動画の保守系チャンネル相次ぎ閉鎖

動画の保守系チャンネル相次ぎ閉鎖 「言論人の暗殺だ」作家・竹田恒泰氏が激怒 左派系ネットユーザーが監視か
2018.7.4

動画配信サイト「ユーチューブ」で“異変”が起きている。
慰安婦問題などの「歴史戦」で中韓両国に批判的な、いわゆる保守系チャンネルが、相次いで閉鎖に追い込まれているのだ。
特定の主張を狙い撃ちにした、外部ユーザーらによる「攻撃」の疑いがある。
恣意(しい)的な言論規制につながる危険性はないのか。
当事者の1人となった、明治天皇の玄孫で、作家の竹田恒泰(つねやす)氏が激白した。
「不当な表現活動はしていないが、アカウントが突然停止し、動画を投稿できなくなった。
同様の事例が多発し、外部による組織的な妨害工作の可能性がある。
『言論弾圧』『言論人の暗殺』ではないか」
 竹田氏は、夕刊フジの取材にこう訴えた。
ユーチューブは、投稿ルールで、人種や民族的出自などに基づき、暴力や差別を扇動する動画の投稿を禁じている。
ルールに反すると判断すれば、投稿者に警告を発する。
6カ月以内に3回警告を受けると、アカウントは停止する。
竹田氏の場合、5月23日夜に1回目の警告があり、数時間後の24日早朝までに、2回目と3回目が相次ぎ、停止に追い込まれたという。
対象は、「【公式】竹田恒泰チャンネル」で配信した、韓国外交や慰安婦問題などをテーマにした動画だった。
アカウント停止に伴い、過去に同チャンネルに投稿した動画約2000本は、すべて視聴できなくなった。
こうしたケースは、竹田氏に限らない。
米在住評論家、トニー・マラーノ氏の「テキサス親父日本事務局」をはじめ、5月中旬から閉鎖されたチャンネルは「170以上」ともいわれる。
いずれも登録者は、数千~数万人単位で、影響力は小さくない。
タイトルに「朝鮮」「中韓」などと掲げたチャンネルが目立ち、
「ヘイトスピーチ反対」を訴える左派系ネットユーザーの警戒・監視対象となった可能性がある。
朝鮮日報(日本語版)は2日、「ネットユーザーたちは(中略)『ネット右翼のユーチューブ・アカウント停止祭り』を行った」
「韓国を中傷する嫌韓動画は20万-30万本が削除されたと推定」と伝えている。
だが、ユーチューブから投稿者に、動画のどの部分が投稿ルールに反するかは通知されない。
竹田氏は「気に入らない動画は、見なければいい。
特定の動画を削除させることを狙っているなら、ユーチューブの警告制度の悪用であり、
姑息(こそく)だ。言論で対抗しろ、と言いたい」と怒り心頭だ。
ユーチューブの動画番組に出演する自民党の和田政宗参院議員も「明確な人権侵害があれば、
閉鎖は仕方ないが、根拠がはっきりしない。言論活動の委縮(いしゅく)につながりかねず、
ユーチューブは、閉鎖の明確な根拠を示すべきだ」と指摘している。
https:// www.zakzak.co.jp/soc/news/180704/soc1807040013-n1.html



2018.8.6 22:27
ユーチューブの保守系チャンネルが相次ぎ閉鎖 「削除の基準、不透明」と批判
差別発言の撲滅か、言論の自由の侵害か-。動画配信サイト「ユーチューブ」で5月以降、
中国や韓国に批判的な保守系動画投稿者の利用停止が相次いでいる。
背景には「差別的な動画」への通報運動の盛り上がりがあるが、一方で投稿者らは「差別的発言ではない」「削除基準が不透明」として反発を強めている。
「私は中国や韓国の政府や民族に対して政治的な批判をすることはあるが、出身民族の差別は絶対にしていない。これは言論テロ」。
登録者数約15万5千人を数えた動画配信「竹田恒泰(つねやす)チャンネル」を5月に停止された、明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏は、そう憤る。
ユーチューブは投稿ルールで、人種や民族的出自に基づく暴力や差別の扇動を禁じている。
運営側がルール違反と判断した場合、投稿者に警告が届き、3カ月以内に3回続くとアカウント(開設権)が停止される。
竹田氏は5月23日夜に最初の警告を受け、24日早朝までに2回目と3回目が続き停止となった。現在は予備アカウントで配信を再開している。
竹田氏によると、ユーチューブでの通報運動は匿名掲示板「5ちゃんねる」で5月半ばに始まり、対象リストや通報の方法などが拡散。
7月上旬までに200以上の保守系チャンネルが停止され、22万本以上の動画が削除されたという。
6月に停止された人気チャンネル「テキサス親父(おやじ)日本事務局」の藤木俊一事務局長は
「停止される心当たりがない。通報運動は自分たちに都合の悪い論の口封じ」として、
「ユーチューブは公共的空間で、投稿した動画は財産でもある。恣意(しい)的に処分するのはいかがなものか」と批判する。
7月18日には保守系の人気配信者、KAZUYA氏のアカウントが一旦停止され、翌19日に復活する不可解な事態も。
KAZUYA氏は「どの動画のどの部分が違反か運営側に問い合わせても分からないのは問題。削除の基準を明示してほしい」と苦言を呈する。
ユーチューブを運営するグーグル日本法人の広報部は、取材に対し「個別の対応についてはお話ししておりません」としている。
https:// www.sankei.com/life/news/180806/lif1808060036-n1.html

  • 最終更新:2018-08-07 12:38:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード