例年と比べ質問数減の天皇陛下誕生日会見に「由々しき問題」

例年と比べ質問数減の天皇陛下誕生日会見に「由々しき問題」
2014.12.14 16:01
12月23日、81才の誕生日を迎えられる天皇陛下。毎年、誕生日に際して記者会見が開かれるのだが、
2014年はその会見をめぐって思わぬトラブルが生じていた…。
「11月中旬、突然、宮内庁が宮内記者会に対して“ご高齢のため質問を1問に減らしたい。
これは宮内庁としての最終的な結論で、協議の余地はない”という旨を一方的に通告してきたそうです。
しかも、宮内庁の要望をのまなければ、今後、陛下の写真や映像を使わせないという強硬な姿勢だったそうです」(皇室関係者)
例年、陛下の誕生日会見は事前に宮内記者会が3問の質問事項と関連質問を提出して、
それに陛下が答えるスタイルを取ってきた。
「陛下は“国民に直接語りかける貴重な機会”と考えておられ、質問事項を受け取られてから、
お部屋にひとりこもられ、寝る間も惜しんで、1週間ほどかけて回答原稿案を練られます。
ですから、間近で陛下の様子を見ている側近たちは“会見が陛下のご負担になっている”と考えたのでしょう」(宮内庁関係者)
しかし、宮内記者会からすれば、“陛下のお考えを国民に伝える”という使命を持っており、
特に2014年は12月上旬の広島土砂災害の慰問をはじめとして各地を訪問、
また2015年にはパラオご訪問も控えられているだけに、是が非でも例年通りの記者会見を望んだ。
「宮内庁と宮内記者会の話し合いは平行線を辿ったようです。結果として記者会は抗議文書を提出した上で、
“質問の内容に宮内庁はいっさい手を加えない”“2015年以降については、時間を作り、もう一度協議する”
という条件を出して、泣く泣く宮内庁側の申し出を受け入れたそうです」(前出・皇室関係者)
今回のトラブルについて、皇室ジャーナリスト・神田秀一氏はこう話す。
「宮内庁が陛下のご負担を減らしたいというのは、もちろん理解できますが、
もっと他に軽減できる部分はあると思います。今回の宮内庁側の一方的な通告は、
これまで両陛下が目指されてきた“開かれた皇室”とは逆行するものです。
両陛下が何十年という時間をかけて作り上げてこられたものを壊しかねない由々しき問題ではないでしょうか」
また宮内庁内部では“陛下は記者会見に答えられないほど、体調が芳しくないのか”と心配する声まであがりはじめているという。
この話は両陛下の耳にも届いており、特に美智子さまはお心を痛められている。
「満身創痍のお体で公務を続けられる陛下のご体調を、美智子さまは何よりも心配なさっています。
ですが、今回の件で皇室と国民の距離が離れてしまい、そのことで陛下の心労が増え、
また体調を崩されてしまわないかと、案じていらっしゃるんです」(前出・宮内庁関係者)
※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号
http:// www.news-postseven.com/archives/20141214_291984.html

  • 最終更新:2017-06-03 17:35:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード