亀井静香天皇陛下に進言?


「天皇陛下は江戸城より京都に」 亀井氏、昼食会で進言
2009.12.27 13:04
国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は27日、民放討論番組に出演し、
「私は恐れ多くも陛下に申し上げた。『権力の象徴だった江戸城にお住まいになられるのでなく、
京都か、あるいは(亀井氏の地元の)広島に』と口が滑って言ってしまった」と述べた。
天皇誕生日の23日に天皇陛下と面会した際に進言したという。
亀井氏はその後、記者団に対して、「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」とした上で、
「幕府の権力の象徴のお城の跡に、入られたのが間違いだった。その後の歴史が陛下の政治利用みたいな形になっていった」と指摘した。
ただ、「たまたまお食事をいただきながら言っただけの話」とも述べ、政府・与党で皇居移転を具体的に検討していくわけではないとした。
また、亀井氏は討論番組で日本における天皇の役割について
「象徴であり元首だ。国民の崇敬を一身に集めていて、統合の象徴という意味なら象徴だ」と明言した。
これに対し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は同番組で「憲法上の問題で元首と指摘するのはどうか」と反論した。
http:// www.47news.jp/CN/200912/CN2009122701000137.html


亀井氏、天皇は江戸城より京都に 昼食会で進言
亀井静香金融担当相は27日午前のテレビ朝日番組で、24日に皇居で開かれた天皇陛下と閣僚との昼食会の際に
「権力の象徴である江戸城(跡地)にお住まいになるのは立場上ふさわしくないのではないか。
京都か広島にお住まいになってはどうかと、陛下に一方的に申し上げた」と述べた。
この後、亀井氏は記者団に「明治期に幕府の権力の象徴の跡に入られたことが、その後の歴史で政治利用みたいな形になってしまった」と指摘。
陛下は返答は避けつつ「京都は好きです」と応じたことを明かした。
2009/12/27 13:05 【共同通信】
http:// sankei.jp.msn.com/politics/situation/091227/stt0912271306004-n1.htm


亀井氏が天皇陛下との会話漏らす 過去には辞任した閣僚も
2009/12/28 19:03
亀井静香郵政・金融担当相がテレビ番組の中で、天皇陛下に会った際、
「権力の象徴であった江戸城にお住まいになられるのは、立場上相応しくないのではないか」と伝えた、と明かした。
閣僚が天皇陛下との会話の内容を明らかにするのは極めて異例。
過去には昭和天皇との会話をマスコミに漏らして辞任した閣僚もおり、亀井氏の発言は議論を呼びそうだ。
亀井氏は2009年12月27日、テレビ朝日の報道番組「サンデープロジェクト」に出演した。
この日の放送は「鳩山政権100日記念」として、亀井氏のほか民主党の菅直人副総理や、
社民・福島瑞穂党首、自民・谷垣禎一総裁など、党首級の8人が登場。米軍普天間基地移設や、
鳩山総理の偽装献金問題など、現政権が抱えている懸案について議論した。

「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」
その中で、天皇の政治利用について討論した際、亀井氏が
「先日、天皇陛下と殿下にお会いしたとき、権力の象徴であった江戸城(現皇居)にお住まいになられるのではなくて、
京都かあるいは(亀井氏の地元の)広島とかに(お住まいになれば)と恐れ多くも申し上げた」と明かした。
「権力の象徴であるお城にお住まいになられるのは、お立場上、相応しくないんじゃありませんか」と伝えたという。
亀井氏が陛下と会話したのは、12月24日、鳩山首相も参加した宮中昼食会と見られている。
番組内では「陛下は黙って聞いておられました」としていたが、
その後、報道陣の取材に対して「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」と暴露した。

73年には内奏漏らして防衛庁長官が辞任
政治的な利用を避けるため、閣僚は天皇とのやり取りを明かさないというのが慣例となっており、亀井氏の発言は極めて異例だ。
1973年には、当時の増原恵吉防衛庁長官が、昭和天皇に防衛問題について内奏(説明)後、
記者に「昔の軍隊は悪い面もあったが、そこはまねてはいけない。良い面を取り入れてしっかりやって欲しい」などの昭和天皇の言葉を漏らした。
これが国会で「天皇を自衛力強化に利用しようとした」として問題になり、辞任している。
01年にも、当時の田中真紀子外相が、国際情勢を内奏した際の陛下の発言を、外務省幹部に漏らした疑惑が浮上。
田中外相自身は否定したが、「本当なら切腹もの」などと週刊誌が書き立てた。
それだけに、今回の亀井氏の発言も議論を呼びそうだ。平野博文官房長官は09年12月28日の会見で亀井氏の発言に触れ、
「閣僚としての発言ではないと思う。亀井静香代議士の発言だろう」とし、あくまで亀井氏個人としての発言だと強調。
「(皇居移転を)政府として考えているわけではない」と説明している。
https:// www.j-cast.com/2009/12/28057147.html?p=all



亀井静香氏の「陛下は京都へ」発言について、産経新聞「政論」
■皇居移転「江戸時代」に戻すのか
日本を幕府政治に戻すつもりなのかと驚いた。
国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は27日のテレビ朝日番組で、
天皇陛下に「権力の象徴だった江戸城(跡)にお住まいになられるのではなく、
京都か、あるいは広島に住まわれてはいかがでしょう」と進言したと披露した。
国のかたち(国体)は成文憲法だけによらないが、占領下にできた現憲法でさえ、
行政府の長を「内閣総理大臣」、内閣の構成員を「国務大臣」とする。
憲法を素直に読めば天皇陛下が立憲君主で、首相らが臣下なのは明瞭だ。国民主権となんら矛盾しない。
亀井は同じ番組で、天皇陛下を「象徴であり元首だ」と語っており、皇室尊重の心を持っている
ようだが、皇居移転論は「立憲君主としての天皇」を踏まえていない意見だ。
首相は国会の指名だけでは就任できない。天皇陛下から任命されて初めて首相になる。
最高裁長官も陛下の任命だ(憲法6条)。
国事行為(憲法7条)は多岐にわたる。閣僚は天皇陛下の認証で国務大臣となる。
副大臣や検事総長、大使ら認証官も同じだ。法律、政令、条約の公布、国会の召集、
衆院の解散、総選挙の公示、勲章の授与も国事行為だ。すべて陛下の御署名と御捺印が欠かせない。
海外からの賓客とのご会見、各国大使の信任状奉呈式など外交行事も多い。
天皇陛下によって政治や国会の決定に正統性と重みが付与される。
重責を託された首相らは襟を正し職務に励むよう自覚を促される。
治家の権力行使よりも高い次元で、陛下は国を統治されている。
皇居を東京の政府から離せば、陛下のお務めに支障を来す。江戸城跡からお出になれば
かえって、幕府が政治を専断した「江戸時代」に戻る皮肉な事態になりはしないか。(榊原智)

  • 最終更新:2017-09-17 11:26:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード