佳子様伊勢神宮関連雑誌記事

佳子さま 新幹線移動中のとてもかわいらしい寝顔を目撃される
2015.03.17 07:00
東京駅発のぞみ19号――3月6日午前9時10分、この新幹線のグリーン車に乗り、旅立たれた秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)。
「春らしいスモーキーピンクのアンサンブル姿の佳子さまは、
富士山側の窓際の席におひとりで座られました。席に着かれるとテーブルを出され、
訪問先の資料を並べて、それらを真剣にお読みになっていました」(乗り合わせた乗客)
「女性セブン」前号でも飛行機内で訪問先について知識を身につけようとされる佳子さまのご様子をお伝えしたが、
この日も道中のお勉強を欠かされることはなかった。しかし、しばらくすると、こんな佳子さまのお姿も…。
「トイレに行くときに、佳子さまのお姿が目に入ったのですが、頭をシートにもたれかけられ、
目を閉じてお休みなさっていました。とてもかわいらしい寝顔でした。
ご公務の連続でお忙しい日々を送られているようですから、
お疲れが溜まっていらっしゃったのかもしれませんね」(前出・乗客)
“美しすぎるプリンセス”と称される佳子さまは、皇室の新しいスターとして、全国を飛び回られ、
そのひとつひとつから受けるプレッシャーは並々ならぬものがあるのかもしれない。
今回、佳子さまが向かわれた訪問先は三重県伊勢市の伊勢神宮だ。
皇室の慣例に従い、成年皇族になった報告のため、参拝された。
佳子さまの伊勢神宮参拝は2013年3月以来3度目となるが、おひとりでは初めて。
「白装束の宮司に先導され、真っ白な帽子、参拝服に着替えられた佳子さまは、口を真一文字に結び、
凜としたまなざしで正面を見据えられ、玉砂利が敷き詰められた参道をゆっくりと歩かれ、
正殿の前にある内玉垣南御門で玉串を捧げて拝礼されました」(居合わせた参拝客)
その後、宿泊先の鳥羽国際ホテルへ。佳子さまが宿泊されたのは、最上階(7階)にある海を一望に見渡せるスイートルームだった。
「この日、夕方6時半頃から1時間半ほど、佳子さまは英国・エリザベス女王も利用された貴賓室で伊勢神宮関係者と食事されたようです。
地元・伊勢の特産品である黒鮑のステーキがメーンディッシュのフレンチのコースを堪能されたと聞いております。
デザートにはホテル特製のチーズケーキとガトーショコラ、ヨーグルトのシャーベットの盛り合わせが出され、
佳子さまは大変お喜びになられたみたいですよ。
ご自分よりかなり年配のかたがたとの食事でしたが、非常に朗らかにお話を弾ませて、
場を盛り上げられていたそうです」(秋篠宮家関係者)
※女性セブン2015年3月26日号
http:// www.news-postseven.com/archives/20150317_309669.html

佳子さまの伊勢参拝で見えた東宮家と秋篠宮家の明確な格差
2015.03.18 07:00
皇室に新たな風を注ぎ込むべく、全身全霊でご公務に励まれている秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)。
3月6日には、皇室の慣例に従い、成年皇族になった報告のため、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝された。
しかし、今回の伊勢への旅では“格差”が明らかになっているという。
長年、皇室を取材するベテラン記者がこう話す。
「天皇皇后両陛下、皇太子ご一家の伊勢神宮ご参拝の場合、朝から夕方まで参拝停止となります。
要するに貸し切り状態にするため、一般参拝客は伊勢神宮内へは入れません。
だが、今回の佳子さまの場合は、約10分前まで、一般の客も普通に参拝していました。
また東京駅、名古屋駅、鳥羽駅でも警護の数は格段に違いますし、
道路の信号操作などの特別扱いも、ほとんどありませんでした。
佳子さまが成年皇族になられて注目を集め、秋篠宮家の存在感が目に見えて大きくなっていますが、
天皇家・東宮家と宮家とでは越えられない壁があることを実感させられました」
ちなみに、この“格差”はご宿泊場所の違いにも。
「両陛下、東宮家は伊勢参拝の際、お泊まりになるのは神宮内の内宮斎館ですが、
佳子さまは高級リゾートホテルとはいえ、一般のホテル。しかも、貸し切りなどではありません。
ロビーなどにも警護の姿は見えませんでしたから、本当に佳子さまが宿泊されているのかと
首を傾げたくなるほどの警護の態勢でした」(取材した皇室記者)
これまで女性セブンも幾度かお伝えしてきたが、皇太子ご一家と秋篠宮家の待遇には大きな差がある。
皇太子ご一家のお世話をする職員は約60人だが、秋篠宮家には20人ほどしかいない。
また天皇家(両陛下と皇太子ご一家)のプライベートマネーである内廷費は、年間3億2400万円で、おひとり当たり6480万円。
しかし、秋篠宮家のプライベートマネーとなる皇族費は昨年度までは年間6100万円が支払われていた。
4月からは佳子さまが成年皇族になられたことで610万円が増額されるが、その差はあまりに大きい。
「紀子さまとしては“秋篠宮家には皇位継承順位の2位、3位と2人いるのに、どうにかならないものなのか”
という思いがお強いんです。しかも、その待遇の差は一向に改善される気配もないことで、
紀子さまは釈然としない気持ちで苛立たれているのです」(秋篠宮家関係者)
※女性セブン2015年3月26日号
http:// www.news-postseven.com/archives/20150318_309327.html

  • 最終更新:2017-05-27 16:24:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード