信子さまの回復状況、医師が文書説明

信子さまの回復状況、医師が文書説明


信子さまの回復状況、医師が文書説明
2015年6月6日05時10分
療養中の信子さまの回復状況について、慶応大学病院精神神経科の白波瀬丈一郎氏が文書で説明した。
順調に回復しているが、「ストレスが過剰」のため、6日に三年式年祭が開かれる赤坂御用地には訪問しないと説明している。全文は以下の通り。

◇【信子妃殿下のご回復状況について】
関係各位には日頃よりご理解とお力添えをいただき、心より感謝申し上げます。
妃殿下におかれましては、おかげさまで、ストレス性喘息(ぜんそく)の治療プロセスを
着実に進んでおいでになり、ご回復は極めて順調であります。
さらに、関係各位のご理解とご期待に応えて、ご案内の通り通常のご公務も果たしておられます。
順調なご回復の中で、かねてより、妃殿下に赤坂御用地にお出でいただくことの適否を検討してまいりましたが、
今回の赤坂訪問はまだストレスが過剰ではないかとの懸念があり、時期尚早であると判断いたします。
http:// www.asahi.com/articles/ASH654JL8H65UTIL020.html



寛仁親王死去3年 信子さま所感全文


寛仁親王死去3年 信子さま所感全文
毎日新聞 2015年06月06日 05時03分
祥月命日及び毎月の月命日に豊島岡のご墓所へお参りに上がりながら、早三年祭を迎えました。
宮様を思い御好物のお料理やお飲物を、毎食御作り致しておりますと、
「これが好きだったのを覚えていたの。歯応えがいいね。」
などと宮様のお声がお写真から頂戴できるようで、大きな励みになった様に存じます。
宮様が御元気だった頃のお姿を思い出しては、
宮様と私の二人でしか出来ないお話を懐かしく、又、有り難いことと感謝の日々でございます。
私も体調が定まらずお役に立つことが叶いませんでしたことを恐縮に存じておりました頃とは
比べものにならないほど回復することができました。
昨年からは、ご案内を頂戴致しました多くのお務めをすべて務めさせて戴ける様になりましたことは、
ご理解と御支え下さいました多くの方々の御蔭様と深く感謝申し上げます。
天皇皇后両陛下をお支え申し上げ、震災の復興支援を含めて、
国民のお役に立ちます様精一杯努力を致してまいります。
http:// mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150606k0000m040136000c.html

  • 最終更新:2017-04-16 09:02:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード