川島裕「随行記」天皇皇后両陛下にお供して

文藝春秋2016年10月号
鼎談書評
山内昌之×片山杜秀×後藤正治

川島裕「随行記」天皇皇后両陛下にお供して

山内
2007年から15年まで侍従長を務められた川島裕さんによる、天皇・皇后両陛下の旅の記録です。
ヨーロッパ歴訪やサイパン・ペリリュー島の慰霊の旅、そして東日本大震災の被災地ご訪問など、
行かれた先々で陛下がどのようにお考えになり、何をおっしゃったのか、
我々ではなかなか窺い知れない陛下の佇まいが自然に浮かび上がる、大変貴重な一冊になっています。
8月8日にあった「お言葉」で改めて天皇の在り方について考えた人も多いと思います。
この本を通してわかるのは、最初から象徴天皇として地位に就かれた現天皇が、「象徴とは何なのか」を日夜模索してこられたことです。
天皇・皇后両陛下とともに、よく「国民に寄り添って」とおっしゃられますが、
これは単純に慰霊の旅や被災者たちのお見舞いに行かれる行為だけを示すのではないと、本から浮かび上がってきます。
ご自身が体験していない苦しみや悲しみを本当に共有できるのか、ひじょうに深く考えていらっしゃいます。
川島さんはそれを「気」という言葉で表現し、「悲しみの『気』を心の中に擁したまま、その後の生活を続けておられるものと思う。
(中略)慣れるということの決して出来ない辛いお仕事を、それでも、そこに行って、
その人たちの側にあることをご自分方の役割としてなさっているように拝察している」と書いています。
「気」を介して、人々の苦しみや悲しみに同化する―、これこそが、両陛下の言われる「寄り添う」という意味だと思われますね。
天皇は国事行為として定められた法的行為だけ果たせばよいと考える人もいますが、それでは国民に寄り添うことにはならないのです。

後藤
東日本大震災の被災地に何度も足を運んでおられる。
私の乏しい体験でも、現地に入ると否応なく覚えるのは「何ができるのか」「自分は何者なのか」という問いです。
天皇・皇后両陛下の発言から忖度して受け取れるのは、慰問も辛い役目ではあるが、
「人々の傍らに出向いて共にあることが自分たちの役割」と考えておられることです。感性において優しい人だと思えますね。
天皇は少年期に戦争と配線を体験し、一般社会とは離れた環境下ではあれ、新しい価値観のもとで大きくなられた。
戦後の民主主義を大切に考えるリベラルな人であるように思えます。

片山
1945年までは現人神であり、ご聖断によって配線も決断された政治的な存在でもあった昭和天皇と違い、
今上天皇はまさに「戦後民主主義の申し子」として生まれた天皇です。昭和天皇はいわゆる「人間宣言」で、
天皇陛下と国民とは相互の信頼と敬愛によって結ばれた形で存在するとおっしゃっていましたが、
今上天皇は、国民の前になるべくおでましになってコミュニケーションすることが象徴天皇のあるべき姿だと
考えられているのだと思います。ただ存在するのではなく、できるだけ国民に寄り添い、“共感共苦”する。
この本はその実践の記録としても読むことができます。


想像以上にハードな行程

山内
現天皇は今年で八十三歳を迎えられます。周囲にいる侍従や宮内庁長官が七十歳を目途に退官されていくなか、
天皇陛下だけは定年がない。ないのが当然と考える人びともいます。
私たちなら「今日は疲れたから早く帰ろう」なんて融通がききますが(笑)、陛下の場合はそうはいかない。
現天皇が公務をなさる姿に慣れ、頼るあまりに陛下も人間だという当然の事実をついつい忘れがちです。
ご発言について考える際には、基本的人権やヒューマニティの観点も必要ではないでしょうか。
川島さんが「お年を召したご夫妻が短期間に続けてこれだけの長距離をクルマで旅されるケースは
日本中探しても例を見ないのではないか」と書いているように、その行程は想像以上にハードなのですね、
東日本大震災の被災地をお訪ねになるとき、両陛下は新幹線の最寄駅から海沿いまで片側一車線の一般道で長時間のドライブをなさるようです。
安全上の問題から御料車も使えず、ミニバスに乗られたりもします。
また、びっしりと詰まったご公務の合間を縫うようにして行かれるのでほとんどの場合が日帰りです。
先日のお言葉でも「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが難しくなる」とありましたが、現天皇は徹頭徹尾、手抜きのない方です。

後藤
平和への思いは大変強い。戦後六十年でサイパン、七十年でパラオをご訪問され、
なかでもサイパンのバンザイ・クリフに向かって両陛下が頭を下げられている追悼の姿からは、強い意志が伝わってくる。
体験者が高齢になり、戦争の記憶が薄れて国が間違った方向へ進んでいくことを危ぶむ発言を何度もされています。

山内
今年の終戦記念日のお言葉でも、「深い反省」という表現を昨年に続いて使われていました。たいへん重い言葉です。
一方で、現天皇はハゼの研究に熱心に取り組まれる学者なのです。
だから物の考え方が自然で無理がないのです。川島さんは外務事務次官までなさった方ですが、
陛下が欧米の学者と話されていると、聞いたこともない単語が飛び交うそうですよ。
日本人の象徴天皇の口から、ラテン語の学名などがぽんぽん発せられたのは誇らしくもあり、さぞ独特の感動を受けたことでしょう(笑)。

片山
今上天皇は、その姿かたちやお声からも、慎みがにじみ出て柔らかく、対話的な物腰が身についておられると言いますか、
まさに戦後民主主義の申し子という気が致します。本書に描かれるご様子からも、
その一端を知ることができます。「お言葉」のあとでもあり、多くの人が何かを感じ取れる一冊だと思います。

  • 最終更新:2017-04-09 16:30:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード