くつろげる寒さと緊張する寒さは違う

雅子さま、北海道でのご公務欠席理由に専門家「くつろげる寒さと緊張する寒さは違う」
週刊女性2017年3月7日号
2017/2/22

「2月16日に皇太子ご夫妻は、都内で開催中の特別展『春日大社 千年の至宝』で重要文化財などを鑑賞されました。
雅子さまは中世の太刀や屏風などの国宝を熱心にご覧になっていましたよ」(宮内庁担当記者)
その1週間前には、日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念した絵画展
『スケーエン デンマークの芸術家村』の開会式にも出席して、お元気な様子を見せていた雅子さま。
積極的に公務に参加され、18〜20日には北海道・札幌市で行われる『冬季アジア札幌大会』に
両陛下のご名代として出席される予定だったのだが─。
「“寒い時期”であることと“2泊3日という日程の長さ”が雅子さまのお身体には負担が大きいとして、
出席が見送られることになりました。当日は皇太子さまだけが出席されます」(宮内庁関係者)
雅子さまが2泊3日の地方公務に参加されるのは'07年に徳島県で開催された『国民文化祭』以来、10年ぶりとなるはずだった。
欠席理由である「旅程」と「寒さ」について、新潟青陵大学大学院教授で社会心理学者の碓井真史さんは、
「長期療養が始まってから13年が過ぎた『適応障害』が関係しているのでは」と話す。
「心の問題というのは、その日によって状態が違います。
例えば1週間後に2泊3日という宿泊を伴う公務が予定されていても、必ず出席するという約束ができないんです。
一般の人であれば当日に急に休むということができますが、皇室の方々はそれができません。
今回は最初は大丈夫だったけれども、日程が近くなったところで、ご出席が難しくなったのだと思います」
2月の北海道は平均気温が氷点下の極寒。とはいえ毎年3月ごろ、
ご一家で志賀高原にスキーに行かれている雅子さまは「寒さ」は決して苦手ではないはずだが─。
「心と身体は密接に関係しているので、体調が悪くなると心にも影響が出ます。
寒さで公務を欠席したのに、スキーに行かれると疑問に感じる人は多いと思いますが、
同じ寒い場所でも“くつろげる寒さ”と“緊張する寒さ”では心に与える影響が違います。
今回は公務という緊張感があるので“寒さ”を不安視したとも考えられます」(碓井教授)
最近は元気そうなご様子だっただけに、北海道で待ちわびていた人々も少なからず落胆していることだろう。
「開催地である札幌は本当に残念に思っているでしょうね。
こういった行事は、皇太子ご夫妻おそろいでいらっしゃることに意味があるのです。
何年も前から両陛下や皇太子ご夫妻が出席なさると思って準備しているので、地元の方も期待していますから」
そう話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。
「26年前に秋篠宮ご夫妻が結婚された直後、おふたりは、冬季国体の公務で新潟県の魚沼に行かれました。
そのときはとても吹雪いていて、おふたりは雪だるまのようになりながらも公務を果たされたのです。
そのようなお姿を見た地元の方は喜ばれていて、長く印象に残っています」(渡邉さん)
両陛下も全国各地をたびたび訪問され、多くの人々と触れ合ってきている。
雅子さまの札幌訪問も周囲からの期待は大きかっただろう。
http:// www.jprime.jp/articles/-/9136




皇太子さま来道は1人 冬季アジア札幌大会の開会式出席
02/10 17:00
宮内庁は10日、皇太子さまが第8回冬季アジア札幌大会開会式出席のため
今月18~20日に予定している道内訪問に、皇太子妃雅子さまは同行しないと発表した。
当初は雅子さまを伴い道内を訪れる方向で行事の日程や内容を検討していた。
http:// dd.hokkaido-np.co.jp/sports/sports/cup/1-0367307-s.html?df=1

雅子さま、皇太子さまの北海道訪問同行せず 医師団判断
2017年2月10日19時29分
宮内庁は10日、皇太子さまの冬季アジア札幌大会(19~26日)開会式出席に伴う北海道訪問について、雅子さまは同行しないと発表した。
小田野展丈東宮大夫は10日の定例会見で、寒い時期であり、2泊3日の日程の負担などを踏まえ、訪問を見送ったと説明。医師団の判断だという。
皇太子さまは天皇陛下の名代として19日の開会式に出席する。
いったん帰京後、ふたたび北海道を訪れ、26日の閉会式に出席する。
http:// www.asahi.com/articles/ASK2B66Y6K2BUTIL06B.html


皇太子さま アジア大会出席で北海道を訪問2月18日 17時50分
皇太子さまは、天皇陛下の名代として、冬のアジア大会の開会式などに出席するため、18日から北海道を訪問されています。
皇太子さまは、18日午後、北海道の新千歳空港に到着し、高橋知事らの出迎えを受けられました。
皇太子さまは、天皇陛下の名代として、19日から札幌市などで開かれる冬のアジア大会に出席するため、3日間、北海道に滞在されます。
皇太子さまの北海道訪問は平成18年以来11年ぶりで、空港の前では、雪が降る中、
大勢の人たちが日の丸の小旗を振って歓迎し、皇太子さまも笑顔で手を振って応えられていました。
今回は雅子さまの訪問も前向きに検討されましたが、寒い時期に屋外での行事が予定される中、
地方での2泊3日の公務が10年ぶりとなることや、今月23日に皇太子さまの誕生日行事を控えていることなどから、
医師団の判断によって見送られたということです。
皇太子さまは、19日午後、札幌市で開かれる開会式に臨み、開会を宣言する天皇陛下のお言葉を代読されます。
http:// www3.nhk.or.jp/news/html/20170218/k10010881691000.html

皇太子さまが開会宣言=天皇陛下の名代で-冬季アジア大会
皇太子さまは19日午後、札幌ドーム(札幌市)で開かれた第8回冬季アジア大会開会式に出席し、天皇陛下の名代として開会宣言をされた。
皇太子さまは選手団の入場行進や組織委員会会長らのスピーチに続いて、
「ここに、札幌市、帯広市において開催される第8回アジア冬季競技大会の開会を宣言します」と述べ、
一礼。ファンファーレが鳴らされ、会場は大きな拍手に包まれた。
開会式に先立つ午前は、札幌市内にある北海道博物館を視察。
「よく考えて展示してありますね」などと話しながら、道内で出土した土偶の模型やマンモスの骨格標本などを熱心に見て回った。
(2017/02/19-17:54)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2017021900389&g=soc

皇太子さま、冬季アジア大会閉会式に出席
2017年2月26日20時49分
皇太子さまは26日、北海道を訪れ、札幌市南区の真駒内公園であった冬季アジア大会の閉会式に出席した。
皇太子さまは、閉会式に先立ってフィギュアスケートのエキシビションを観覧。
式では「競技を通じて友好と交流の輪が大きく広がるとともに、
ボランティアを含め関係者の方々の努力と熱意がこの大会を支え、
多くの感動と笑顔を生み出してきたことを大変うれしく思います」と述べた。27日に飛行機で帰京する。
http:// www.asahi.com/articles/ASK2V45SZK2VIIPE00G.html

  • 最終更新:2017-05-20 16:11:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード