スペイン断念第二弾

スペイン行きは早々に見送り
雅子妃は6月被災地ご訪問へ
2013.05.18 07:00
「随行した職員は『大成功だった』と話していました。ご夫妻も『安堵し、大変うれしく思う』
と文書を発表されました」(宮内庁担当記者)
雅子さまにとって11年ぶりの海外公式訪問となったオランダご訪問。皇太子ご夫妻は5月3日、無事帰国され、
ご帰国後に行われた定例会見では、小町恭士東宮大夫が、
〈病気療養中の妃殿下にとり訪問は大変重いご決断で、心配もおありだったと思うが、務めを果たされ、日蘭関係が緊密になり喜ばしい〉
と述べた。だが一方で、来月中旬に予定されているスペイン公式訪問について、
雅子さまのご訪問は見送られる見通しだと早々と発表された。
「スペイン政府からの招待は皇太子ご夫妻にありましたが、雅子さまは各都市間の移動などで
厳しい日程になることが予想されるため、医師とも相談の上、同行されないことを決定されました」(同前)
オランダご訪問では雅子さまの強いご希望からギリギリまで出欠の返事を引き延ばされ、
ご出発のわずか9日前に閣議で了解された。それを考えれば、ずいぶん早いご決断だといえる。
天皇皇后に近い千代田関係者はこう話す。
「いかんせん検討時間が短すぎます。もちろんオランダご訪問のようにギリギリまで出欠の判断を
先延ばしにすれば批判されるでしょうし、立て続けの海外訪問となれば、
『国内公務が疎(おろそ)かでは』という声も出るでしょう。
しかし、何よりまずいのは、雅子さまのお気持ちで両国に優劣をつけたと先方に受け取られること。
今回のご訪蘭では、出席行事を即位式とレセプションに絞り、
出発前の会見や現地での記者とのオフレコ懇談などを省略されましたが、
同様にスペイン行きでも柔軟に対応する方法はあったのではないでしょうか」
雅子さまの今後のご公務については、ご体調と公務の内容を考慮しながら、個別に検討されるという。
そして、直近のものとしては、6月中旬、東日本大震災の被災地である宮城県行啓が検討されている。
「6日に行われた帰国の報告の夕食会で天皇皇后両陛下から被災地の現状について詳しいお話があったそうです。
ただ、ご体調はいまだ不安定で、直前にキャンセルされる可能性もあります」(皇室担当記者)
本格復帰への道程は遠いのだろうか。
http:// shukan.bunshun.jp/articles/-/2687

英国行き望まれる雅子様に宮内庁はスペインとの関係悪化懸念
2013年5月27日(月)7時0分配信 NEWSポストセブン
英国・ウイリアム王子・キャサリン妃夫妻のロイヤルベイビーの誕生が<7月13日?>と報道され、話題を呼んでいる。
皇太子妃・雅子さまは、直接、英国に行ってお祝いしたいという意向がおありのようだ。
しかし、そんな雅子さまの願いに、首を傾げる宮内庁関係者は少なくないという。
なぜなら、6月の皇太子さまのスペインご訪問とのかねあいがあるからだ。
皇太子さまは6月10日から16日の日程で、「日本スペイン交流400周年」記念行事などに出席のため、
おひとりでスペインを公式訪問されることになっている。
「スペインからの招待は“ご夫妻で”ということでしたが、“スペイン国内での移動も多く、
厳しいスケジュールになる”という理由で、雅子さまが同行されないことは、早々に発表になっています。
しかし、スペイン側からすれば、“オランダには行ったのに…”という思いを抱くのは当然でしょう。
そのような状況で、雅子さまが英国に行かれてしまったら、“自分たちは軽視されている”とスペイン王室との関係が悪化しかねません。
交流400周年という節目の年に、そんなことになってしまえば、“皇室外交”は根本から崩れてしまうことになるでしょう」(宮内庁関係者)
英国訪問を実現するには、この件が大きなハードルとなりそうだ。
皇室ジャーナリスト・神田秀一氏もこう警鐘を鳴らす。
「雅子さまが皇室外交への思いを強くされるのは喜ばしいことです。しかし、ご病気のせいなのかもしれませんが、
どうしてもご自分の気持ちが安らぐ方向へ動いているという気がしてなりません。
本当に皇室外交をされたいのであれば、英国に行かれる前にスペインにも行かれるべきです。
雅子さまが英王室と親密な関係を築いてきたことは理解しています。
だからといって、スペインには行かず親交の深い英国へ行かれれば、私的な行動だと見られてしまってもしかたありません」
※女性セブン2013年6月6日号
http:// news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/postseven-20130527-190258/1.htm

  • 最終更新:2017-07-02 19:39:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード