タイ国王死去

「皇室に特別の存在」 タイ国王死去
2016/10/13 23:53
タイのプミポン国王(88)の死去を受け、タイ王室と長年にわたって交流を重ねてきた日本の皇室も悲しみに包まれた。
国王と82歳の天皇陛下は年齢も近く親しい間柄だった。
陛下は弔電を送られる予定。両陛下の葬儀への参列について、
宮内庁幹部は「陛下にとって国王は海外王室の中でも特別な存在。葬儀への参列を希望されるのではないか」と話す。
天皇陛下は皇太子時代から国王と交流を深められてきた。1991年9月、即位後初の外国訪問先としてタイを選ばれた。
2006年には国王の即位60周年を祝う式典に皇后さまと出席され、国王夫妻から手厚くもてなされたという。
90年の秋篠宮さま結婚の際には国王の次女、シリントン王女が外国からの賓客としてただ一人列席した。
秋篠宮さまも研究活動のため何度もタイを訪問されており、家族ぐるみの交流で知られている。
国王の死去が伝えられた13日夜、天皇、皇后両陛下は国賓として来日したベルギーのフィリップ国王夫妻主催の行事に出席されていた。
宮内庁幹部によると、国王の容体が日々悪化していることは伝えていたという。
http:// www.nikkei.com/article/DGXLASDG13HBZ_T11C16A0CC1000/


両陛下 タイ国王死去に異例の形で弔意
10月14日 15時36分
天皇皇后両陛下は、14日午後、東京のタイ大使館に河相侍従長を遣わして、プミポン国王が亡くなったことへの弔意を伝えられました。
両陛下が、このような形で弔意を表されるのは異例のことです。
両陛下は13日夜、国賓として来日中のベルギーの国王夫妻にお別れのあいさつを済ませ、
お住まいの御所に戻ったところで、プミポン国王の死去の知らせを聞き、
半世紀以上にわたる国王との長い親交から、お気持ちとして、13日の夜から3日間の喪に服されているということです。
14日は、弔意を伝えるため、午後1時40分すぎ、
宮内庁の河相侍従長を東京・品川区にあるタイ大使館に遣わされ、タイの駐日大使が玄関で出迎えました。
河相侍従長は、館内に設けられた記帳台の前に進み、プミポン国王の遺影の前で深く一礼したあと、
いすに座って記帳しました。そのあと、再び遺影に一礼した河相侍従長は、玄関で大使と言葉を交わし、大使館を後にしました。
両陛下が、このような形で弔意を表されるのは異例のことで、皇室とタイ王室の関係の深さを物語っています。
天皇陛下は、昭和39年、昭和天皇の名代として皇后さまとともに初めてタイを公式訪問した際、
プミポン国王から手厚いもてなしを受け、以来、長年にわたって親交を重ねられてきました。
平成3年には、天皇陛下の即位後初めてとなる外国訪問で、両陛下でタイなど3か国を訪れたほか、
平成18年には、プミポン国王の即位60周年を祝う式典に両陛下で出席されています。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20161014/k10010729941000.html

  • 最終更新:2017-04-26 19:12:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード