付き添い登校3

文藝春秋2012年6月号
雅子妃と愛子さま批判に晒された二年 友納尚子
雅子妃が愛子さまに付き添うようになった理由は「自ら状況を確認したい」「我が子を客観視して捉えたい」から。

週刊新潮2012年7月5日号
「今でも雅子さまは学校にお見えです。宮さまより後にお入りになり、先にお出になっているだけで、
多いときは週に3、4日宮さまの授業のご様子を廊下から窓越しに見守っておられますよ」(保護者)

サンデー毎日2012年7月22日号
いまだに授業参観「子離れ」できない雅子さま
愛子さまが7月5日に登校した8:20。殆どの生徒は登校を終えている。
愛子さまをのせた車は初等科を1通り過ぎたところで愛子さまを降ろし、愛子さまは100mほど歩いて校内に入る。
これは少しでも徒歩で通学してることを示すために意図的そうしてるのではないか。
五年生になってからはこのパターンが多い。
雅子さまは週に2、3回、学習院へ。
ワゴン車ではなく黒塗りの車で来て初等科長がお出迎え。
やや遅い午前中に来て愛子さんの下校より早く帰宅。貴賓室で過ごすか窓越しに授業参観。
愛子さまの南組と貴賓室は同じ階にある。
学友以外、ふたりとは関わりたくないようだ。
愛子さまは「先生、このテスト、ちょっと難しいです。難しすぎると思います。」
その後の父母会で学校側が、算数のテストに関して子供達から申し立てがあった。
今後理解しやすい内容にすると説明。それからテストの問題数が半減した。
愛子さまは、姉御肌で休み時間にリーダーシップをとっている。

サンデー毎日」(平成24年7月22日号)の記事について
平成24年7月10日
「サンデー毎日」(平成24年7月22日号)の「いまだに授業参観「子離れ」できない雅子さま」と
題して書かれた記事に関する事実関係及び宮内庁東宮職としての対応は下記のとおりです。
「サンデー毎日」(平成24年7月22日号)では「いまだに授業参観「子離れ」できない雅子さま」と題し,
「雅子さまは,今も時おり学校にいらしているんですよ。週に2,3回,やや遅い午前中にいらして,
愛子さまの下校よりも早く帰宅されているようです。貴賓室で過ごされているようですが,
廊下から愛子さまのクラスの授業を見ていることもあるんです」とする「初等科のある保護者」の
発言を基にする記事を掲載していますが,東宮大夫の記者会見などでも言及しているとおり
今年に入ってからは妃殿下のお付添いは無く,当該記事は全くの事実無根です。
また,愛子内親王殿下のご発言を受け,父母会で学校側から
「算数のテスト問題について子どもたちから指摘があり,配慮が足りない部分が確かにありました。
今後はもう少し,児童の理解できる内容に改めます」との説明があり,
「その後,テストの問題数は一気に半分に減った」という内容の記事を掲載していますが,
学習院初等科に確認したところ,そのような内容の事実は一切無く,
また,父母会には東宮職職員が出席しておりましたが,
記事にあるような学校側の説明も一切無く,全く事実に反します。


産経皇室ウイークリー(238)
2012.7.14 07:00
宮内庁は10日、「いまだに授業参観『子離れ』できない雅子さま」と題して、
サンデー毎日7月22日号に掲載された記事の一部が「事実無根」だとする見解をホームページに掲載した。
記事では、「初等科のある保護者」の発言をもとにしたとして、皇太子妃雅子さまが現在も
「週に2、3回」のペースで、敬宮愛子さまが通われている学習院初等科に来て、
貴賓室で過ごされている-という内容を書いている。
宮内庁ではこの部分について、「東宮大夫の記者会見などでも言及しているとおり今年に入ってからは
妃殿下のお付添いは無く、記事は全くの事実無根です」と説明。
記事の別の部分1カ所についても事実に反すると指摘した上で、
「厳重に抗議するとともに、訂正を求めました」と記している。
産経新聞の取材に対し、サンデー毎日の潟永秀一郎編集長は「(1)本記事では『お付き添い』があったとは
書いておりません。あくまでも、愛子さまの学校滞在時間帯に雅子さまが初等科にお出ましになり、
貴賓室等で過ごされているという取材結果に基づいて書いており、事実無根との指摘はあたらないと考えます
(中略・もう1カ所の指摘についても取材を経ており、「憶測でない」と説明)
(2)宮内庁に対しても、近く当編集部として以上の見解を回答し、理解を得たいと考えています」と書面で回答した。
今週は宮内庁の小町恭士東宮大夫の定例会見はなかったが、取材に対し、東宮職は愛子さまのご滞在時間帯に、
雅子さまが学校に「お出まし」になっている事実もないとしている。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/120714/imp12071407010001-n3.htm
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/120714/imp12071407010001-n4.htm

  • 最終更新:2018-10-03 17:14:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード