三笠宮家ゆかりの染織美 展覧会

三笠宮家ゆかりの染織美-貞明皇后、いつくしみの御心 (宮内庁三の丸尚蔵館 主催)
2013年7月27日(土)~9月29日(日)
前期:7月27日(土)~8月25日(日)、後期:8月31日(土)~9月29日(日)
http:// www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai63.html

イベント内容
三笠宮家ゆかりの染織美
三笠宮崇仁親王殿下は、大正4年12月2日に大正天皇と貞明皇后の第4皇男子としてご誕生になり、澄宮という称号を賜りました。
そしてご成年式に際し、三笠宮家を創立されました。
その三笠宮家には、殿下がご幼少時にお召しになった御服類の数々が、戦火をくぐり抜けて、大切に保管されてきました。
これらは、宮中三殿に初めて拝礼された折の御服、お誕生日などにお召しになった晴れ着のほか、
大正11年に学習院初等科へ入学されてからの制服、野球のユニホーム「AS」(青山澄宮チーム)等も加わり、
殿下の活発なご成長の様子を伝えています。
このうち、晴れ着の数々は、いずれも振袖に仕立てられ、紅や桃色、萌黄や浅葱色などの鮮やかな色調に染め上げられた綾地や縮緬地等に、
吉祥や花枝の模様が美しく刺繍されています。江戸時代以来の伝統的な意匠、技術を残しながらも、
大正期ならではのモダンさもうかがえ、その装飾技術に工夫が示されています。
また、大正8年のお誕生日に初めて袴を着けられて後、時に応じてお召しになった黒羽織や袴等にも洗練された瀟洒な意匠がうかがえます。
このほかに、着物の上にお召しになった艶やかなビロード地に裾模様が刺繍されたマント等も伝えられています。
今回、ご紹介する機会を得たこれら三笠宮崇仁親王殿下ゆかりの愛らしく美しい御服の数々には、
貞明皇后の母としての御心が重ねられ、愛情を注がれた様子を感じることができます。
貞明皇后の想いが込められ、殿下が大切にされてきた品々を通して、大正期の優れた染織技術の粋とその意匠美にも触れていただければ幸いです。



三笠宮ご夫妻ら、展覧会に=幼少時の衣服を展示-皇居
(2013/07/29-16:11 時事通信)
三笠宮ご夫妻と高円宮妃久子さま、次女典子さまは29日午後、
皇居・東御苑の三の丸尚蔵館で開催されている展覧会
「三笠宮家ゆかりの染織美-貞明皇后、いつくしみの御心」を鑑賞された。
展覧会では三笠宮さまが幼少時に着ていた振り袖仕立ての色鮮やかな晴れ着や、
学習院初等科の制服、野球のユニホームなどが展示されている。
97歳の三笠宮さまは宮中三殿に参拝する際のご拝服を見て「毎朝これを着て拝んでいました」などと
懐かしそうに話していた。
http:// www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013072900573

【皇室ウイークリー】(290)
2013.8.3 07:00
三笠宮ご夫妻は7月29日、皇居・三の丸尚蔵館で、三笠宮さまの幼少時代の着物や洋服、
写真などを展示した展覧会「三笠宮家ゆかりの染織美-貞明皇后、いつくしみの御心(みこころ)」を鑑賞された。
高円宮妃久子さまと次女、典子さまもご一緒に楽しい時間を過ごされた。
97歳の三笠宮さまは、ジョークを飛ばすなどリラックスしたご様子だった。
大正天皇と貞明皇后の四男で、昭和天皇の弟に当たられる三笠宮さま。90歳の三笠宮妃百合子さまとともに、
杖をつきながらご覧になった。展示されている着物などは戦時中の空襲による焼失を免れ、
保管されてきた品々だが、貞明皇后の意向を受けてつくられたものが多いという。
三笠宮さまが学習院初等科入学前にお召しになったという詰め襟服は一見、制服風。
「貞明皇后の思し召しでね。学習院の服や帽子に慣れるようにということで…」と、懐かしそうに語られた。
展示品をユーモラスに語られる場面もあった。杯の刺繍がある着物の前では「飲みたくなる?」と話し、
周囲の笑いをお誘いに。初等科時代の野球のユニホームの前では、「随分使い込んでおられて」と
話された久子さまに「滑り込んだりしてね。滑り込みのアウト」と応じられた。
戦前、陸軍に入ったことについて「大いに馬という魅力があったのかもしれない」と著書に記すほど、
乗馬がお好きだった三笠宮さま。乗馬用キュロットとともに展示されていたポシェットの用途を尋ねられると、
「ベルトにぶらさげていて、馬がいいことするとニンジンをやるんだ。ニンジン入れだ」と話された。
久子さまは「小物入れと書いてありますが…」とお笑いになった。
展覧会は9月29日まで一般に無料で開放されている。
http:// sankei.jp.msn.com/life/news/130803/imp13080307000001-n1.htm
 

  • 最終更新:2017-06-29 21:35:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード