「上皇」京都滞在、国に要望へ 市長、特例法成立で

「上皇」京都滞在、国に要望へ 市長、特例法成立で
天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市の門川大作市長は12日の定例記者会見で、
皇族の一部に京都に居住してもらう「双京構想」を踏まえ、
「京都における上皇の滞在や宮中行事の実施に関し、具体的にどういう可能性があるのか、
知事や各界の有識者らと近々に再び協議を行い、早急に国に要望したい」との考えを示した。
特例法は9日に成立した。天皇陛下の退位に関して、
門川市長は「国民の総意に基づくもので、国会で特例法が成立するまでは慎重に発言すべきと考えていた」と説明した。
その上で、「上皇となる天皇陛下にできるだけ長く京都に滞在していただくことは、以前から念願している。
具体的にどういう可能性があるのかを専門家の意見も聞きながら、客観的に調査し、できるだけ早く国に要望したい」と述べた。
双京構想は、京都の行政や経済、大学、伝統文化など各界の代表でつくる有識者懇話会が2013年5月にまとめた。
皇族の一部を京都に迎えることを盛り込み、宮中行事の一部を京都御所や京都迎賓館で行うように提言している。
【2017年06月12日 16時00分】
http:// www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170612000067


奈良に陛下退位後の離宮を=荒井知事が検討指示
奈良県の荒井正吾知事は14日の定例記者会見で、天皇陛下が退位後に滞在される離宮を奈良に造るアイデアを披露した。
既に事務方に検討を指示したが、具体的な場所などは未定としている。
荒井知事は離宮のイメージについて、心身を休めてもらい、文化や歴史など学問的な興味を提供できる場と説明。
「生前退位されたら、奈良として何かお喜びいただけるような貢献ができたらという気持ち」と語った。
(2017/06/14-12:47)
http:// www.jiji.com/jc/article?k=2017061400629&g=soc

  • 最終更新:2017-06-14 20:21:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード