園遊会山本太郎事件

秋の園遊会に長嶋茂雄さんら出席
恒例の「秋の園遊会」が赤坂御苑で開かれ、今年、国民栄誉賞を受賞し初めての出席となる長嶋茂雄さんや、
世界最高齢でエベレスト登頂を成功させた三浦雄一郎さんら2000人近くが出席しました。
「お体の方はいかがですか?」
「60%ぐらい、何とかなりました」(長嶋茂雄さん)
「(亡くなった)川上さんとは随分思い出も?」
「本当に男らしい方だったと思います。その方に僕らが若い時から教えてもらいましたから。
お体の方は大丈夫ですか?」(長嶋茂雄さん)
「どうもありがとう」
「エベレスト本当におめでとう」
「ありがとうございます」(三浦雄一郎さん)
「その後、大丈夫でしたか?戻ってこられて」
「だいぶ疲れ果てましたけど、元気になりました。また」(三浦雄一郎さん)
31日の園遊会には療養中の雅子さまは、欠席されました。宮内庁によりますと、
11月1日から泊まりがけで、東日本大震災の被災地、岩手県を訪問するため体調に配慮したということです。
また、出席していた山本太郎参議院議員が、折りたたんだ白い手紙を取り出し天皇陛下に手渡す場面もありました。
宮内庁によりますと、園遊会で、陛下に直接、手紙を手渡す行為はきわめて異例だということです。
(31日16:44)
http:// news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2043569.html


与野党が問題視 「政治利用なりかねず」
2013.10.31 20:37
山本太郎参院議員が31日の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した行為に関し、
与野党から政治的意思の表明につながる恐れがあることを念頭に
「皇室の政治利用になりかねない」(公明党の石井啓一政調会長)と問題視する声が相次いだ。
石井氏は国会内で記者団に「国会議員として、そもそも戒めなければいけない行為だ」と批判。
民主党の大畠章宏幹事長は記者会見で「マナーというものがある。
国会議員だから何をしてもいいということではない」と、山本氏の行動に疑問を呈した。
自民党幹部は「陛下にとっても迷惑な話だ」と不快感を表明。
別の幹部は「山本氏のパフォーマンスだ」と切り捨てた。
http:// sankei.jp.msn.com/politics/news/131031/stt13103120390009-n1.htm

山本太郎議員の手紙 陛下に見せず 宮内庁次長「ふさわしくない」
2013.11.5 16:21 [皇室]
宮内庁の山本信一郎次長は5日の定例記者会見で、山本太郎参院議員が園遊会で天皇陛下に手紙を
手渡した行為について「あのような場所ではふさわしくない」と批判した。
山本次長は「園遊会は各界で活躍された方を招いて、ご苦労をねぎらう場所。常識的に判断されるべき問題」
と話した。手紙の行方については「こういう状況で渡されたものなので、事務方で預かり、
陛下には上げていない」とした。
これまで園遊会の招待者には、写真を近くで撮影しないなどの注意事項を示していた。
今回の問題を受けて、新たに注意事項を追加することは考えていないという。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/131105/imp13110516220000-n1.htm


※(東スポ)
山本太郎の手紙 
「本当にあなたはわかって おられますでしょうか。」
陛下、私はこの国を憂う
参議院議員のひとり山本太郎と申します。
これはお国の一大事と本当にあなたはわかっておられますでしょうか。
昨日私は福島へ行きました。
あまりにひどい状況です。
目の前のお金の為となてます。 (原文まま)
安全基準を設定すべきです。
経済が滞らない様にするだけで原発敷地内は
「低レベル放射性廃棄物」と同等の「一キロあたり何ベクレル」
が現在の「食品の定量」なのです。
また寝るところもひどいです。
毛布など取り合いとなってます。
人は睡眠時間が一日何時間寝ればよいかおわかりでしょうか?
福島は平均4時間、労働時間は12時間と労働基準法も守られておりません。
どうか国を憂う山本太郎の意見を
聞き届け、脱原発を国民に呼びかけてください
参議院議員 山本




ネットで呼びかけ「私たちも陛下に手紙を書こう!」 届く見込みはあるのだろうか
J-CASTニュース 11月7日(木)18時35分配信
秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した山本太郎参議院議員の行動をきっかけに、
賛同者の一部からは「そうだ、皆で陛下に手紙を書こう!」といった呼びかけが出ている。
しかし、一般の国民が手紙を書いたとしても、天皇、皇后両陛下のお手元に届くにはいくつかの関門があり、
そう簡単ではなさそうだ。
■「窮状を訴えよう」「宮内庁に送れば届く」
約1800人もの招待客が集まった2013年10月31日の秋の園遊会。山本議員は、自ら天皇陛下に話しかけた上で手紙を渡した。
子供の健康被害や食品の安全基準、原発作業員の労働環境など、福島第一原発事故後の「現状」を伝えるものだという。
前代未聞の行動にさまざまな方面から「常軌を逸した行動」と批判が飛んだが、山本議員の支持者や、急進的な反原発派の一部からはこんな意見が出た。
  「そうだ、私たちも天皇陛下に手紙を書こう」
  「お手紙書こうかしら!グッドアイデア!」
  「皆で手紙を書いてこの窮状を訴えればいい。天皇陛下は親も同然 国民は子も同然」
こうした呼びかけは現在もインターネット上でじわじわと広まっている。宮内庁宛に「日本国天皇 明仁陛下」で届く、と具体的な送り方に言及する人もいる。
天皇陛下へ手紙を送るとすれば、あて先は宮内庁で間違いないのだが、果たして一国民の手紙を天皇陛下がお読みになることはあるのだろうか。
元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏は「ケースバイケースですね」と話す。

支離滅裂なもの、差出人不明は即除外
宮内庁に届いた郵便物は秘書課で仕分けを行う。両陛下への手紙も当然あるが、支離滅裂なもの、
差出人が分からないものは、まず渡されることはないという。
それ以外のものは両陛下のお知り合いである可能性もあるため、側近である侍従職に渡される。
その後、両陛下のお手元に渡るかどうかは侍従職の判断となる。
つまり、両陛下のお手元に行き着くまでには、宮内庁によるチェックを数回クリアする必要があるということだ。
ちなみに、贈り物については「譲り受けについては憲法で制限されているので、一般からの物は受け取らないようになっています。
そのため、届いたものはすべてではありませんが、宮内庁から丁重に送り返すようにしています」(山下氏)という。
天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家が受け取ることのできる贈答品の総額は1年間につき計600万円で、これを超える場合、国会の議決が必要となる。
そのため、普段受け取られている物は、献上品として知事から贈られる地域の特産品などに限られているのだ。
ただし例外もある。「たとえば、障害者施設や児童養護施設などをご訪問時に、手紙や手作りの贈り物などがあった場合は受け取られるでしょう」(山下氏)。
実際、被災地を訪問された2011年4月には、皇后陛下が避難所にいる女性からプレゼントされた水仙の花を受け取られていた。
宮内庁でも特例まで規制するわけではなく、常識的に考えられる範囲で対応しているようだ。
山本議員が天皇陛下に手渡した手紙は、厳しい表情で様子を見ていた侍従長がその場でスーツの内ポケットにしまい込んだ。
11月5日の宮内庁定例会見では、手紙は事務方が預かり、天皇陛下に届けられていないことが明らかになった。
ネットで呼びかけ「私たちも陛下に手紙を書こう!」 届く見込みはあるのだろうか
J-CASTニュース 11月7日(木)18時35分配信
http:// www.j-cast.com/2013/11/07188203.html?p=all


  • 最終更新:2017-06-24 15:44:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード