両陛下宮城県ご訪問2015

両陛下、傘差さずに供花…宮城「千年希望の丘」
2015年03月13日 19時41分
天皇、皇后両陛下は13日、第3回国連防災世界会議の出席と東日本大震災の復興状況視察のため、空路で宮城県に入られた。
この日は、岩沼市の人工防潮丘「千年希望の丘」を訪問。
津波襲来時の避難場所として震災がれきを埋設して整備した丘で、近くには同市の震災犠牲者155人の名前が刻まれた慰霊碑がある。
両陛下は冷たい雨が降る中、傘も差さずに慰霊碑の前に進み、白菊の花を供えられた。
さらにバスで周辺の整備状況を視察。天皇陛下は、丘の高さや機能を質問され、
皇后さまは、丘のあずま屋が非常時のテントになるとの説明に「幕が張られると寒さがしのげますね」と安心したように話されたという。
その後、天皇陛下は仙台市のホテルで、同会議で来日したトルクメニスタンのベルドイムハメドフ大統領と会見された。
陛下が皇居の外で外国の元首と会見されるのは初めて。
東京で日程の調整がつかなかったためだという。
http:// www.yomiuri.co.jp/national/20150313-OYT1T50092.html

皇居のドングリ、各国代表が植樹…被災地に 国連防災会議セレモニー
2015.3.14 12:42
仙台市で開幕した国連防災世界会議に出席する各国の代表者らが、
皇居のドングリから育てた苗をプランターに植樹するセレモニーが14日、同市内のホテルで行われた。
苗は今後、仙台市沿岸に整備される公園に植え直す予定という。
企画したNPO法人「キッズ ナウ ジャパン」(仙台市)によると、
「東日本大震災の被災地の海岸に植えてほしい」との天皇陛下の意向を受け、
同法人が昨年2月にドングリの実を受け取り栽培。現在約150株を管理している。
植樹に参加した出席者の一人は「(震災で見せた)日本人の団結力に感銘を受けた。出席できて光栄」と話した。
http:// www.sankei.com/life/news/150314/lif1503140041-n1.html

2015.3.14 20:24更新
両陛下、被災地でイチゴの摘み取りをご体験
宮城県を訪問中の天皇、皇后両陛下は14日、
東日本大震災の津波で農地が壊滅的な被害を受けた東松島市の農業生産法人「サンエイト」を視察された。
千葉久馬社長から除塩作業の成果で稲の生産量が戻ってきたとの説明を聞き、
天皇陛下は「それは良かったですね」といたわられた。
続いて、震災後にハウスでの水耕栽培を始めた宮城県オリジナル品種のイチゴ
「もういっこ」の摘み取りをご体験。陛下が皇后さまにコツを教えられる場面もあり、
両陛下とも12個ずつ箱に詰め、持ち帰られた。
皇后さまは「(実のなっている場所が)高いから摘むのが楽ですね」と笑顔を見せられていた。
両陛下はハウスを出た後、見送りに出た従業員一人一人に声をかけ、「津波からうまく逃げられましたか」
「大変な経験だったけれど、お元気でね」などと励まされていた。
http:// www.sankei.com/life/news/150314/lif1503140052-n1.html

2015.3.15 17:47更新
両陛下、被災かまぼこ工場を視察しご帰京 「津波を忘れてはいけない」
宮城県を訪問中の天皇、皇后両陛下は15日、東日本大震災で津波被害を受けた石巻市の
「白謙蒲鉾(しらけんかまぼこ)店」門脇(かどのわき)工場で、
特産の笹かまぼこの製造工程を視察するなどし、夕方に東北新幹線で帰京された。
死者・行方不明者3971人と最大の被害を出した石巻市を訪問されるのは震災後初めて。
同工場は最大約6メートルの津波に襲われ、従業員は無事だったものの製造機械が全壊。
約4カ月後に製造を再開した。
両陛下は車で沿岸部を通り、同工場にご到着。白出(しらで)征三会長から
被災状況や製造再開までの経緯について説明を受け、陛下は「ご苦労が多かったでしょう」と気遣われた。
続いて、ガラス窓越しに魚のすり身を焼き上げる工程や包装作業を見て回られた。
その後、東松島市役所に立ち寄り、阿部秀保市長らとご昼食。
阿部市長によると、陛下は今回の震災だけでなく平安前期の貞観地震、明治三陸地震にも触れて
「津波を忘れてはいけないですね」と話されたという。
http:// www.sankei.com/life/news/150315/lif1503150052-n1.html

  • 最終更新:2017-05-22 21:25:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード