って勢いよく大玉を転がすなどしてご活躍。このほか、騎馬戦やハードル走などにも出場された。
宮内庁によると、悠仁さまは運動会に向け、会場案内の掲示物作製といった裏方の活動にも積極的に取り組んでこられたという。
https:// www.sankei.com/life/news/180519/lif1805190017-n1.html

  • 最終更新:2019-10-10 14:59:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード